土曜ワイド工場 2013年9月14日
 

新種のカエル、サドガエルを捕まえた

2012年12月に新種として登録されたばかりのサドガエルを捕まえてきました。超キュート。
2012年12月に新種として登録されたばかりのサドガエルを捕まえてきました。超キュート。
トキが放鳥されていることで有名な新潟県の佐渡島だが、昨年の12月にこの自然豊かな島から、新種のカエルが登録されたという驚きのニュースが発信された。その名もサドガエル。

新種のカエルなんて、素人がひょいといっても見つけられるものではなさそうな気がするが、サドガエルは佐渡の田んぼで普通に見られるらしいで、捕まえてみることにした。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

サドガエル発見にちょっとだけ沸く佐渡島

8月上旬、新種と認定されたばかりのサドガエルを求めて、3か月ぶり4度目の佐渡島に到着。

サドガエルを探しに行く前に、まずはフェリーターミナルでお土産売り場をチェック。珍しい動物はお土産物になりがちだが、サドガエルもさっそく饅頭になっているらしいのだ。

探してみると、確かに「サドガエル焼きまんじゅう」が売られていた。お土産物の割合としては、トキ関連が99に対してサドガエルが1くらい。
もちろん原材料にサドガエルは入っていません。
もちろん原材料にサドガエルは入っていません。
そこに貼ってあった新聞の切り抜きによると、「カエルにニーズがあるのか不安だったが、期待以上に売れている」らしい。

そんな島の景気回復にも貢献しているサドガエルだが、その鳴き声は「ギューン」らしい。これってどんなトーンのギューンなんだろう。

F1や戦闘機の「ヒューン」的な感じだろうか。あるいは村上ショージ の「ドゥーン」的だったらどうしよう。これはぜひ実際に聞いてみたい。
売り上げ上々らしいです。
売り上げ上々らしいです。
せっかくなのでお土産に購入してみたのだが、いざ開けてみると、かわいらしいパッケージと全然違うヴィジュアルで驚いた。

やるな、サドガエル焼きまんじゅう。
佐渡土産にどうでしょう。
佐渡土産にどうでしょう。
ちなみに、事前に佐渡在住の友人たちにサドガエルについて聞いてみたら、「そういえばそんなニュースを聞いたような気がする」、「なんかいるらしいねえ」という感じで、実際に見たことがあるという人や、探してみたという人はいなかった。

サドガエルの発見秘話

サドガエルを捕まえるにあたって、佐渡市内を闇雲に探すのも大変そうなので、だめもとで佐渡市役所に問い合わせをしてみたら、サドガエルがたくさん住むという田んぼの持ち主を紹介していただいた。

その人の話によると、サドガエルは新種なのだけれど、このあたりでは昔から普通にいたカエルらしいのだ。
昔からいるけど新種ってどういうことだろう。
昔からいるけど新種ってどういうことだろう。
サドガエルが発見された経緯は、トキの放鳥が関係していた。

トキを放つにあたって、学者が餌場の調査をしたり、テレビの取材が来たりしたのだが、その人たちの見たことないカエルがいるということで、ちゃんと調べてみたら、なんとこれが新種だったのだ。

今まで佐渡の人は、ちょっと変わったツチガエルくらいに思っていたらしい。
ドジョウを捕まえるトキ。サドガエルもきっと大好物。
ドジョウを捕まえるトキ。サドガエルもきっと大好物。
そしてこのサドガエルは、最近になってその数がだいぶ増えたそうだ。

日本有数の米どころである佐渡島には、「朱鷺と暮らす郷づくり認証制度」というものがあり、さまざまな生物が暮らせる生態系を取り戻すための取り組みや、減農薬・減化学肥料栽培での米作りをすすめている。

おいしい米作りとトキの暮らせる生態系づくりが、サドガエルの繁殖を支えているのだ。
トキの餌場=サドガエルが生活する場所。
トキの餌場=サドガエルが生活する場所。
そんな訳で、佐渡の豊かな自然とおいしいお米のシンボルともいえるサドガエルを探すために、佐渡在住の友人達と一緒に、張り切って田んぼへと向かった。
これだけ人数がいれば、きっと1匹くらいは捕まるはず。
これだけ人数がいれば、きっと1匹くらいは捕まるはず。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓