ひらめきの月曜日 2013年11月11日
 

日本最高の漬物を決めるグランプリ

漬物ってこんなに旨かったのか、という記事です
漬物ってこんなに旨かったのか、という記事です
食卓における漬物といえば、よき脇役的なポジション。けっしてメインディッシュになることはない存在だ。

と、思っていたのだが、それは大きな間違いだった。現代の漬物は、とんでもなく進化していたのだ。これまでの地味なイメージを大きく覆す、魅惑の漬物ワールドを堪能してきた。
1980年生まれ埼玉育ち。東京の「やじろべえ」という会社で編集者、ライターをしています。ニューヨーク出身という冗談みたいな経歴の持ち主ですが、英語は全く話せません。

前の記事:「スーパーミドリムシグルメとすじりもじり運動」
人気記事:「パレスチナおふくろの味が東京に」

> 個人サイト Twitter (@noriyukienami)

漬物日本一決定戦とは?

「T-1グランプリ」をご存知だろうか? 漬物の「T」を冠した同イベントは、今年で第4回を数える「お漬物日本一決定戦」なのだという。北海道から沖縄まで全国6ブロックからエントリーしてきた漬物が、1次審査、各地区ブロック大会を経て、来年2月16日の決勝大会(池袋サンシャインシティ)へと進む。そこで、日本一の漬物が決まるそうだ。

11月某日、メーカーや老舗の漬物屋が参加する「法人の部」の一次審査が、都内にて行われるという情報をキャッチ。実食審査もあるというので、乗り込むことにした。
都内某所にある審査会場
都内某所にある審査会場
審査会場は都内にある某企業の会議室。審査の様子が外に漏れないよう、密室で行われている。この扉の向こうで漬物界最高峰のバトルが繰り広げられているかと思うと胸が高鳴る。同時に腹の虫も鳴く。
なお、白飯持参
なお、白飯持参
なお、今朝方炊いた3合のメシをどんぶりにギュウギュウに詰めて持参した。取材を申し込んだ時、漬物の味見をさせてくれると言われたからだ。漬物とくれば白飯がないと話にならない。
こちらは関東ブロックのエントリー作品。まさに漬物バイキング
こちらは関東ブロックのエントリー作品。まさに漬物バイキング
いや「バイキング」とは失言だった。これはあくまで審査用。味見のレベルに留めなければ。

さっそくいただくとしよう。
ストップ、ストーップ!
ストップ、ストーップ!
漬物まであと1cmのところで制してきたのはT-1グランプリ事務局の松田さん。もうちょっとだったのに、何なんですか?

「こちらはまだ審査前ですので」(松田さん)

ふと周囲を見渡すと、審査前のピリピリしたムードが漂っていた。どんぶり飯がこれほど似つかわしくない空気もあるまい。おいしそうな漬物に夢中になるあまり、ここが真剣な審査の場であることを忘れていた。
バイキングじゃなくて審査会場でした。そうでした
バイキングじゃなくて審査会場でした。そうでした
なお、審査用の漬物は日本各地から、その日に届くとのこと
なお、審査用の漬物は日本各地から、その日に届くとのこと

厳正なる審査

その日届いたばかりの新鮮な漬物を4人の審査員の先生がひとつひとつ吟味。味はもちろん、見た目や独創性、ネーミングセンスも審査対象になるそうだ。ほとんど言葉を発することなく舌先に神経を集中、審査は粛々と進んでいく。
それはさておき早く食べたい
それはさておき早く食べたい
審査が円滑に進むようお手伝い。早く食べたい
審査が円滑に進むようお手伝い。早く食べたい

見たこともない漬物が並ぶ

それにしても、さすがは漬物界の最高峰を決めるイベント。見たこともない斬新な漬物が数多くエントリーされている。

【たまねぎの松前着(愛知たまり仕立て)/愛知県】 愛知産たまねぎと、たまり醤油を組み合わせた松前漬。シャキシャキたまねぎの食感と、たまり醤油の濃厚な味わいが特徴。こちら、審査員のみなさんが絶賛していました
【たまねぎの松前着(愛知たまり仕立て)/愛知県】 愛知産たまねぎと、たまり醤油を組み合わせた松前漬。シャキシャキたまねぎの食感と、たまり醤油の濃厚な味わいが特徴。こちら、審査員のみなさんが絶賛していました
【紀州梅 夢葵 青紫蘇包み梅/和歌山県】 女性をターゲットにした「甘い梅干し」。塩分控えめでしょっぱさを抑え、ハチミツを加えて上品な甘さに仕上げている。肉厚で柔らかい紀州南高梅を青紫蘇で包み、香りとシャキシャキの食感をプラス。
【紀州梅 夢葵 青紫蘇包み梅/和歌山県】 女性をターゲットにした「甘い梅干し」。塩分控えめでしょっぱさを抑え、ハチミツを加えて上品な甘さに仕上げている。肉厚で柔らかい紀州南高梅を青紫蘇で包み、香りとシャキシャキの食感をプラス。
【柿キムチ/大阪府】 柿を使った斬新なキムチ。なんでも「フルーツをキムチにしたことがなかったので大変苦戦した」とのこと。抑えた辛味が柿のさっぱりした甘みを引きたて、サラダ感覚で食べられる
【柿キムチ/大阪府】 柿を使った斬新なキムチ。なんでも「フルーツをキムチにしたことがなかったので大変苦戦した」とのこと。抑えた辛味が柿のさっぱりした甘みを引きたて、サラダ感覚で食べられる
【お茶漬けセレクション/大阪府】 漬物をゼリー状の出汁でコーティング。ご飯の上にのせてお湯をかけるとゼリーが溶け、出汁のバランスが絶妙なお茶漬けになる
【お茶漬けセレクション/大阪府】 漬物をゼリー状の出汁でコーティング。ご飯の上にのせてお湯をかけるとゼリーが溶け、出汁のバランスが絶妙なお茶漬けになる
それにしても腹減ったな
それにしても腹減ったな
こっそり抜けだしてラーメンでも食べてこようかしら。牛丼もいいな、などと考えていたところ、北海道ブロックの審査が終了。松田さんからようやくお許しが出た。
ようやく試食のゆるしが出た
ようやく試食のゆるしが出た
とはいえ、腹はすっかりラーメンモードになっているし、待たされたぶんハードルも上がっている。果たして満足できるかどうか。
【北海道のおいしい手造りキムチ/北海道】 北海道産昆布など、現地の食材にこだわり、手作業で丹念に漬け込んだキムチ。昆布の旨みに、リンゴやたまねぎの酸味・甘みをプラスしたマイルドな味わい
【北海道のおいしい手造りキムチ/北海道】 北海道産昆布など、現地の食材にこだわり、手作業で丹念に漬け込んだキムチ。昆布の旨みに、リンゴやたまねぎの酸味・甘みをプラスしたマイルドな味わい
これは…………  ………うますぎるじゃないか!
これは…………
………うますぎるじゃないか!
ご飯が進む進む
ご飯が進む進む
【長いもの辛子糀漬/北海道】 塩糀と辛子で漬けた北海道産の長いも。ツンとくる辛さの中に塩糀のほのかな甘みが感じられる。サクサクの長いもにレーズンやピーマンを合わせ、食感のアクセントを加えている
【長いもの辛子糀漬/北海道】 塩糀と辛子で漬けた北海道産の長いも。ツンとくる辛さの中に塩糀のほのかな甘みが感じられる。サクサクの長いもにレーズンやピーマンを合わせ、食感のアクセントを加えている
【さんまの飯寿司/北海道】 地元で獲れた特大さんまを使った飯寿司。酢と塩加減にアレンジを加え、マリネ風に仕上げている
【さんまの飯寿司/北海道】 地元で獲れた特大さんまを使った飯寿司。酢と塩加減にアレンジを加え、マリネ風に仕上げている
【香貴のはさみ漬/北海道】 ショーケースに並ぶケーキを見て「こんな綺麗なお漬物をつくりたい」という思いから誕生。昆布や鮭、カニ、にしん、白菜、キャベツなどをミルフィーユ状に重ねている
【香貴のはさみ漬/北海道】 ショーケースに並ぶケーキを見て「こんな綺麗なお漬物をつくりたい」という思いから誕生。昆布や鮭、カニ、にしん、白菜、キャベツなどをミルフィーユ状に重ねている

ごちそうランキング1位に昇格

斬新な食材の組み合わせによって生み出される、味と食感の奥行き。噛みしめると、しっかり浸かったタレがじんわり染み出してくる。どれもこれも本当に旨い。思わず取材を忘れて本気食いしてしまう。

この漬物たちは、ラーメンどころか焼肉をも超えている(焼肉は筆者の中で最上級のごちそうです)。
一方、背後では関東ブロックの審査が行われていた
一方、背後では関東ブロックの審査が行われていた
心はすでに漬物の虜。審査の終わりをじっと待つ
心はすでに漬物の虜。審査の終わりをじっと待つ
待つこと1時間。関東審査も終了。さっそく堪能させてもらおう。
【スタミナきっず/神奈川県】 細切りにカットした国産大根と牛肉そぼろを、にんにくたまり醤油で漬けこんでいる。ほんのりにんにく風味が食欲をそそる
【スタミナきっず/神奈川県】 細切りにカットした国産大根と牛肉そぼろを、にんにくたまり醤油で漬けこんでいる。ほんのりにんにく風味が食欲をそそる
【ドライトマトで作ったイタリアーノにんにく/新潟県】 調味料に漬けたにんにくに、トマトピューレとドライトマト、梅肉で作ったソースがかかっている。トマトと梅のほどよい酸味が、にんにくの香りを爽やかに中和
【ドライトマトで作ったイタリアーノにんにく/新潟県】 調味料に漬けたにんにくに、トマトピューレとドライトマト、梅肉で作ったソースがかかっている。トマトと梅のほどよい酸味が、にんにくの香りを爽やかに中和
【鯵の発酵刺身の漬け物/東京都】 塩糀、甘酒、西京味噌、醤油を使ったオリジナルの漬け床で、鯵の刺身を3日〜1週間ほど発酵。発酵により鯵のうまみ成分が増加。通常の刺身では味わえないトロっとした食感と甘みを引き出している。
【鯵の発酵刺身の漬け物/東京都】 塩糀、甘酒、西京味噌、醤油を使ったオリジナルの漬け床で、鯵の刺身を3日〜1週間ほど発酵。発酵により鯵のうまみ成分が増加。通常の刺身では味わえないトロっとした食感と甘みを引き出している。
【麦糀味噌漬け生姜/栃木県】 若掘りした国産の生姜を薄くスライス。漬けこんだ麦糀味噌の香りと生姜の風味がマッチ。
【麦糀味噌漬け生姜/栃木県】 若掘りした国産の生姜を薄くスライス。漬けこんだ麦糀味噌の香りと生姜の風味がマッチ。
【山ほおずきシロップ漬/長野県】 長野県長野市鬼無里で採れた食用ほおずきを使用。直径1.5cmほどの小さな身をシロップに漬けこんでいる。おかずではなく、ヨーグルトやスイーツのトッピングとして楽しめる
【山ほおずきシロップ漬/長野県】 長野県長野市鬼無里で採れた食用ほおずきを使用。直径1.5cmほどの小さな身をシロップに漬けこんでいる。おかずではなく、ヨーグルトやスイーツのトッピングとして楽しめる
【干し野菜のしょうゆ漬ミックス/東京都】 にんじん、かぶなどの生野菜やメロンを、干し沢庵風の古漬けに。浅漬けに使用する生野菜を干すことによって、これまでにない食感を実現
【干し野菜のしょうゆ漬ミックス/東京都】 にんじん、かぶなどの生野菜やメロンを、干し沢庵風の古漬けに。浅漬けに使用する生野菜を干すことによって、これまでにない食感を実現
【丸ごと味噌カド/神奈川県】 アボカドと米味噌を使用。浅漬け風のあっさりしたみそ漬けに仕上げている。アボカドのコクと味噌の風味がよく合う
【丸ごと味噌カド/神奈川県】 アボカドと米味噌を使用。浅漬け風のあっさりしたみそ漬けに仕上げている。アボカドのコクと味噌の風味がよく合う

漬物とは何か

アボカドに至ってはもはや漬物の枠をはみ出しているような気もするが、松田さんにエントリー基準を尋ねたところ「応募する人がこれは漬物だと思えば漬物です!」という力強い答えが返ってきた。

漬物とは理屈ではなく、パッションなのかもしれない。
さて、すっかり漬物に魅せられた僕は、さらなる夢に向けてご飯を補充
さて、すっかり漬物に魅せられた僕は、さらなる夢に向けてご飯を補充
そう、夢の「漬物丼」である
そう、夢の「漬物丼」である
これだけの漬物たちが一堂に会する場面に出くわすことは、僕の人生においておそらくこの先二度あるまい。最強の漬物丼を食す唯一無二の機会を逃すわけにはいかない。
その頃、背後では審査が大詰めを迎えていた
その頃、背後では審査が大詰めを迎えていた
まさに男の浪漫。ひとつひとつ噛みしめながら食しました
まさに男の浪漫。ひとつひとつ噛みしめながら食しました

各ブロック大会も順次スタート

ちなみに、一次審査を通過した漬物たちがお目見えするブロック大会は、11月23日の西日本大会(イオンモールKYOTO)を皮切りに、各エリアで順次開催される。見学もできるそうですよ。

※詳しくは、下記「第4回 T-1グランプリ」HPを参照。
http://t1gpx.com/
マジ食い
マジ食い
 ▽デイリーポータルZトップへ  


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓