ちしきの金曜日 2013年10月4日
 

全然知らない人に招待されて海外に行く

知らない人に招待されて中国のテレビに出ました!
知らない人に招待されて中国のテレビに出ました!
海外旅行には様々な心配がある。言葉の問題や治安など挙げればキリがない。そんな海外旅行が全然知らない人からの招待だとしたらどうだろう。心配レベルは格段にアップする。

近年はSNSの発達などで家にいながらも世界とつながっており、全く面識のない人からメッセージを受け取ることも少なくない。その海外からのメッセージが「こっちのテレビに出ない?」という招待状。心配だ。絶対に騙されている気がする。でも、その招待を受けてみようと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

中国からのメッセージ

海外に行ってみたいとは多くの人が思うことだ。しかし、飛行機代や言葉の問題などそこには多くの壁が存在する。お金を持っていれば飛行機代はクリアできるし、英語が話せれば言葉の問題も多くは解決するだろう。ただしそれらはなかなか解決しない問題でもある。
解決するメールが来ました!
解決するメールが来ました!
8月のある日、「The invitation」という件名のメールが私に届いた。中国のテレビ局の人が私を中国に招待したいという内容だ。さらにやり取りしたところ飛行機代も出すし、通訳も付くという。いきなり多くの問題が解決した。

最後の問題は騙されているのではという治安的な問題だ。気がついたら内蔵が一つなくなっていたみたいなことはないだろうか。だって海外だ。なくはない。
差出人が文字化けみたいな感じがなんだか怖い!
差出人が文字化けみたいな感じがなんだか怖い!
中国のテレビに出演して欲しいという招待。芸能人でもない私をわざわざ呼ぶだろうか。知り合いからの紹介などではない。相手との面識はゼロだ。

相手の情報は深センテレビジョンのディレクターだけであり名前も分からない。恐怖である。1+1=2くらい分かりやすく怪しい。お互いがオンライン翻訳サービスを駆使してメールを書くので怪しさが倍増である。
でも、行くことにしました!
でも、行くことにしました!

あーんをテレビでする

先日、私は「一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法」という記事を書いた。一人なのだけど彼女に食べ物を口に運んでもらうという内容の記事だ。これが非常に受けた。正しくは日本以外で非常に受けた。日本ではそんなにだった。
こういう内容の記事です!
こういう内容の記事です!
この記事が勝手に翻訳され台湾や中国、アメリカやヨーロッパなどで紹介された。日本では特に何もなかったけれど。これを見た中国のテレビ局が番組で実践して欲しいという招待だった。家族に話したら全員が「騙されている」で一致した。久しぶりに家族が一つになった瞬間だった。
でも、行くことにしました!
でも、行くことにしました!
怪しい感じもしたが中国デビューも悪くないと思い、柔らかい壁にボールを投げるようなどっちつかずなメールをオンライン翻訳サービスを駆使して返していたら、撮影日は決まるし、飛行機のチケットは届くしで本当に行くことになった。3泊4日。意外に長い。初恋よりもドキドキして家を出た。本当に心配だったのだ。
飛行機に乗ったらズボンが破けていたことを思い出した。先行きが悪い!
飛行機に乗ったらズボンが破けていたことを思い出した。先行きが悪い!
メールのやり取りは先にも書いたようにオンライン翻訳サービスを駆使している。私の出る番組について聞いたら「私達のからのスターのゲストの憶測がどなたこそ本当の撮影は一人の写真をの主人公? 過程の中に希望あなたは配合してあなたのいくつかの経典撮影動作」だそうだ。なんだか心配である。
でも、香港に到着しました!
でも、香港に到着しました!

初の中国で怪しい人たち

出演する番組は「男左女右」という番組名らしい。番組名からも怪しさを感じる。ただ空港にはドライバーが待っているそうだ。高待遇。そのままどこかに連れて行かれる恐怖もあるが、空港に誰もいなくて途方に暮れるよりはいい。
誰もいない! 不安!
誰もいない! 不安!
香港空港から深センのテレビ局への移動。ドライバーさんがいると聞いていたので、その移動方法は調べていなかった。なのに空港の出口にドライバーさんがいない。不安である。不安のバーゲンセールである。さて、どうしたものかと途方に暮れる。それと「中国で地主さんが大人気で」と聞いていたが出待ちはいなかった。当たり前だけど。
ドライバーさんがいた!
ドライバーさんがいた!
15分ほど探してやっとドライバーに出会えた。嬉しかったがドライバーは信用していいか悩む顔。ただ私も日本ではそのような顔の分類なので思い切って信じることにした。

もちろんキチンとしたドライバーの方で、曇った空の下に高い建物が並ぶ街を彼の運転する車は快適に走った。香港から深センへ。一時間ほどの旅である。
香港の街並
香港の街並
そして、深センのテレビ局へ!
そして、深センのテレビ局へ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓