ひらめきの月曜日 2013年9月9日
 

青くする実験2

!
9月の15日、渋谷ヒカリエ8階のデイリーポータルZ編集部で、私の単行本(電子書籍)のリリースイベントを開催することになりました(リン ク)。よかったら、いらしてくださいね!

目出たい、というわけで、昔、大ヒットした、自分の記事のセルフカバーをして、一人、自宅で祝おうと思います。
それは、食べ物を青くすると、どんな気持ちかな、という記事、「青くする実験(2003/11/12公開)」……。なんと10年前。
日本のインターネットで、食べ物を青くしたのは、この企画が最初だと思うんです……。
今は、青い肉まんもあるし、青いカレーもあるし、デコ弁で食材を青くするのも珍しくありません……。あーあ、ネットのネタに著作権があったら、小金持になれたのにな〜! 悔やまれます。いやべつに悔やんでないけども。

今回は、思いきって、高級食材を、ぱぱぱぱーんと景気良く青くしてみました。
食材は全部、伊勢丹新宿のデパ地下で買ってまいりましたよ!
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。
> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

!
いきなりですが、毛ガニ買ってしまいました。
おいしそう! でも高い! 1パイ3000円!
!
しかし、少し他のコーナーに見てたら、知らないうちに、衝撃の1500円引きに! 
1500円って。
こんなシール、食料品売り場で見たことない。さすが伊勢丹。
買うぞ!!
ミソの部分がいいですね。
ミソの部分がいいですね。
これを、カニ酢と、食用色素を足した、「青いお酢」で着色していきます。
これを、カニ酢と、食用色素を足した、「青いお酢」で着色していきます。
青くしたよ。
青くしたよ。
うーん………。
青いカニ、いまいちインパクトがないような。
こういう生き物が海にいて、美味しいよ、と言われたら、食べられる範囲のルックス……。
実際、こういう甲殻類、いるようか気がしますし。

味もフツーにカニ。
味もフツーにカニ。
カニに関しては、青くしても、ビジュアルは面白いけど、衝撃的ってほどじゃないなー…と思ってしまいました。
あれ、何か感覚おかしくなってるのだろうか、私。
カニは大好きなので、全部自分でむしゃぶり食べつくしましたよ。
やっぱカニ美味しいね、普通にウマイ!! ミソうまい!

さて、実は他のものも買ってまいりました。
ベトナム産、エビのカクテル!
さすが伊勢丹、こんなものも売っているんですね。
さすが伊勢丹、こんなものも売っているんですね。
このお惣菜、1200円しました。普段だったら絶対買わない値段ですねえ。
このエビを、軽く、青いお湯で、ゆで直して、色をつけました。

………うーん。
………うーん。
ちょっと虫っぽいかな?
もともと、エビのカクテルって見た目が異様なので、そこから、飛び抜けて変わったものにはならないような……。
そうでもない?
サウザンドレッシングにつけて、いただきます。
サウザンドレッシングにつけて、いただきます。
エビはエビだなあ。普通においしい!
しっかりエビの味がして、別に青くてもかまわない……。
とくにビックリしないなあ……。

せっかく、カニが割引で1500円浮いたので、何か買ってやろう、と伊勢丹地下を歩きまわりました。

そういえば、今度出す電子書籍の編集者のKさんに、「高級食材を青くしたいんです、カニを青くしようと思うんですよー」って話したら、
「日本人は、カニより、高級な米を青くしたほうが、ぐっとくるんじゃないですか?」って、言われたんでしたっけ。
悩んだすえ、高額米を買いました。1キロ1480円。
悩んだすえ、高額米を買いました。1キロ1480円。

このお米、伊勢丹で売っていた中でも、もっとも高額なお米で、
なんと10キロ1万4000円!(普通は2〜3000円ですよね)。
どんだけ高級なんだ。
こんなお米、食べたことがない。
1合だけ、はかって、炊きます。1合だけ。
1合だけ、はかって、炊きます。1合だけ。
色をつけたら、もう、こんな感じ。
色をつけたら、もう、こんな感じ。
炊けた……。
炊けた……。
お米、つやっつやです。炊けました。着色料は無味無臭。
お米、つやっつやです。炊けました。着色料は無味無臭。
しかしこれ……。
一人で部屋で食べていると、なんだか落ち込んでくるのです。
お米の味がしない。
普段、食べてないお米だから、いつものお米の味を感じないのか?
「高い日本酒は水みたいな味がする」っていうけど、そういう感じなのか? 
高いお米は、強い甘さがあるのかなあと、勝手に想像していたんですが、もっと、スルスルとした味。本当に、水みたいな味でした。
これは、私の精神状態のせいなのか……?
のりたま、かけよう。
のりたま、かけよう。
のりたま、のりたまの部分は、うまい。でもお米の味は、やっぱり、しない。
のりたま、のりたまの部分は、うまい。でもお米の味は、やっぱり、しない。
納豆をかけてみたけど、いや、普通に美味しいんですよ。 これ、色のせいなのか? お米の特質なのか、ウーン…。
納豆をかけてみたけど、いや、普通に美味しいんですよ。 これ、色のせいなのか? お米の特質なのか、ウーン…。
なんか、気が遠くなっていきます。
タイにはお米を青くする文化が、ベトナムにはお米を緑にする文化があるし、
味が変わるわけじゃ、ないはずなんだけど…。

あくまで、日本のお米は「白」なんですね。

やっぱり、普段食べてるものを青くするのが…。

最初、とにかく「カニを青くしたい! カニの白身を青くしたら、キレイだと思う!」と思っていたんですが、カニは、青くてもカニでした。感動、あまりなし。
エビも、青くてもエビ。こちらも、心動かず。

しかし、高級ごはんは……。なぜ、あんなに味がしなかったんでしょう。
脳が、目に入るお米と、口の中の味を、リンクしてくれない感じ。
「これ、高級米じゃないから!」と、脳が否定している感じ。

ああ、白いお米。
「白」のまま食べる、最高のお米を、青くしてしまったから、お米がスネちゃったのかも…。

そうか、なるほど、こんな感じがするのか……。
残りは白い米のまま食べますよ、もちろん!!!!!!!


大塚幸代単著リリースイベント

「初恋と座間のヒマワリ」展
2013/09/15(日曜日)12:30-19:00
@渋谷ヒカリエ8F デイリーポータルZ編集部
入場無料
トークゲスト:枡野浩一さん、山下陽光さん、高瀬克子さん
詳細はこちら!
http://ameblo.jp/yukiy02/entry-11596282570.html
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓