チャレンジの日曜日 2013年10月13日
 

酒まつりを開催してみた

最近は各地でビールやワイン、日本酒のイベントが開催されています。色々な酒が飲めたり、美味しい料理があったり、ライブがあったり。とても楽しいイベントです。

楽しいイベントなので自分でも企画して開催したくなりました。そんな訳でイベントを企画し、約半年ほどかけて実現してみました。参加するだけよりも何倍も楽しく、そして想像以上に大変でした。

開催までの様子をレポートします。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

店の前に神社がある

日本酒のイベントの開催を思い立ったのは2013年2月頃。いったい何から始めたらいいか分からず、とりあえず場所をおさえてみることにしました。
ときわ台の天祖神社。かなり歴史のある神社です。
ときわ台の天祖神社。かなり歴史のある神社です。
経営している店のすぐ前に神社があります。店で入っている商店会の関係で神社の方と知り合う機会がありました。そして、神社の方にイベント開催の可能性を軽く聞いてみたところ、神社としても地域振興という意味でイベントには興味アリとの反応をもらう。
企画案を作成、提出。レイアウトイメージなどを作り交渉を重ねる。 
企画案を作成、提出。レイアウトイメージなどを作り交渉を重ねる。 
その後、更に何度か神社の方と会い、実際に開催可能な日を聞いて最終的に10月6日ならば開催可能との返事がもらえます。仏滅の日曜日。その日ならばご祈祷の予約も入らないとのことでした。神社でも仏滅が影響するのは意外だった。

  実行委員会メンバーでイラストレーターのアザミさん。日本酒イベント開催経験あり。スパークリングタイプの日本酒紹介本なども作っています。 
実行委員会メンバーでイラストレーターのアザミさん。日本酒イベント開催経験あり。スパークリングタイプの日本酒紹介本なども作っています。 
メンバーの杉村さんの本。日本酒ライターで、料理漫画研究家、醤油研究家。杉村さんも日本酒イベント開催経験あり。
メンバーの杉村さんの本。日本酒ライターで、料理漫画研究家、醤油研究家。杉村さんも日本酒イベント開催経験あり。
場所と日程とがおおよそ決まった所で、一緒にイベントを開催する仲間を探しました。普通はイベントを開催したい仲間が集まるのが先で、それから場所や日時を決めていくと思います。

開催場所が特殊な為、事前に当たりをつけてからの仲間さがし。友人、知人に声をかけ、幸いイベント開催経験もある強力な仲間がみつかり、その後の運営がかなりスムーズになる。経験者強し!

ザッと書きましたが、この時点で5月中頃。3か月かかっています。

やりとりは主にFacebook上で

日程、実行委員会メンバーも決まり、続いて神社側と直接開催方法などを打ち合わせることとなりました。
決めないといけない事は多数ある。大枠を決めて詳細はFacebook上でやりとり。
決めないといけない事は多数ある。大枠を決めて詳細はFacebook上でやりとり。
イベントコンセプトや開催方法などの詳細な計画案を提出。
イベントコンセプトや開催方法などの詳細な計画案を提出。
打ち合わせで決める事は開催方式、必要設備の検討と概算費用、チケット販売方法など様々あります。また、今回は神社の場所を借りての日本酒のイベントなので、泥酔者の防止や騒音問題、一般参拝者への配慮など各種検討事項、制約事項が出てきます。

図解で開催方式を説明。打ち合わせの過程で色々追加、削除事項が出てきます。
図解で開催方式を説明。打ち合わせの過程で色々追加、削除事項が出てきます。
ひとまず、初回の打ち合わせで「初心者にもやさしい、気軽に参加できる日本酒イベント」「酒蔵と地元飲食店等との協力による地域密着型の日本酒イベント」などのイベントコンセプトが決まる。

更に専用グラスで一杯売りなどの開催方式、チケット販売予定数、必要備品数、トイレ対応など。各種事項についても大枠が決まりました。

細かい点は、その後実行員会メンバーでFacebook上にて打ち合わせ。決まった点を私が神社側へ報告する形で進めていきます。Facebook便利。

参加蔵を決める

開催方式などが決まったら、続いてイベントに参加していただける酒蔵を探さなくてはいけません。イベントが開催される10月初旬は酒造りが始まる季節。更に、各地で日本酒のイベントが開催される時期でもあります。

実際、開催日には都内だけでも大きな日本酒イベントが4つも重なっていました。
新井屋酒店の田中さん。良い日本酒が各種揃っています。
新井屋酒店の田中さん。良い日本酒が各種揃っています。
そんな時に助っ人が現れます。同じ区内の日本酒に力を入れている酒屋「新井屋酒店」の田中さんです。イベントでの日本酒の販売方法など相談していたところ、参加してくれる蔵も紹介して頂けました。酒屋のコネクション凄い。新井屋酒店にはこの後も色々協力を頂いたのですがそれは後程。
そして、酒造に知り合いが沢山いる実行委員会メンバーの働きかけもあって最終的に以下の9蔵がこころよく参加を承諾してくれました。ありがとうございます。
岩手県 菊の司酒造 「菊の司/七福神」
秋田県 阿櫻酒造  「阿櫻」
新潟県 青木酒造  「鶴齢」
新潟県 新潟第一酒造「越の白鳥」
茨城県 森島酒造  「大観」
群馬県 龍神酒造  「尾瀬の雪どけ」
埼玉県 麻原酒造  「琵琶のささ浪/武蔵野」
滋賀県 上原酒造  「不老泉」
兵庫県 本田商店  「龍力」
ここまで決まったらイベントを告知して各種必要な物を作成、手配していきます。この時点で7月初旬。イベント開催まであと3か月。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓