はっけんの水曜日 2013年10月30日
 

お札が好きすぎて「架空紙幣」を作った人

架空紙幣はどこまでがセーフなのか

ーーパソコンで架空紙幣を作るようになったのはいつ頃からなんですか?
「1年ほど前なんですよ」

ーーえ! 最近ですね!
「そうなんです、最近はもっぱら架空の国の架空の紙幣を制作してます」
外国の紙幣と架空紙幣、並べるとどっちがほんものなのか区別がつかない(右側のお札が外国の紙幣)
外国の紙幣と架空紙幣、並べるとどっちがほんものなのか区別がつかない(右側のお札が外国の紙幣)
さて、ここで気になるのは、架空紙幣はどこまでがOKでどこからがアウトなのか? ということだ。

ーーさっき、中学生の頃に「犯罪かも」と気づいたと仰ってましたが、架空紙幣を制作する上で気をつけていることってありますか?
「基本的に『お札に見えるもの』を作るとマズいことには変わりないんです、ただ明確な線引がないので、警察や裁判官の印象次第になっちゃうんですよ」

−−確かに、ただ趣味で作ったものと、悪用しようとして作ったものの線引は難しそうですね。

「だから、あきらかに誰の目にもみても本物のお金じゃない。ということがわかるように、金額を実際にはありえない0000にしたり、裏側をメモ帳にしたりとかの工夫はしてます」

最近の紙幣の特徴とは?

−−しかし、架空の紙幣だとわかってても雰囲気が伝わるのはすごいですね
「デザインに関して言えば、最近の日本の紙幣は透かしの入ってる空白の部分が真ん中にあるのが特徴なんです」

え、そうでしたっけ? と思ったら資料の書籍を見せてくれた。
今のお札(「知育アルバム4 世界のお金200」講談社より)
今のお札(「知育アルバム4 世界のお金200」講談社より)
昔のお札(「知育アルバム4 世界のお金200」講談社より)
昔のお札(「知育アルバム4 世界のお金200」講談社より)
真ん中に透かし用の空白があるので最近のお札っぽい
真ん中に透かし用の空白があるので最近のお札っぽい
模様がみっちり詰った感じが昔っぽい
模様がみっちり詰った感じが昔っぽい
ーーあ、たしかに。昔のお札は透かしの入ってる空白がないですね。
「ただ、これも外国の紙幣になるとまたデザインのロジックが違ってくるんです」

「もちろん例外はたくさんありますが、紙幣の特徴として、横長、四辺に余白がある、算用数字が四隅にある、だいたい左右対称といったような点を踏まえてデザインすると、お札っぽくなるんです」

なんだか、人間の特徴に「呼吸してる」とか「定期的に寝る」ってこたえるような話だけど、お札のお札っぽさなんて考えたことないのでへぇと思ってしまう。
ちなみに見せていただいた資料の書籍は「知育アルバム4 世界のお金200」という本だ。子供向けの絵本だが、680円ほどで世界の紙幣を網羅的に見ることができるのでとても便利だ
ちなみに見せていただいた資料の書籍は「知育アルバム4 世界のお金200」という本だ。子供向けの絵本だが、680円ほどで世界の紙幣を網羅的に見ることができるのでとても便利だ

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓