ひらめきの月曜日 2013年10月14日
 

香港のエスカレーターには各停と急行がある

エスカレーターファンにとって夢の国
エスカレーターファンにとって夢の国
1階とばし、2階とばしのエスカレーターってあるだろう、東京だと、たとえば空港で地下から出発階に行くためについていたりする。
それがどのショッピングセンターにも標準装備の街があった。香港だ。
香港のエスカレーターがとにかくヤバかったので、そのことについてお伝えしたいのだ。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。
> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

香港のエスカレーターのここがヤバい1:
地下から地上まで全部長い

香港ってこういうところだ。狭い場所ににょっきにょっきとビルが生えている。
香港ってこういうところだ。狭い場所ににょっきにょっきとビルが生えている。
香港のビルはとにかく高い。どんな建物もとにかく上へ上へと伸びていく。地下鉄網が充実し、下へ、下へと掘っていった東京で一番長いエスカレーターは地下にあるが(りんかい線大井町駅のエスカレーターです)、香港は地上のエスカレーターが長い。建物が高いから、1階とばしや2階とばしの急行エスカレーターが充実しているのだ。
どういうことかというと、こういうことだ。ふつうの各階停止エスカレーターもありながら、あえての急行ロングエスカレーターという選択肢を完備。
どういうことかというと、こういうことだ。ふつうの各階停止エスカレーターもありながら、あえての急行ロングエスカレーターという選択肢を完備。
そして地下へのエスカレーターも長いし
そして地下へのエスカレーターも長いし
のぼってきた先、地上のエスカレーターもめちゃ長い。
のぼってきた先、地上のエスカレーターもめちゃ長い。
このロングエスカレーターたち、ぜんぶひとつの同じショッピングモールのものだ。すごい。何階にいるのだかすぐにわからなくなるが、目的地へはスピーディーに到達できる。
中国本土の経済発展もあいまって、未だイケイケムードの香港。エコとバリアフリーが主流になってきた21世紀日本と違って、ここでは「速い」と「高い」が俄然正義なのだ。
外見からして非常にヤバい(褒め言葉)ビルもがんがん建つ。
外見からして非常にヤバい(褒め言葉)ビルもがんがん建つ。
たとえば、いちばん最近できて、ガイドブックにもまだ載っていなかった、Hysan PLACEというショッピングプラザがヤバい。ロングエスカレーターが浮き彫りになっている。なんだこれは。
というわけで乗りにいく。4,7,9,11F直通の急行エスカレーターだ。
というわけで乗りにいく。4,7,9,11F直通の急行エスカレーターだ。
日本だと確実にバリアフリーを考えてエスカレーターじゃなくエレベーターをつけるところだ。現に、新しくできた渋谷ヒカリエとかもみんなそうなっている。なぜエスカレーターなんだろう。香港の人、エスカレーター好きすぎるだろう(私が言うことでもないが)
浮き彫りの内部はこんなことになっている。
浮き彫りの内部はこんなことになっている。
下りは12階から。外が丸見えでエスカレーターしかない狭い空間に大興奮である。たぶん、香港には高所恐怖症のひととかいないんだろうと思う。
下りは12階から。外が丸見えでエスカレーターしかない狭い空間に大興奮である。たぶん、香港には高所恐怖症のひととかいないんだろうと思う。
そして、世界一長いエスカレーターも香港にある。
ただし、このエスカレーターは、世界一長いといっても江ノ島エスカーと同じ乗り継ぎ式で、エスカレーター自体が長いわけではない。小野さんがレポートしているように、エスカレーターファンとしての興奮はそれほどないが、斜面の角度に合わせていろんなタイプのエスカレーターが見られる意味ではお得だ。
まず、斜面の緩い最初の部分はエスカレーターではなく動く坂道である。これはこれでレアでお得。
まず、斜面の緩い最初の部分はエスカレーターではなく動く坂道である。これはこれでレアでお得。
そしてこんな具合にトンネル式屋外エスカレーターが延々と続いていくのだが
そしてこんな具合にトンネル式屋外エスカレーターが延々と続いていくのだが
いちばんの見所は、段差が低い緩斜面エスカレーターがあるところだろう。これはなかなか珍しい。言ってくれればもっと早く見に来たのに。
いちばんの見所は、段差が低い緩斜面エスカレーターがあるところだろう。これはなかなか珍しい。言ってくれればもっと早く見に来たのに。
やっぱ香港のひと、エスカレーター好きよね。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓