ちしきの金曜日 2013年11月8日
 

切れかかった蛍光灯「息切れ蛍光灯」を愛でる

実は蛍光灯ってかなり風情のある照明だったのではないか、と思うわけです。
実は蛍光灯ってかなり風情のある照明だったのではないか、と思うわけです。
いまや照明界のスターといったらLEDだ。省電力、長寿命。その眩い輝きはまさにスターと呼ぶに相応しい。今後、いろいろな照明がどんどんLED化されていくことだろう。

しかし、ぼくらは蛍光灯特有のあの風情を忘れてはならない!と思うのだ。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「20kmひたすらまっすぐな道を走ってみた」
人気記事:「高級マンション広告コピー「マンションポエム」を分析する」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

蛍光灯だいすき!

蛍光灯が悪者だった時代がある。ぼくが子どもの頃、「寒々しい」「こんなに蛍光灯ばかりなのは日本だけ」「明るければいいというものではない」などという蛍光灯批判をよく聞いた記憶がある。のっぺりとした均一な光は管理社会を表現している、云々。

ちなみにこれらの論は、だいたいさいご谷崎の「陰翳礼讃」で締めくくられるのが常だ。

で、それへの対応か、各メーカーがこぞって電球色の蛍光灯を出してきた時期があった。

ここで思い切って告白するが、ぼくは蛍光灯が好きだ。あの「こなれた大量生産品感」がいい。すばらしいと思う。

いまも続く、「あえて電球使うのってセンスがいい」みたいな風潮なんなのか。がんがん使っていこうぜ蛍光灯!「昼光色」で!
散り際にしみじみとした風情を漂わせる。それも蛍光灯のいいところ。
散り際にしみじみとした風情を漂わせる。それも蛍光灯のいいところ。
そしてなにより蛍光灯には他にはない大きな特徴がある。それは「さいごがある」という点だ。管の両端だけ赤黒く光り、ときおり不規則に点滅する、あれだ。あんな息の切れ方をする照明ってほかにない。
こときれる前に、いかにもって感じの光り方をする。すごく生き物っぽい。
こときれる前に、いかにもって感じの光り方をする。すごく生き物っぽい。
こういう終わりの迎え方って、ロウソクやたき火など照明発明以前の灯りに似ていないか。こと終わり方に関しては、白熱電球よりも蛍光灯のほうが炎っぽいのだ。これは興味深い。

蛍光灯のさいごを愛でてみよう

LED時代になれば、「雨の降る裏路地を照らす、息切れ蛍光灯の光」がうら寂しい雰囲気を演出する映像表現として通用しなくなるのだろう。失うものは大きい。
伝統的な電柱に付いた街灯だが、ここにもLED化の波が。
伝統的な電柱に付いた街灯だが、ここにもLED化の波が。
しかし、この組み合わせ、嫌いじゃない。
しかし、この組み合わせ、嫌いじゃない。
また「照明のことを『蛍光灯』って言う→年寄りあるある」なんて日もそう遠くはあるまい。考えてみれば「白熱灯」も「蛍光灯」もそれなりに日本語で命名されていたものだが、今後は「LED」などとハイカラな呼び名になるわけだ。

ともあれ、失われてしまう、この「息切れ」を今のうちにじっくりと愛でておこうではないか!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓