フェティッシュの火曜日 2013年9月17日
 

葉っぱで釣れる東京の巨大魚「ソウギョ」

!
1メートルを超える巨大魚が実は東京の川にうようよいる。そう聞くと驚く人も多いだろう。
しかもその魚を釣り上げるには、水面に葉っぱを浮かべておくだけでいい。こう言うともう信じてくれる人の方が少ないだろう。
でもこれ本当。実際に検証してきたから間違いない。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「自宅にハチを呼ぶ方法」
人気記事:「ドライアイスでスイカがシュワシュワに!!」


巨大魚がひしめく河川、江戸川

ひとつひとつ説明していこう。その巨大魚とはソウギョという魚で、漢字で書くと「草魚」である。名前の通り草を食べるベジタリアンなので葉っぱで釣れるというわけだ。
ちなみに中国から持ち込まれた魚で、あまりにも食欲旺盛で水草を手当たり次第に食いつくしてしまうので「要注意外来生物」に指定されていたりもする。まあわかりやすく言うと「こいつ日本にいたらヤバいかもね」という生き物だということである。
実は大魚がひしめく河川、江戸川。岸辺には立派な建物が見える。
実は大魚がひしめく河川、江戸川。岸辺には立派な建物が見える。
日本国内では利根川水系で繁殖が確認されており、東京都を流れる江戸川にも多く生息しているという。都内で、しかも葉っぱで巨大魚が釣れればそれは面白い。というわけでこの川で実際に葉っぱを浮かべて実験してみることに。
なるべく岸ギリギリまで土と緑がある場所を探す。
なるべく岸ギリギリまで土と緑がある場所を探す。
巨大な淡水魚といえば、アマゾン川のような秘境の河川をイメージしがちだ。だがこの江戸川はこの世で最も秘境からかけ離れた都市の河川である。田舎育ちの身としてはドジョウやフナすらいるのか疑わしいほどなのだが…。
うおっ、いきなり巨大魚(死骸)に遭遇!
うおっ、いきなり巨大魚(死骸)に遭遇!
そう思いながら適当に川辺を歩いていると、さっそく巨大魚の洗礼を受ける。岸に1メートルほどもある魚が打ち上げられていたのだ。
「ソウギョだ!」と反射的に決めつけて写真を撮るが、どうも口や鱗の形が図鑑で見たそれと違う。
生前のハクレン。葉っぱではなく植物プランクトンを食べる。写真は利根川で釣り上げたもの
生前のハクレン。葉っぱではなく植物プランクトンを食べる。写真は利根川で釣り上げたもの
これはおそらく「ハクレン」という魚で、ソウギョと同じく中国から持ち込まれた種。原産の中国ではこのハクレンとソウギョ、さらに「コクレン」、「アオウオ」という魚をまとめて「四大家魚」と呼び、重要な食用魚として養殖している。ちなみにこの四大家魚はすべて1メートルを超えるコイ科の巨大魚で、全種揃って江戸川含む利根川水系に生息している。江戸川は知られざる巨大魚パラダイスなのだ。

アシの葉に残された痕跡を探せ!

江戸川といっても広すぎて、どこに魚がいるかはそう簡単にわからない。…と見せかけて実は意外と簡単にわかる。このソウギョに限って言えば。
ソウギョの好物であるアシの茂みを探す。
ソウギョの好物であるアシの茂みを探す。
どうするかというと、まずは岸際にアシが茂っている場所を探す。アシの葉はソウギョの好物なのだ。ちなみにアシの茂みにはカバキコマチグモというちょっとした毒グモがいるので注意したい。
繁殖期に見られるカバキコマチグモの育児室。母グモはこの中で卵を産み、自分の体を子どもたちに食べさせるという壮絶な子育てをする。
繁殖期に見られるカバキコマチグモの育児室。母グモはこの中で卵を産み、自分の体を子どもたちに食べさせるという壮絶な子育てをする。
こんなクモ。アシの葉の上を歩いていることも多いので、うっかりはたいたりしないよう注意。
こんなクモ。アシの葉の上を歩いていることも多いので、うっかりはたいたりしないよう注意。
できるだけ水際に生えているアシを観察しながら歩いていると、先端が無造作にちぎられた葉がちらほら見つかる。これはソウギョが食事をした跡なのだ。
ソウギョに食いちぎられたアシの葉
ソウギョに食いちぎられたアシの葉
食いちぎられた断面がまだ枯れていないアシを見つけられれば、ぐっとソウギョとの距離が縮まったことになる。そのポイントはここ最近、ソウギョが食事をとるために通っている場所だからだ。
ちなみに虫食いは葉の縁から進行するので見間違うことは無い。
ちなみに虫食いは葉の縁から進行するので見間違うことは無い。
余談だが何度も江戸川に足を運んで見回ったところ、この「食み跡」は意外なほどあちこちで見つかった。どうやら江戸川の場合、ソウギョは岸際までアシが生えていれば中〜下流域のどこにでもいるらしい。
ただし、潮の干満にはとても気を配らなければならなかった。ソウギョは満潮で川の水位が上がる時間帯に水没するアシの葉を食べ漁るようだ。そのためか潮が引いている間はまったくと言っていいほど姿を現さなかった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓