ひらめきの月曜日 2013年11月4日
 

「飯田橋」をくぐって秘密のトンネル潜入

見たことありました? これが「飯田橋」なんです
見たことありました? これが「飯田橋」なんです
飯田橋ってどんな橋だかご存知か。
東京のひとには、JRの駅名でおなじみだが、ほとんどの人は橋だと意識して渡ったことはないんじゃないだろうか。
飯田橋という橋は存在する。そして今もその下をきっちり川が流れている。
川からアクセスしてくぐってみたら、とても不思議なことになっていた。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。

前の記事:「香港のエスカレーターには各停と急行がある」
人気記事:「昭和40年の母の宿題を完成させる」

> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

隅田川から出発して楽しい手漕ぎの旅

まず飯田橋までどうやって行くかという話だが、手漕ぎの船で行く。私が船と呼んでいるのは当サイトでも何度か登場した、パドルボードと呼ばれる乗り物である。マイボードを買っちゃったので、どこでも行き放題なのだ。というか、行かなくては損なのだ。この夏も、Canal SUP Associationの皆さんにいろんなところに連れて行ってもらった。
(これまでの顛末はこの記事この記事 をご参照あれ)
隅田川のリバーサイドテラスで膨らませて準備する。
隅田川のリバーサイドテラスで膨らませて準備する。
このままスカイツリーまで漕いでいけそうな気持ちのいい陽気だが、隅田川は我々手漕ぎのゴムボードにとっては大海原だ。屋形船や大型水上バス、水上バイクがひっきりなしに行き来し、船の引き波が反響して常にうねってえらいことになっておる。

自転車で高速道路に乗り込むみたいなことなので、ここを水路として利用するのは無理だ。タイミングを見計らって慎重にボードを出し、すぐ波の立たない神田川へと逃げ込む。本当は神田川から直接ボードを出したいところだが、自由に使える桟橋が皆無なのが現状なのだ。もしも真似したいというひとがいたら、くれぐれも経験のあるひとと共に、天候やコンディションに十分注意して挑んでほしい。
神田川入り口は、屋形船の溜まり場。
神田川入り口は、屋形船の溜まり場。
スタート地点から、神田川を西へと進みます。
当サイトでもみんなこぞって船に乗り、もはやおなじみと言ってもよい神田川だが、最近は、日本橋に便利な船着き場ができたこともあって、神田川(地図紫色)から日本橋川(地図赤色)、隅田川をぐるっと一周するクルーズが人気だ。
この日も船とたくさんすれ違ったが
この日も船とたくさんすれ違ったが
乗客の皆さんは、だいたいこの木っ端舟スタイルに驚いて大喜びしてくださる。
乗客の皆さんは、だいたいこの木っ端舟スタイルに驚いて大喜びしてくださる。
橋からも注目される。すごく見られるし、手を振られるし、話しかけられる。
橋からも注目される。すごく見られるし、手を振られるし、話しかけられる。
あるいは、音がしないのでまったく気づかれないこともある。忍者気分。
あるいは、音がしないのでまったく気づかれないこともある。忍者気分。
秋葉原までのエリアは、建物が完全に背を向けて建っていて、ひとの気配がない。忍び感が増すが
秋葉原までのエリアは、建物が完全に背を向けて建っていて、ひとの気配がない。忍び感が増すが
最近できた新しいビルだと、川に向かって大きくガラス張りになっていたりして、コミュニケーションがはかれるのであった。どうもこんにちは。
最近できた新しいビルだと、川に向かって大きくガラス張りになっていたりして、コミュニケーションがはかれるのであった。どうもこんにちは。
私が川に興味を持った5,6年前には、神田川、日本橋川の定期クルーズは、電気船による「エコクルーズ」だけだった。神田川や日本橋川は汚れた川というイメージがあって、船で行って何が楽しいのかと怪しまれたものである(川からにょきにょきと生える高速道路の高架が大好きなのだとは、「エコクルーズ」のNPOの方にはとてもじゃないが言えなかった)。それが、だんだんに都心の川にも注目が集まってきて、私はとてもうれしいのだ。だから言ったじゃーん。

いまや、万世橋の旧駅舎にオシャレの極みのような商業施設がオープンし、オシャレの極みの水辺テラスが誕生。ここぞとばかりに木っ端船団は注目される。
いまや、万世橋の旧駅舎にオシャレの極みのような商業施設がオープンし、オシャレの極みの水辺テラスが誕生。ここぞとばかりに木っ端船団は注目される。
いつもとちょっと違う川からの視点を一度経験するとやみつきなのだ。一度、動力船でもいいので乗ってみられることをオススメする。
古いアーチの三連橋。ダイナミック。
古いアーチの三連橋。ダイナミック。
そして、地上に出る丸ノ内線と聖橋。
そして、地上に出る丸ノ内線と聖橋。
聖橋をすぎると、中央線の線路すぐ脇に、圧倒的大自然が広がっているのも興味深い。
聖橋をすぎると、中央線の線路すぐ脇に、圧倒的大自然が広がっているのも興味深い。
どこの渓谷か。
どこの渓谷か。
と、ここまではいまや定期観光船でもおなじみの景色。わざわざ手漕ぎできたのには訳がある。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓