はっけんの水曜日 2013年9月11日
 

過去を思い出して「ああ…」それが思い出しアーだ!

過去の失態を思い出して「ああ……」 山頂で最高の思い出しアーをしよう
過去の失態を思い出して「ああ……」 山頂で最高の思い出しアーをしよう
たとえば先生をおかあさんと呼んでしまったこと、イタメシを炒飯だと思ってたこと。過去の失敗をおもいだして「ああ〜!」と声に出したことはないだろうか。

それが思い出しアーである。

思い出しアーはもちろんうしろめたい行為だ。しかしそんなアーでも思いきりやってみたらどうだろう。

たとえばヤッホー代わりに山頂で叫んでみたら、人生で最高の思い出しアーになるんじゃないだろうか。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます

前の記事:「オスプレイがくるかもしれない八尾空港では」
人気記事:「リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

思い出しアーとは

思い出しアー。もちろんそんな言葉はなく、筆者がかってにそう呼んでいるだけである。

知人の精神科医に用語があるのかきいてみたところ「フラッシュバック(突然トラウマ体験がよみがえること)が近いけど、思い出しアーでいい」とのことだった。

なぜ思い出しアーと名付ける必要があったか。実はアーが年々ふえていって生活の一部として根づいてしまったのだ。
保育園の朝の送り時に思い出しアーをして子供がふしぎがる #思い出しアーあるある
保育園の朝の送り時に思い出しアーをして子供がふしぎがる #思い出しアーあるある

年を経るにつれふえていくアー

学生のころ読んだ中島らもの文章で、ゴミくずみたいな日々でも「まんざらでもない」瞬間を額に入れて眺めたりすれば生きていけるとあって感動した。

だが大人になってきづいた。額に入れたい瞬間もふえるが、すててしまいたい思い出もふえっぱなしなのだ。

無意識の海にコンクリつめて沈めたはずのあの思い出が、なにかの拍子にザバっと浮かびあがる。それを見た瞬間に「ああー!」である。

この思い出をもっとうまく処理する必要がある。山頂の最高のアーで、スカッと消えてなくなるのではないだろうか。
最高のアーのために前夜お酒は多めに
最高のアーのために前夜お酒は多めに
最近でかいアーがきたというライターの藤原
最近でかいアーがきたというライターの藤原

明日へのアーのために一杯やる

思い出しアーは二日酔いの朝によくみられる。アルコールの薬理作用か、前夜の一杯が明日へのアーとなるのだ。

そこで山頂アーの前日お酒を飲むことにした。居酒屋に同じくデイリーポータルZのライターの藤原をよびだした。

アー登山はこの藤原と二人で行く。一人だとメンタル面で挫折しそうだし、この藤原も最近大きなアーな出来事(※)があったようだ。

※本物の要潤に「バカにしてるだろ」とかるく怒られた記事はこちら↓

[参考]タイムスクープハンターにかっこよさを学ぶ
お互いのアーしやすい思い出を書き出し、思い出しアー・セットリストを作成する。やってることはほぼカウンセリングである
お互いのアーしやすい思い出を書き出し、思い出しアー・セットリストを作成する。やってることはほぼカウンセリングである

思い出セットリストを作る

酔いにまかせてお互いのアーしてしまう思い出を告白しあう。ミュージシャンがライブで演奏する曲順のように、明日山でアーしていく思い出セットリストを作るのだ。

大告白のように語りだす本人に対して、出てくる思い出はとるに足らないことばかり。

「結婚式のスピーチで『今度あるときは』といってしまった」そんな別にいいじゃないかと思うことでも本人にとってはどストライクアーなのだ。

今この件を記事に書いたことで今晩の藤原のアーは必至である。いや、本当にどうでもいい!
しこたま飲む。帰って倒れこむように寝たら早朝出発だ
しこたま飲む。帰って倒れこむように寝たら早朝出発だ

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓