ロマンの木曜日 2013年9月26日
 

知らない人のランチについていってみる

ついて行くドキドキと美味しかった時の嬉しさたるや
ついて行くドキドキと美味しかった時の嬉しさたるや
ランチはなんだかんだいつも同じ店に行ってしまうものだ。
それも悪くないけれど、色んな選択肢があった方が楽しいランチタイムが送れるだろう。

そこで新規開拓すべく、他人のランチについていってみる事にした。

ついて行く人の見極め方が少し分かってきたぞ。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」

前の記事:「食べ終えたブドウにまた実をつける」
人気記事:「神保町の古書店が薦めるカレー屋」

> 個人サイト twitter

4日間で4タイプについていこう

やはり性別と年代によって行き先の好みというのが分かれる気がする。若い女性はパスタで若い男性は丼もの。健康に気をつかいだす年代は男女ともにバランスの取れた定食ものだがお店の雰囲気が違いそうなイメージ。

でも実際どうなるかは分からない。4日間で以下の4つのタイプについていくことにした。
1日目:中年女性(自分と同じくらいかお姉さま)
2日目:中年男性(おじさま)
3日目:若い女性(20代くらい)
4日目:若い男性(20代くらい)

1日目:中年女性(自分と同じくらいかお姉さま)

しっかり者ぽい女性2人組についていく
しっかり者ぽい女性2人組についていく
昼の12時に外の通りに出ると、食事に向かうサラリーマンやOLがたくさん。いつもの光景だ。

時間が限られているためか、みな少し急ぎ足。ジックリとついていく人を見定めている場合ではない。目の前をいく同じくらいの年齢の女性二人についていくことにした。
同僚に出くわす可能性があるので表情に気をつけましょう
同僚に出くわす可能性があるので表情に気をつけましょう
知らない人についていくのは初めてでドキドキした。子供ならば叱られてしまうか。いや大人であっても聞こえはよくない気がするが、美味しい食事どころを見つける為である。

見失わないようにと注意を払いながらも、どこに何を食べにいくのかワクワクして口が緩む。しかしそんな時に限って会社の同僚に出くわすのだ。コンビニ帰りの同僚にどこに行くのかと聞かれて「ちょっとあっちの方に」と曖昧な返答をしてしまった。
バーのように見える中華屋さんに到着
バーのように見える中華屋さんに到着
中はムーディな曲がかかる、薄暗いお店だった。
中はムーディな曲がかかる、薄暗いお店だった。
外は天気が良い。それに連休明けとあって気分的に日の差す明るいお店がいいな、などと考えていたが、ついた所はバーのようなお店。

薄暗く、ムードのある曲が流れている。私は一人のためカウンターに通された。頭の斜め上にはグラスが並べられ、昼間から軽く一杯飲みたくなる。とてもオシャレなお店だ。
しかしここは中華屋だ。お店のおすすめサンラータンメン(950円) 辛い!週明けだけど元気出る!
しかしここは中華屋だ。お店のおすすめサンラータンメン(950円) 辛い!週明けだけど元気出る!
メニューにお薦めとあったサンラータンメンを注文する。

バーのような雰囲気の中でサンラータンを食べるとは、不思議だ。さっきまで明るい所がいいなと思っていたので条件がまるで違うのだがそれはそれでまた面白い。

食べてみると酸っぱ辛いトロミと、野菜のシャキシャキ感がたまらない。その辛さは週末からひきずっていたボンヤリとした脳を起こし、新鮮野菜のようにシャキっと背筋が伸びた。

隣に座った男性は五目ソバの汁をすすっては「ハァ〜…」と湯船につかった時のような声をもらしている。ああ、そっちの五目ソバも気になる…

店員さんによると、夜も別にバーになる訳ではなく、ソバ一杯だけでも構わないんですよ、といっていた。

1日目で分かったこと

・しっかり者ぽい女性達についていくとオトナの雰囲気の店に入れる(かも)

次の日、今度はおじさまについていった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓