フェティッシュの火曜日 2013年10月22日
 

コロッケの中身が魚肉の町

天ぷらのとなりにコロッケ。コロッケといえばかまぼこ屋さんの魚のコロッケの町
天ぷらのとなりにコロッケ。コロッケといえばかまぼこ屋さんの魚のコロッケの町
魚のすり身をあげたもの、さつまあげを西日本では天ぷらと呼ぶ。

おなじように鳥取県の琴浦町ではコロッケといえば魚のすりみでできたコロッケなんだそうだ。

「じゃあ、じゃがいものコロッケはなんて呼んでるの?」

この話をすると大体の人はこういうし、私もそう思った。現地に行ってもちろんその話もきいてきた。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます

前の記事:「たまたま訪れた町がコナンの町だったこの感じ」
人気記事:「リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

海沿いの町
海沿いの町

コロッケの町は海沿いに

魚のコロッケの町は鳥取県東伯郡琴浦町。ニ駅はなれた由良駅近辺でも、それは東伯の方だけだといってた。呼ばれているのはかなり限定された地域のようだ。

駅から歩いていたらまちがって海に出てしまった。海が近い。よそものには海といえばビーチだが、海には墓があった。そしてさっきから田んぼが芝生だ。植えるのまちがったのだろうか。

なんか遠いところに来た。
なにかが大きくまちがってるなと思ったらこれ芝を植えて全国のゴルフ場に販売してるそうだ。うっかり入らなくてよかった。
なにかが大きくまちがってるなと思ったらこれ芝を植えて全国のゴルフ場に販売してるそうだ。うっかり入らなくてよかった。
大きな国道沿いにかまぼこ店がある。学校帰りに商店街で、みたいなことをイメージしてたが実際は車でお母ちゃんが買ってくるのだろう
大きな国道沿いにかまぼこ店がある。学校帰りに商店街で、みたいなことをイメージしてたが実際は車でお母ちゃんが買ってくるのだろう
鳥取の練り物屋はケーキ屋のように種類も充実している
鳥取の練り物屋はケーキ屋のように種類も充実している

海沿いの町の練り物文化の深さ

実は魚のコロッケがあるとききまして……と切り出すと「まあそうですか!?」とお店のお母さんからどうしましょう的な声がでる。

ついにきたか、と、ついにそういうのきたか、これがB級グルメか、と机がガタッとする雰囲気があった。実際に机はないけれど。

町内にあるかまぼこ屋4店でコロッケは売られているそうで、歩きなら3店は行けるのでぜひ行ってみてとのこと。
あった。コロッケ1枚100円。ふつうのコロッケと同額くらいか
あった。コロッケ1枚100円。ふつうのコロッケと同額くらいか
こういうプラスアルファが出るほどに市民権を得ている
こういうプラスアルファが出るほどに市民権を得ている

パン粉をつけて揚げるからコロッケ

魚のコロッケは昔からコロッケとして売られているらしい。

なぜコロッケと呼ぶのかきくと「パン粉をつけてコロッケと同じように揚げますので」とのこと。それってフライじゃないのかな。

この辺ではたしかにコロッケといえば魚のコロッケの方らしい。じゃあじゃがいもコロッケはというとそっちもコロッケだという。ふたつをどう区別しているのかときくと、首をかしげるお母さん。

特に区別とかはないようだ。
名物の牛骨ラーメンをまるごと入れてしまう、練り物屋の練り込み力
名物の牛骨ラーメンをまるごと入れてしまう、練り物屋の練り込み力
これがコロッケ。高塚かまぼこ店はかための食感で一味がきいている
これがコロッケ。高塚かまぼこ店はかための食感で一味がきいている

コロッケにはない一杯やりたくなる感じ

後ほど買ったコロッケを食べてみた。見た目の色はコロッケと同じかパン粉が少し細かいくらいだ。作りおいたものはサクッというよりハムっとした歯ざわりでこれも本来のコロッケと同じだろう。

ちがうのは噛んだあと。あっ、と思うほどの一杯やりたさ。魚の香りと噛むとしみ出るうまみ。細かい粒は玉ねぎだろうか、野菜の甘みと一味の辛味もある。これはちがう。こんな一杯やりたくなる感じはコロッケにはない。

そういえばコロッケって中身がじゃがいもなのでそれだけで完結しているが、こっちは高タンパクなので、いっちょいったろうかなという気になる。

なんておいしそうなんだと思われた方、一応いっておくが要はさつまあげのフライ版である。
こちら5本580円の高級魚肉ソーセージ発見!
こちら5本580円の高級魚肉ソーセージ発見!
なんと羊の腸に魚のすり身がつまっている。人間の業の深さを感じる
なんと羊の腸に魚のすり身がつまっている。人間の業の深さを感じる
バッツンバッツンの食感で中身は魚肉のうまみとスパイスの匂いが広がる。たしかにこれは高級魚肉ソーセージだ
バッツンバッツンの食感で中身は魚肉のうまみとスパイスの匂いが広がる。たしかにこれは高級魚肉ソーセージだ

高級ギョニソもあった

この店では本物のソーセージとおなじ、羊の腸につめた魚肉ソーセージもあった。いわば高級魚肉ソーセージだ。高級マーガリンや御殿場プレミアム・アウトレットのようなよくわからなさがある。

魚もまさか羊の腸に入れられるとは思わなかっただろう。シーシェパードに目をつけられるかもしれない。

こことあと一店くらいしか扱ってないというがたしかに珍しい。食べてみるとあの魚肉ソーセージがシャウエッセン級のばっつんばっつん食感で笑う。

笑ってしまうが中は超本格的魚肉ソーセージでたいへんうまい。めずらしいものたべた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓