ちしきの金曜日 2013年9月20日
 

君たちは本当のロングテールを知らない

!
ロングテールという言葉が知れ渡って久しい。ロングテールの成功例として有名なところでは、まずAmazonがあげられるだろう。僕もAmazonのロングテールにはいつもお世話になっている。

しかし、どうだろう。お世話になるばかりではなく、ロングテールを狙ったビジネスに挑戦出来ないものだろうか。
ロングテールにはまだまだビジネスチャンスが転がっていて、そこに行けばどんな夢も叶う、天竺みたいな場所なのだろう。
1970年神奈川県生まれ。デザイン、執筆、映像制作など各種コンテンツ制作に携わる。「どうしたら毎日をご機嫌に過ごせるか」を日々検討中。
> 個人サイト すみましん

インフォバーン代表取締役の小林さんから話を聞く

株式会社インフォバーンの代表取締役、小林弘人さんにお話を聞いた。インフォバーンは「ウェブ上のコミュニケーションに悩む企業の駆け込み寺」。ウェブのトレンドを良く知る会社である。

ちなみに、前回の記事「仲良しクラブ、はじめました」にて仲良しクラブを実践してくれたのは、インフォバーンのディレクター陣だ。あれだけ仲良しな人たちが働く会社である。今回も、親切に色々と教えてくれるに違いない。
株式会社インフォバーン 代表取締役小林弘人さんから
株式会社インフォバーン 代表取締役小林弘人さんから
ウェブのトレンドを伺う
ウェブのトレンドを伺う
早速、ロングテールのビジネスチャンスについて聞いてみよう。
ロングテールについてお話します
ロングテールについてお話します
小林さんがロングテールを狙うとしたら、どんなものを売りますか?
小林「うーん、カーナビの吸盤かなぁ。すぐにグラついてしまうので、僕は既に3つくらい買い替えているので、同じ悩みのユーザーは少なくないでしょう。ところが、吸盤だけを売りにしているメーカーはない。僕が吸盤屋さんだったら、まずは『最強吸盤』というネーミングにして検索エンジン対策します。ただの吸盤ですけどね(笑)。競合が不在で、検索ワードも安そうな吸盤界に揺さぶりをかけたい。
そして、『最強吸盤』のサイトを作って吸盤の強さをアピールする動画をアップし、レビュー欄を設け、吸着力診断アプリを作ったり、吸盤を使ったゆるキャラで…」
「最強吸盤」で勝負したい
「最強吸盤」で勝負したい
僕はカーナビの吸盤で困ったことがないので『最強吸盤』についてはそれほど同意出来なかったのだが、小林さんのように吸盤のグラつきにイラっと来ている人がきっと沢山いるはずだ。その人たちに向けてニッチな商品を打ち出すことが、結果、ロングテールを狙うことになるのだろう。

ロングテールについてもっと詳しい話を伺うにあたり、僕たちは別の場所を用意しておいた。ロングテールの話に説得力を与える場所だ。

次の場所へ小林さんをお連れしよう。
ニッチ商品の打ち出し方次第で
ニッチ商品の打ち出し方次第で
ロングテールを狙うという方法が
ロングテールを狙うという方法が
考えられる
考えられる
でしょう
でしょう
………
………

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓