はっけんの水曜日 2013年9月11日
 

過去を思い出して「ああ…」それが思い出しアーだ!

翌朝7時の電車で

十二時近くまで飲んで、家にかえってからも飲んで塩田の塩水くらい酒を高めた体でふとんに倒れこむ。

午前7時むくれあがった顔のままふたたび電車に乗る。まだ酔っている。あと2時間もすればアーしごろだろう。
早朝、前夜のアルコールが残ったまま電車に
早朝、前夜のアルコールが残ったまま電車に
アー写(思い出しアー記念撮影)
アー写(思い出しアー記念撮影)

翌朝7時の電車で

高尾山の人気はすごい。朝7時台の電車も登山客であふれ、山にむかうともう下山者がいる。これが山ブームか、なんて前向きな空気だ。

どいつもこいつも健脚ばかり。二日酔いのもの、ましてや過去を思い出して声をもらしてるものなど一人もいなさそうだ。
さわやかなケーブルカーに乗り込んでうしろめたいアーに向かう
さわやかなケーブルカーに乗り込んでうしろめたいアーに向かう

山のさわやかさの中で

早朝の登山の暴力的なまでのさわやかさよ。

まずケーブルカーを降りた瞬間に空気がかわる。涼しいうえに澄んでいる。そのうえむこうから来る人が「こんにちは」である。こんなにもアーをためこんだ人間にかけることばなのかそれは。

ああ、大きな十字架を背負って一歩一歩丘を踏み上るキリストにも登山者は「こんにちは」と声をかけたのだろうか。

ちなみに今の「ああ」は思い出しアーでない。
もれる……山頂をまたずして思い出しアーがもれる
もれる……山頂をまたずして思い出しアーがもれる

運動中のアーはむずかしい

急斜面がつづくと息がきれ、意識が体の方に集中し思考がはたらかない。アーが出てこないのだ。

このさわやかさ、そして運動。登山それ自体は思い出しアーにはむいてないのではないか。

もっとカラオケボックスのようなところでアーすべきだったか。思い出しアーボックス。ジャンボ思い出しアー広場、ジャンアー。ジャンアー渋谷店30分190円、昼。

いや教会でいうところの懺悔室かそれ。
「あ、うん」の「あ」の方の仁王さまにお参りをする
「あ、うん」の「あ」の方の仁王さまにお参りをする
山頂。あっけないが達成感はある
山頂。あっけないが達成感はある

こんなよこしまな登山でも達成感がある

高尾山の頂上はあっけない。道もひろく車が入ってくるのだ。だがあっけないうえにこんな悪の登山でも達成感があった。

午前9時。目の前には展望台からの眺望が。暑い日だったが、山の上はすずしい。ヤッホーと叫んだら気持ちがいいだろう。

しかしここは心を鬼にして叫ぼう。アー! ああはずかしいはずかしいアアー!
遠くには富士山が。ヤッホーか……いや、いくぞ、ああー!
遠くには富士山が。ヤッホーか……いや、いくぞ、ああー!

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓