フェティッシュの火曜日 2013年10月22日
 

世界最長の並木道「日光杉並木」を踏破したかった

世界最長の杉並木と聞けば、歩き通してみたいと思うのです
世界最長の杉並木と聞けば、歩き通してみたいと思うのです
ご存じ、江戸幕府を開いた徳川家康を祀る日光東照宮。極彩色の彫刻によって飾り立てられた絢爛豪華な社殿は、日本国内のみならず海外にも良く知られている。

元和3年(1617年)に創建されて以降、歴代将軍を始め、数多くの人々が参詣した東照宮。その街道沿いには、寛永2年(1625年)から約20年かけて、杉の木が植えられた。その杉並木は400年近く経った今もなお現存し、世界最長の並木道としてギネスブックにも記載されている。

並木道、しかも世界最長と聞いてしまったら、踏破したくなるのが人の心というものだ。というワケで、杉並木を歩きに日光まで行ったのが……さすがに世界最長の名は伊達じゃなかった。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

東照宮へと至る、約35kmの杉並木

日光杉並木が存在するのは、東照宮へと続く三本の街道(日光街道、日光例幣使街道、会津西街道)のうち、かつての神領(東照宮の領土)内の範囲である。

……と言われてもイマイチピンとこないと思うので、杉並木をなぞった地図を用意してみた。
東からの日光街道、南からの日光例幣使街、北からの会津西街道の三街道が今市で合流、西の東照宮へと続いている。杉並木はその三街道すべてに植えられており、総延長は約35kmだ。

さて、これをどう歩くかだが、今回は杉並木の終着点である東照宮から下る事にした。

並木道の始点と終点に立つ並木寄進碑

というワケで、スタート地点は並木道の終点にあたる東照宮である。

日光杉並木の始点と終点には、それぞれ並木寄進碑という石碑が立っている。杉並木を植えたその由来を記したもので、寄進碑から寄進碑までが杉並木の範囲というワケだ。

東照宮側の寄進碑が立っているのは、東照宮の入口に架かる神橋の袂である。
日光に来た誰もが目にする神橋
日光に来た誰もが目にする神橋
その袂に東照宮への入口があり、その傍らにひっそり立つ寄進碑
その袂に東照宮への入口があり、その傍らにひっそり立つ寄進碑
慶安元年(1648年)に立てられた、なかなか立派な石碑だが……
慶安元年(1648年)に立てられた、なかなか立派な石碑だが……
誰にも見向きされていないのが悲しい
誰にも見向きされていないのが悲しい
日光は相変わらず盛況で、大勢の人々が門前町を歩いて東照宮にやってくるものの、並木寄進碑に目をやる人は誰もいない。その近くにドドンと置いてある、世界遺産の碑にばかり注目されている。

そんな日陰者の寄進碑に妙なシンパシーを感じながら、東照宮の逆方向に向かってスタートである。
それでは、歩き始めよう
それでは、歩き始めよう
しばらくは並木の無い門前町を歩く
しばらくは並木の無い門前町を歩く
並木の一部か? と思ったら全然違った。そもそも杉じゃなくて松だし
並木の一部か? と思ったら全然違った。そもそも杉じゃなくて松だし
町並みが切れる所から杉並木は始まる
町並みが切れる所から杉並木は始まる
神橋から門前町をてくてく歩いて行くと、ちょうど東部日光駅に差し掛かる辺りで、こんもりとした杉の木が前方に見えてくる。

ここが日光杉並木の実質的なスタート地点。いよいよこれからが並木歩きの本番だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓