チャレンジの日曜日 2013年9月15日
 

ビールは白湯と飲む

ビールのチェイサーにお湯がよいと聞いた
ビールのチェイサーにお湯がよいと聞いた
あるきっかけから友人にビールと一緒に白湯を飲むといいとアドバイスを受けた。

これがやってみたら妙だ。お湯ってビールと一緒に飲むとおもしろいのだ。「新鮮な感覚」とはこういうときにいう言葉なのではないか。

めくるめくチェイサー・白湯ワールドへ、どうぞ。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。

前の記事:「24年前のパウチッ子でゴミを宝に」
人気記事:「セレブが来た!」

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

ビール四面楚歌

大人であれば誰でもそういうことはあるだろう、病院にかかるほどではないがなんとなく体調がぼんやりしているなあと思うことが私もある。

世の中いろいろな健康法があるが、そういった不調をちょっと前のめりに改善しようとすると習慣としてのビールは否定されることが多い。

特に女性は体を冷やしやすいなどといって、あっちこっちで飲むなといわれたり書いてあったりするのだ。
ビール大好き、春夏秋冬ほぼ毎日ビール、もし朝まで飲んでも最後までビール1本やりという私にはきびしい現実である(写真の記事</a>)
ビール大好き、春夏秋冬ほぼ毎日ビール、もし朝まで飲んでも最後までビール1本やりという私にはきびしい現実である(写真の記事

そこでお勧めの「ビール&白湯」

せめて赤ワインにしたらともいわれるが完全なるビール党の私が飲みたいのはお酒ではなくビールなのである。どうしたものか。

葛藤を抱えたまま先の夏のさかりのビールシーズンに路頭に迷いっていた私に友人がアドバイスをくれた。それが冒頭にあった

「ビールは白湯と飲むといい」

だったわけだ(ただしく言えば「ビールは“飲むならせめて”白湯と飲むといい」くらいの語調だったか)。
まさかの組み合わせに写真のアングルをどうしていいかも分からない
まさかの組み合わせに写真のアングルをどうしていいかも分からない
健康オタクを自称しつつも全くうさんくささのないその友人に私は常々信頼を寄せていたこともあり、なるほど! と思った。体を冷やしにくいという意味ですごく分かりやすい。

なにしろビールとお湯を一緒に飲むなんて単純におもしろいじゃないか。

早速やってみようじゃないの。
晩酌時にお湯を沸かすというのだけでお湯割を飲みつけない私には新鮮
晩酌時にお湯を沸かすというのだけでお湯割を飲みつけない私には新鮮

白湯ビール、もはや別の飲み物

最初にいうと、白湯をチェイサーに飲むビールはいつものビールではなかった。なにか別の飲み物のように感じた。

白湯というものはそうそう量が飲めない。飲むスピードもゆっくりだ。通常カーッと勢いよく飲むビールもつられてゆっくり飲むようになるのだ。

ゆっくり飲むだけでいつものビールが少しトロっとする。味も違う。普通のビールも濃い目のビールみたいだ。普段どれだけビールをのどごしだけを感じるために飲み下しているかが分かる。
200ml入らないグラス1杯のビールを飲むのにいつもの3倍、自然にかかった
200ml入らないグラス1杯のビールを飲むのにいつもの3倍の時間が、自然にかかった
正直、ゆっくりビールを飲むのにまどろっこしい気持ちもある。しかし、お湯を飲んだあと口に入れるビールの冷たさがグビグビやるのどごしに負けずとも劣らない爽快さである。

さらにこれは誰からの賛同も得られなかったのでいわゆる「個人の感想です」になるが、ビールと一緒に飲むとお湯が日本酒のように感じられる瞬間があって、飲んでいるうちにチェイサー感がなくなるのもお徳だと個人的にはぐっときた。
どうでしょう、だんだんお湯でビールが飲みたくなってきたのではないですか
どうでしょう、だんだんお湯でビールが飲みたくなってきたのではないですか
数日試してみたところ、最初の2杯を白湯と一緒にのみ最後に1杯ストレートでビールだけを飲むのが私としてはすわりがよくて定着しそうである(平日)。

白湯ビール・個人の感想

・ビールにとろみを感じる
・重くて濃い目のビールのような気になってくる
・のどごしは感じにくいが、温まった口へビールが入ってくるには爽快感がある
・白湯が日本酒のように感じる
・腸があたたまって体によさそうな気がする
健康になったかどうかは分からないが、何しろおもしろい。このおもしろさ、早く誰かに伝えたい。

みんなも飲んでみなよ! お湯でビール!

そうだ、家でなくても白湯なら店での飲み会などでもお願いすればお湯はもらえるはずだ。無料でなくても焼酎のお湯割用として販売している店もあるかもしれない。

ちょうど会社の部の飲み会がある。同僚のみんなにも試してもらうじゃないか。この日は2時間飲み放題のコース。お湯も飲み放題である。

飲んでもらってみたら思った以上にバリエーション豊かな白湯への感想があった。
みんな、お酒と一緒にお湯飲んでけれー
みんな、お酒と一緒にお湯飲んでけれー

お湯先輩、現る

まず試してもらったのはウェブマスター林。

以前お湯のすばらしさについて記事も書いている(記事「お湯のすばらしさを見直す」)。私にとってはお湯の先輩である。
お湯先輩
お湯先輩
お湯マスターである林もチェイサーがお湯というのは初めてだそうだ。最近は悪酔い防止にまずいと思ったタイミングでお酒の種類にかかわらずジョッキで水をもらってチェイサーにしているという。では、白湯ビール、どうぞ。

「あー。おちつくー」

お腹の奥からのコメントである。白湯ビールを試してもらったのは飲み会の序盤だったのだが、張り切って飲んでいきましょう! といった勢いが一瞬でそがれた。3次会まで終わった後のようだ。
1次会が始まってすぐにもかかわらずのこの眠そうさ
1次会が始まってすぐにもかかわらずのこの眠そうさ
最初からリラックスした場所にいる自宅での白湯ビールとは違い、店で特に飲み始めは若干の緊張があるだろう。その緊張が一気にほぐれている。

さらに「水のチェイサーと違ってアルコールが薄まらない気がする」とも。お湯が日本酒のように感じられた私の感想とちょっと近い感覚だろうか。

白湯ビール・個人の感想

・タイミングを問わず居酒屋が家になる
・どうかというくらい落ち着く
・水のチェイサーと違ってアルコールが薄まらない
お湯が落ち着く、という意見はこの後もたびたび聞かれたがそれにしても落ち着きすぎてしまった、お湯に過剰に取り込まれてしまった者もいる。編集部 安藤だ。
どうってことないでしょと試したが
どうってことないでしょと試したが

もう、お湯だけでいい今日は

最初は「何がおもしろいの」という具合でお湯とビールを口にふくんでいた安藤だが、みるみるちにうビールに口をつけなくなった。

気づけばお湯ばかり飲んでいる。

「ビール苦い。お湯甘いわ〜」
「今日はお湯だけでいいかも…」
「もう、ビールいいですわ」

この日は2時間飲み放題のコースだったにもかかわらず完全にお湯に骨を抜かれた形。

これは私にも想定外だった。こういうパターンもあるのか。
5歳老けた
5歳老けた

白湯ビール・個人の感想

・ビールが苦く、お湯がおいしく感じる
・もうビールはいいや、という気分に
・老ける
この後、安藤はメニューを広げながら上の空で「お湯…ください…」とオーダーしていた。飲み会の途中で飲み物を生ビールに戻す”生帰り”、という言葉があるが、お湯帰りである。

この安藤を見て「そんなこといわないで、ビール飲みましょうよ!」とフォローを入れたのが、部署の長だ。
河瀬室長(デイリーポータルZは“コーポレートコミュニケーション室”という部署の所属)
河瀬室長(デイリーポータルZは“コーポレートコミュニケーション室”という部署の所属)

このまま終わってしまうのではないか

河瀬室長も白湯を飲み、そのあまりの落ち着き効果にどこか危機を感じたようだ。

せっかく部署のメンバーが珍しく集まった懇親会が、このままだとお湯のせいで終わるぞ、と。

「ビールの麦芽感がお湯で引き立つ気がする」「料理がおいしく感じる」と冷静に分析しながらも、お湯でゆるゆるになりそうな部下たちを「飲みましょう、ね!」と激励していた。

お湯を飲むという行為に期せずして発動される部下の統率手腕である。

白湯ビール・個人(首長)の感想

・ビールの麦芽感が引き立つ
・ビール以上に料理にお湯が合う
・このまま飲み会が終わってしまうのではないかと危機を感じる
そんな河瀬室長の危機感をもろともしない頼もしいメンバーもいた。

1年のほとんどを半そでですごし、飲み物はビールと冷たいお茶しか飲まない東京カルチャーカルチャーの横山店長だ。
お湯に全くピンとこない、と試飲
お湯に全くピンとこない、と試飲
うん。ぜんぜんわかんない
うん。ぜんぜんわかんない
横山店長はなぜお湯になびかなかったのか。

お湯を飲むというだけの企画ですが、次のページに続きます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓