フェティッシュの火曜日 2013年9月3日
 

千羽鶴ならぬ『千羽群馬』作ってみた

あたり一面、群馬。
あたり一面、群馬。
「鶴舞う形の群馬県」である。本当に、そういう形なんである。

鶴、といえば…そうだ「千羽鶴」だ。では群馬県で千羽鶴を作ってみよう。

(これは、先頃行われた「大群馬展」出展作品の制作風景です)
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

千羽鶴、というか指が攣(つ)る

わが出身地、群馬県をモチーフに工作を…ということで、あの特徴的な県境の形を使わない手はないだろう。ちなみに「鶴舞う形の群馬県」という七五調は、群馬県民なら誰でも暗唱できる「上毛かるた」の読み札から来ている。

千枚の群馬県をこれから切り抜いていく。とりあえず色画用紙を、虹色になるようにそろえてみた。さてどうしよう。
この時点で無計画。
この時点で無計画。
本当はカッティングマシーン買ってスマートに切り抜きたいところだが…。今、そこに投資するのか?今後使うかな?使うだろうな。でも今かー…など要らん逡巡をしているうちに、千枚ならなんとか手で切れそうな気もしてきた。根拠もなしに。

なので、県を敷き詰めたA4サイズデータを色画用紙にどんどん出力し、それに沿って切り抜いていくことにした。これが後々、大後悔のもととなる。
紙もA4サイズにしておいてよかった。
紙もA4サイズにしておいてよかった。
とりあえず買って来た色画用紙は、3枚×11色。1枚に20個群馬県が載るので、20×33で660個。残りは後からまた買ってくるとして、1日でどれくらいできるか、早々に切り抜き作業に着手することにした。
まずは作業しやすいよう、ざっくりと1枚1枚切り離す。
まずは作業しやすいよう、ざっくりと1枚1枚切り離す。
そしてゆっくり、県境を追う…。
そしてゆっくり、県境を追う…。
もともと、こういう単純作業はきらいではないので、数枚は楽しめた。だが今後どうする。ゆっくり丁寧に、県境に忠実に切り抜いていったら、1枚3分半かかった。え?

3分30秒×1,000=210,000秒=3,500分=58時間。今8月15日で、展示開始の1日前、30日までに送るとして、あと15日あまり。おお、1日4時間費やせば大丈夫か?!

そう考えると楽勝に思えたが、枚数にすると、4時間÷3分半=げ!1日に68枚くらい切らないと。この作業、68回を毎日かー。何の修行だ。
♪とにかくやるしかねぇ〜♪
♪とにかくやるしかねぇ〜♪
逆に切り込む赤い線の部分(南牧村の余地峠付近)が一番面倒だった。
逆に切り込む赤い線の部分(南牧村の余地峠付近)が一番面倒だった。
右が、丁寧に切って3分半かかったもの。左が、適当に省略しながら最速の1分半で切り抜いたもの。見た目、あまり変わらないのでもう省略しまくることにした。
右が、丁寧に切って3分半かかったもの。左が、適当に省略しながら最速の1分半で切り抜いたもの。見た目、あまり変わらないのでもう省略しまくることにした。
日常のいろいろを犠牲にして切り終えた660枚。
日常のいろいろを犠牲にして切り終えた660枚。
カッティングマシーン買えばよかったーーーー!!!と、ここで吼えたい。目算どおりにはとても行かず、1日50枚がやっと。終盤100枚とがんばったものの、最初に買った660枚分の群馬県を切り抜くに終わった。今も、ハサミの当たっていた部分の指に感覚がない。

というわけでこれ、「千羽群馬」じゃなくて「六百六十羽群馬」になります。でも「千羽群馬」と言い張って続けよう。あ、「群馬鶴(ぐんばづる)」でもいいかもしんない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓