ちしきの金曜日 2013年9月20日
 

軽トラのある風景

軽トラほどシブカッコ良い車はないと思うのです
軽トラほどシブカッコ良い車はないと思うのです

私は軽トラが好きである。農業、工業、土木建築業、様々な仕事の場で活躍する、実用車の中の実用車と言うべき存在だ。

普通のトラックよりも小柄で可愛らしく愛嬌があり、荷物を運ぶ事に特化したその車体は機能美の極である。

今回は、そんな軽トラをじっくり眺め倒したいと思う。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「足利氏のお宅訪問、新国宝の鑁阿寺を見にいった」
人気記事:「命がけの紅葉狩り〜黒部峡谷下ノ廊下を歩いた」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

軽トラの“生き様”がカッコ良い

軽トラは様々なメーカーが生産しているようだが、その姿はだいだい同じような印象である。デザイン性より実用性を追求する結果、似たようなデザインになるのだろう。

しかし、軽トラの魅力はデザインに非ず。どのように使用されているか、あるいはどのように使用されてきたか、そのような各々の“生き様”こそが、軽トラの放つ輝きなのだ。
デザイン性はむしろ無い方が良い
デザイン性はむしろ無い方が良い
積み荷、ボディの使用感に現れる“生き様”を汲み取るべし
積み荷、ボディの使用感に現れる“生き様”を汲み取るべし
軽トラによってその“生き様”は様々だ
軽トラによってその“生き様”は様々だ
雑多な感じがたまらない
雑多な感じがたまらない
日々の仕事に用いられ、良い感じに滲み出た使用感。それと積み荷が醸し出す全体的な雰囲気が、軽トラをより素敵に感じさせてくれる。

それは、働くおっさんの後ろ姿のようなカッコ良さと言えるだろう。背負っているモノが魅力を際立たせてくれるのである。

軽トラは可愛いが大型トラックは怖い

使い込まれた感じや積み荷に魅力を感じるなら、普通のトラックでも良いではないかと思われるかもしれないが、それは違う。大型トラックには可愛さが無い。

私は原付の免許しか持っていない。カブで国道をトロトロ走っていると、大型トラックが猛烈な風圧をもって追い越していく。その時に感じる恐怖はまさに死をも連想させるもので、私にとって大型トラックとは死神に等しい存在だ。

私怨のようで恐縮だが、軽トラはそのような恐怖が無い上、むしろその小柄さに可愛さとシンパシーを感じるのである。
大型トラック怖い。超怖い。お願い、近寄らないで
大型トラック怖い。超怖い。お願い、近寄らないで
大きなトラックの横では軽トラの可愛さが引き立つ
大きなトラックの横では軽トラの可愛さが引き立つ
なんだか軽トラが追い立てられているような構図だ
なんだか軽トラが追い立てられているような構図だ
こちらはまるで、親子である
こちらはまるで、親子である

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓