ひらめきの月曜日 2013年10月28日
 

電動ドリルでスパゲッティを食べると便利

ほら便利
ほら便利
電動ドリルの便利さときたらない。

買って実際に使ってみるまで、僕は正直あなどっていた。穴あけもネジ締めも、キリやドライバーを使えば手でできる。大工仕事でもするならともかく、たまに小さな工作を作るくらいの僕には必要ないのでは。

それが買ってみたらどうだ。毎回5分かけて空けていた塩ビパイプの穴が、10秒で空けられる。素早く空けられるので数をこなすことができ、穴で点線を書いていけば切断だってできる。そのうえドリルをドライバーに付け替えればネジも締められる。完全に魔法だ。世界が一変した。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

さらなるポテンシャルを

これが僕の人生に大きなインパクトを与えてくれた、電動ドリル。
3年ほど愛用している
3年ほど愛用している
写真のドリル、ビックカメラで5,000円くらいで買ったつもりだったが、いまネットで値段調べたら2,480円であった。そういわれてみると、値段に惹かれて買ったような覚えもある。便利すぎて自分の中で価格の見積りが上がっていた。

ドリルの何がいいって、先が変えられるのがいい。
いろんな先(ビット)を付け替えられる
いろんな先(ビット)を付け替えられる
これのおかげで穴あけ、ネジ締め、そして下穴を空けての切断と、いろんな用途に使えるのだ。
先端はネジになっていて、開いたり
先端はネジになっていて、開いたり
閉じたりする。このネジ部分は「チャック」と呼ばれている
閉じたりする。このネジ部分は「チャック」と呼ばれている
とはいえ、僕は工作を作るときしかドリルに触っていない。月に1回くらいのことだ。もったいない。ドリルの持つ無限の可能性を生かせていないんじゃないか。うちの子の隠れた才能をもっと見つけてあげたい。
もうドリルだけじゃない
もうドリルだけじゃない

カトラリーとしてのドリル

まずは、食卓で役だってもらおう。
これまでもっぱら趣味に使ってきたドリルが、衣食住の現場に活躍の場を広げるのだ。ますます生活に欠かせない存在になってくるぞ。
今日のランチはスパゲッティで
今日のランチはスパゲッティで
食器はもちろんドリル
食器はもちろんドリル
ドリルといえば回転、回転といえばスパゲッティのフォークである。

チャック部分はもともと六角形のものをくわえ込むようにできているのだが、平たいフォークも突っ込んでみれば意外に安定した。

その活躍ぶりはGIFアニメで見ていただこう。
ま、魔法だ…。
ま、魔法だ…。
あまりにスムーズに巻けていくので、あらかじめ巻いたものをほどきながら撮影し、逆再生しているみたいだ。でも違う。これちゃんと巻いてるのだ。
食器をカチャカチャいわせず電動で一気に巻くのがこれからのイタリアンのマナー
食器をカチャカチャいわせず電動で一気に巻くのがこれからのイタリアンのマナー
もちろん巻くだけではない。口に入れて飲み込むところまでがスパゲッティです。
顔がすごい伸びた
顔がすごい伸びた
うおっ、食べにくい…。

ごめん。白状すると記事タイトルはハッタリだ。正確には「電動ドリルでスパゲッティを食べると(巻くとこだけ)便利」である。 遠いのだ。フォークの全長にくわえ、ドリル本体の長さも加わる。長すぎる。

くわえて、手から正面に向かって伸びるフォーク。まっすぐすぎるのだ。
実はこの角度が超大事だったのである
実はこの角度が超大事だったのである
ピストル型でしかも長い。ライフル銃を自分に向けるところを想像してもらえれば食べにくさが伝わるだろうか。

ただ発想を変えれば、対面の人にスパゲッティを食べさせる場合は、超食べさせやすい可能性がある。「あーん」である。
つきあい始めの仲むつまじい恋人たちであれば、ドリルを持ってイタリア料理店に行くといいかもしれない。

ドリルでクッキング

ところで、さっきのスパゲッティの横に添えられていたスクランブルエッグ。
あれも、実はドリルの力で作られたものなのだ。
食卓を制した(?)ドリルが、こんどはキッチンにまで進出。
玉子を混ぜる棒
玉子を混ぜる棒
何という名前なのか知らないが、玉子を混ぜる棒である。泡立て器のミニチュア版みたいなやつだ。これをドリルにつけてみよう。
高速回転+微妙な上下運動
高速回転+微妙な上下運動
持ち手側の先端が少し太くなっているためネジがしっかり締まらず、回転させるとちょっと上下にぶれる。
これで生卵を
これで生卵を
混ぜる
混ぜる
今までもっぱら「(穴を)空ける」「(ネジを)締める」だけをしてきたこのドリル。生まれて初めての「混ぜる」にも、全く申し分のないパフォーマンスを発揮してくれた。
超混ざる
超混ざる
上下にブレる動きが、むしろ黄身と白身の撹拌に役立っている。
ドリルで混ぜた玉子の満月のような美しさよ
ドリルで混ぜた玉子の満月のような美しさよ
ドリルでの玉子混ぜは完全に成功。こうやってうまくいってしまうと記事としてはオチがない、というのがちょっと悩みどころではある。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓