フェティッシュの火曜日 2013年10月1日
 

駅の間のどの街ともいえない感

渋谷と原宿の間のどこともいえない感

ここは原宿です
ここは原宿です
原宿駅は、竹下通りと並んでいかにも原宿のシンボルだ。

ここから渋谷方面へ歩いていって、途中で原宿とも渋谷とも思えなくなる瞬間を探そうと思う。
ラフォーレ原宿のある交差点
ラフォーレ原宿のある交差点
まずは明治通りと表参道との交差点。とうぜんここも原宿だ。ラフォーレ原宿もあるし、H&Mもあるしね。でもここからちょっと進んで渋谷側を見ると…。
おや
おや
はやくも微妙な感じになる。

さらに進んで正面のガラス張りのアウディのビルのところまで来ると、こういう景色。
どこだここ
どこだここ
ここはもう分からない。渋谷でも原宿でもないどこかに感じる。でも面白いのは、ここから一本裏道に入ると急に原宿っぽいこと。
裏道に入って原宿側を見たところ。なんか原宿な気がする。
裏道に入って原宿側を見たところ。なんか原宿な気がする。
キャットストリートと呼ばれている道。服飾系のお店が原宿から連なる連続性を感じるからかもしれない。

ただしここから渋谷側を見るとこうだ。
渋谷のセルリアンタワーが見えてる
渋谷のセルリアンタワーが見えてる
正面に渋谷のランドマークとなるビルが見えてるので、急に渋谷な気がする。正確には渋谷の手前の感じ。

さっきも感じたとおり、遠くに何が見えてるかで、どこにいると思うかが結構変わるなと思う。

じゃあ、みんなの思う原宿と渋谷の範囲はどんなだろうか。
赤が渋谷。青が原宿。
渋谷の勢力範囲が広くて、原宿側にかなり食い込んでるのがみえる。この境界部分にズームしてみよう。
まんなかが紫色だ
さっきぼくが最後に立ってたのはこの地図の真ん中部分だ。赤と青がまじって紫になってる。

つまりここは、さっきの池袋ー目白とは違って、渋谷とも原宿とも感じる人がいるという場所だ。どことも言えないというより、どっちとも決められないというところなのかもしれない。

はみだしコラム:どこまで渋谷

渋谷の限界はそれ自体かなり面白い。自分でもどこまでを渋谷と感じるかをちょっとだけ思い浮かべながら見てみてください
渋谷:北
まず北の限界。多くの人はNHKとSHIBUYA-AXまでを渋谷だと思っている。代々木体育館は原宿だ。
渋谷:西
西側は東急百貨店本店に壁がある。そこから先は松濤ということだろう。
渋谷:南
南の限界は桜丘まで。これは、地図中央を左右に走る濃いラインが川跡の窪地になっていて、その南側が地形的にも代官「山」を見上げる形になっていることが大きいと思う。
上と同じ範囲の地形。東京地形地図をGoogle Earthで表示したものをキャプチャ。
上と同じ範囲の地形。東京地形地図をGoogle Earthで表示したものをキャプチャ。
真ん中を左右に走る窪地の線が、上の地図の真ん中を左右に走る線とよく一致するでしょう。
渋谷:東
そして東側の限界は宮益坂上まで。許せても青山学院大学まで。ぼくも本当にそう思う。


<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓