ロマンの木曜日 2013年9月19日
 

ミルクティーで煮た水餃子がうまい

ミルクティーと餃子の意外な組み合わせ。予想外のうまさ。
ミルクティーと餃子の意外な組み合わせ。予想外のうまさ。
水餃子と言えば、塩味や醤油味のスープで煮ているのが普通です。しかし、モンゴルには塩や醤油ではなくミルクティーで煮た水餃子があるそうです。

いったいどんな味なのか。実際にモンゴルの方に作り方を教えてもらい食べてきました。そして、沢山感謝されました。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

バンシタイツァイという料理

ミルクティーで煮た水餃子の名前はバンシタイツァイといいます。ミルクティーと言っても砂糖ではなく塩で味付けされていて、ミルク風味のスープ餃子という感じらしい。

と、聞いても全く味が想像できない。現物を食べてみなくては。
店の名前は違うが見覚えのある看板。
店の名前は違うが見覚えのある看板。
やって来たのは新宿歌舞伎町。こちらのモンゴル料理屋の方にバンシタイツァイを実際に食べさせてもらい、作り方を教えてもらいます。
スーホさん、お久しぶりです。 
スーホさん、お久しぶりです。 
こちらがモンゴル料理店「オッと屋」のスーホさん。以前記事で書いた羊一頭を食べ尽くす宴会が出来る店「チンギス・ハン」が移転して今の場所で「オッと屋」を営んでいます。
内装は大体同じ。以前の店より若干せまくなりテーブルが高くなった。 
内装は大体同じ。以前の店より若干せまくなりテーブルが高くなった。 
実はスーホさん、9月末にこの店を閉めて日本を離れてしまうそうです。いったいなぜ?理由を聞いてみました。
前回の羊一頭食べ尽くす宴会の様子。楽しい宴会だった。
前回の羊一頭食べ尽くす宴会の様子。楽しい宴会だった。
馬場「とつぜん店を閉めてなぜ日本を離れるのですか?何か問題でも?」
スーホ「いや、前から夢だった世界一周の旅に出るヨ!」

えっ?旅行の為の閉店?
この羊を50人で食べ尽くした。うまかった。またやりたかった。
この羊を50人で食べ尽くした。うまかった。またやりたかった。
馬場「世界一周旅行?どのぐらい行っているのですか?」
スーホ「1年か2年か。決めてないネ!」

子供の頃は草原の遊牧民として生活していたスーホさん。旅をすることが大好きで、昔から世界一周旅行に憧れていたそうです。その夢がいよいよ現実の物となるらしい。そいつは羨ましいぞ!
うらやましー!宴会の最中のモンゴル相撲は楽しかったね。 
うらやましー!宴会の最中のモンゴル相撲は楽しかったね。 
馬場「日本に帰ってきてまた店をやるのですか?」
スーホ「東京でオリンピックやるの決まったから、その前には東京に戻って会場の近くにまたお店だして見に行きたいネ!」

世界も見たいがそれも見たいのか。とりあえず、日本を完全に離れてしまうわけではないようです。また数年後にはスーホさんの歌声と共に羊一頭宴会が出来るでしょう。

宴会の申し込みは4、5倍に上がる

羊一頭宴会の記事の反響を聞いてみました。
記事をプリントアウトしたものが店に貼ってありました。
記事をプリントアウトしたものが店に貼ってありました。
馬場「羊一頭宴会の記事が掲載された後に何か変わりました?」
スーホ「凄い沢山羊一頭宴会の予約が来たヨ!馬場さんには凄く感謝している!」

記事が掲載される前は、羊1頭食べ尽くす宴会は月に1回有るか無いか。大体同じ人がリピートで利用してくれていたそうです。しかし、記事が掲載されると毎週のように予約が入ったそうです。お役に立ててよかった。
プリントアウトされた記事は大草原内に貼られています。トイレです。モンゴルだとそう言うのか。
プリントアウトされた記事は大草原内に貼られています。トイレです。モンゴルだとそう言うのか。
スーホ「新しい人が宴会をしてくれると、その宴会に来ていた別の人が私もということで宴会をしてくれてどんどん広がっていった。この記事を見て予約したんですと言って記事のコピーを持ってきてくれた人もいたヨ!」

自分たちが飲んで騒いで楽しんだ様子を伝えただけの記事がそれほどまでに役に立てたとは。しかし、あの記事が掲載されたのが2011年の2月末。掲載直後は色々あったようです。その辺りの話も聞けました。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓