コラボ企画 2013年9月23日
 

無料で「ヒント」をもらえる店

左が正規品、右が捏造品
左が正規品、右が捏造品
お店と言えば普通は品物を買いに行くところだが、商品以外の何かが並んでいる店もある。例えば東急ハンズの場合、それは「ヒント」だ。

店に行くと、様々なヒントをもらえるらしい。しかも、無料なのだ。

わかりやすくまとめられた、生活を豊かにするヒントたち。感心してそれらを読んでいるうちに、豊かさとは違った方向のヒントを作りたくなってきた。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「名は体を表さない?食べ物たち」
人気記事:「おっさんが実践する「かわいくなるずるい方法」」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

あさってのクリエイティブを探せ

「ヒント」がもらえると聞いてやってきたのは、東急ハンズ新宿店。他の各店舗でもヒントは無料でもらえるのだが、今回は売場面積が最も広いということもあり、新宿店を訪れた。
ヒント詰まってそうな建物
ヒント詰まってそうな建物
何気ないスナップも気が利いて見える
何気ないスナップも気が利いて見える
売場に「なんだこれ?」とか「こんなのあるんだ!」と、うならされる品物が多い東急ハンズ。アイデアやセンスが光る商品が並ぶ店内は、確かにヒントに満ちている。

そして、それとは別に、むき出しのヒントとでも言うべきものも並んでいる。
読むと頭が良くなりそうな雰囲気
読むと頭が良くなりそうな雰囲気
それが「ヒント・ファイル」だ。日常生活ですぐ役立ちそうな知識や技術が、見開きの紙にまとめられている。
しかも量が多い
しかも量が多い
各店舗には「HINT FILE 100」と題された専用ラックが設置されていて、そこから自由に持って行ってよいことになっているのだ。

ご覧の通り、ヒントは結構な大盛りで、とても覚え切れそうにない。いや、紙にまとめてくれてあるから、覚えなくていいのだ。
マスターしておくといつか役立ちそう
マスターしておくといつか役立ちそう
並べてみるとわかるが、テーマは多岐に渡る。生活の中で日常的にするわけではないけれど、たまに必要に迫られて「これ、どうすんだっけ?」となりそうなものも多い。そこでサッと開けばいいわけだ。
タオルソムリエが監修
タオルソムリエが監修
タオルの歴史なんて考えたことなかった
タオルの歴史なんて考えたことなかった
例として「タオルの種類と豆知識」を見てみよう。表紙によると、タオルソムリエという資格を取得したハンズ従業員が作ったものらしい。

「タオルの歴史」によると、石器時代のスイス湖畔にある住居跡で見つかった織物をタオルの原型とするのが一般的とのこと。毎日使ってるタオルも、石器時代までさかのぼって考えるとロマンが漂ってくる。
自分にあったタオルもわかる
自分にあったタオルもわかる
質問に答えると自分にふさわしいタオルがわかるチャートもある。個人的には最初の「厚手のタオルでごしごし拭きたい」にYESと答え、「普通糸タオル」とあっさり終わってしまった。少しさみしく思いつつ、普通が一番と自分に言って聞かせてみる。
すでにヒント考えてそうな構え
すでにヒント考えてそうな構え
販売促進の内田さんにヒント・ファイルについて話をうかがった。もともとは各店舗が独自に作っていたものを、数年前から全社的にまとめて現在の形にしたとのことだ。

店ごとの知恵が集まってできたヒント・ファイル。しかし、ヒントはここに留まらず、ハンズ店内にまだまだあふれているのではないか。
ヒントで押してくる売場
ヒントで押してくる売場
新手のヒントを探せ
新手のヒントを探せ
「ヒント」はハンズ全体でのキーワードで、売場でも商品の説明としてそれが添えられている。これを読んでスイッチが入り、購入に至る場合もありそうだ。

いろいろなヒントを見ているうちに、自分でも作りたくなってきた。何かいいヒント、ないだろうか。
仮面舞踏会のオファーも安心
仮面舞踏会のオファーも安心
売場で気になったのはベネチアンマスク。品揃えがかなり豊富で、100人規模の仮面舞踏会の急な開催にも対応だ。
情感がにじむ商品名
情感がにじむ商品名
レンズのくもり止めの名前は「ヌレテール」。

普通に面白いな、東急ハンズ。楽しい商品につい気を取られがちだが、オリジナルのヒントを見つけたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓