ロマンの木曜日 2013年10月31日
 

Facebookのプロフィール画像戦略を探る

!
いろんな人のFacebookのプロフィール画像を眺めるのが好きだ。
アイコンを見るだけで、持ち主の人となりが分かる気がする。
父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。

そんな魅力的なプロフィール画像だが、よく見かけるタイプの画像があることに気づいた。
気になったのでプロフィール画像を収集してみた。
!
何だかいけないことをしている気がしてドキドキしたが、結果いくつかのパターンと、イメージ戦略を発見することができたので紹介させて頂きたい。

スマホで自分撮り

!
いちばんよく見かけるパターンだった。
なぜか右斜め下を見る人が多いなと思って調べてみると、誰かに目をあわせた時に斜め下を見る動作は
「相手に好感をもっている」
という心理状態であるという情報がいくつか見つかった。
気づかない内にそういう写真を選んでいるのだろうか。

顔の一部だけ写す

右目アップ
顔半分
顔上半分
!
右目アップ/顔半分/顔上半分/横顔が多かった。
!

目をつむっている

目をつむっていたり、寝ていたりする写真である。
よくよく考えるとおかしい設定ではあるが、女性に多いパターンだった。
芝の上で寝ている人が多かった。

目が大きく見えるパースで撮る

アゴも小さく見える素敵な角度である。
アゴも小さく見える素敵な角度である。
Facebookに使われているプロフィール画像の大きな特徴としては、
自分自身の写真を使っている人が多いことがあげられる。
先ほど紹介したパターンの中には、
自分の容姿をよく見せるための演出が取り入れられている。
誰しも自分の姿はよくみられたいものであるが、
それはそれで行きすぎると
「あの人きどってるんじゃないの」と思われてしまう。
その危険性をみごとに回避しているパターンがあったので紹介させて頂きたい。

子供時代の写真

どんなに決め顔で写真を撮っていても、過去の自分だから安心である。
むしろ決め顔であるほど、ほほえましい。
このタイプのプロフィール画像の人は、実際の知人にも何人かいたのだが、みな同様に人柄がよくて、コミュニケーション能力の権化みたいな人達が多かった。
プロフィール画像選びが巧い人は、現実世界でもきっとそうなのだろう。
!
続いては
自分のイメージを補強する「アイテム」を取り入れているプロフィール画像戦略も紹介させて頂きたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓