フェティッシュの火曜日 2013年10月1日
 

駅の間のどの街ともいえない感

池袋と目白の間のどこともいえない感

池袋にやってきた。
駅前はザ・池袋という風情
駅前はザ・池袋という風情
ビックカメラに池袋駅。ここを池袋だと思わない人はいないだろう。ではどこまでが池袋だろうか。みんなの思う範囲を重ねて見てみよう。
赤が濃いほどみんなが池袋と思う場所。濃い赤線は人それぞれの輪郭線だ。
眺めているといろいろ面白い。

まず西側には芸術劇場に第1の壁、立教大学に第2の壁があるようだ(輪郭線が濃い)。北側は春日通り、東側ではサンシャインシティが心理的な壁となっているのが見える。

じゃあ、山手線の隣駅、目白との境目はどのあたりだろう?目白の範囲を重ねてみた。
赤が池袋。青が目白。
二つは真ん中できれいに分かれていて、途中にスキマがある。ここはどこらへんだろう。行ってみよう。
問題の場所から目白側を見たところ
問題の場所から目白側を見たところ
向こうに見える橋は、目白通りの千登世橋だ。

個人的には、ここは池袋というより目白だと感じる。目白通りは目白だと思うから。

そして近くの歩道橋から反対の池袋側をみたらこうなっていた。
問題の場所から池袋側を見たところ
問題の場所から池袋側を見たところ
これは…、微妙だ。向こうに池袋のビル群が見えているので、その点は池袋という気がする。でもなんかこう、「池袋の手前」なんだよね。

でも面白いのは、同じ場所でも見ている方向(何が見えているか)によってどこにいると思うかが変わるってことだ。
ここまで来れば池袋だと感じる。向こうに駅前の煙突も見えるし。
ここまで来れば池袋だと感じる。向こうに駅前の煙突も見えるし。
まとめるとこんな感じだろうか。

・どちらとも言えない場所では、向いている方向によって感じ方が違う。
・遠くに何が見えているかが、どこにいると思うかに影響する。


東京ディズニーランドでは、園内から遠景が巧妙に隠されているという話を思い出した。遠くの東京のビルが見えちゃったら、夢の国じゃなくて東京にいる気分になっちゃうからね。

はみだしコラム:どこまで銀座

どこまでがその街と思うかは、ふつうは人によってばらばらだ。でも銀座はすごい。
輪郭にぶれがない
この四角い範囲をみんな銀座だと思ってる。池袋が丸く広がってるのとは対照的だ。

銀座がこんなに四角い理由は江戸初期までさかのぼる。当時ここは海に突き出た半島で、人があんまり住んでなかった。そこを家康が碁盤の目状に整備したのだ。だから街区が四角い。

みんなが銀座だと思ってる範囲も、当時の半島の先っぽにほぼ一致するのだ。ザ・うんちくって感じだねこれ。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓