フェティッシュの火曜日 2013年11月12日
 

タマゴから生まれるおいしいキノコ、タマゴタケ

見つけやすすぎるキノコ、それがタマゴタケ

人生初のタマゴタケに感動していたら、どんどん先を行っていたお母さん達が、早くも次のタマゴタケを見つけたようだ。

今度はちょっと藪に入った場所に生えているのだが、その派手なオレンジの傘のおかげで、遠くからでもすぐに見つかる。

タマゴタケ、食用なのにものすごく不用心だ。
「ほら!そこ!早く!」
「ほら!そこ!早く!」
遠くからでもすぐに見つかる。
遠くからでもすぐに見つかる。
今度のタマゴタケは、傘が開き切って少し経った、老菌に近い状態だ。

さっきの地面から出てきたばかりのまだ若いタマゴタケにあった幼さは消え、アダルティな魅力をたたえている。

そしてやっぱり毒キノコっぽい。
少し落ち着いた色になった傘のグラデーションが味わい深い。
少し落ち着いた色になった傘のグラデーションが味わい深い。

自分で見つけて感無量

これだけ探しやすいキノコなので、すぐに私も見つけることができた。

事前の情報通り、今年はタマゴタケの当たり年。さらにこの日は特に発生数が多かったようで、3歳の子供でも疲れない程度の距離を探しただけで、十分な収穫があった。
ちょうど傘が開いたところのタマゴタケ。青春まっただ中という感じだろうか。
ちょうど傘が開いたところのタマゴタケ。青春まっただ中という感じだろうか。
能登半島あたりの工芸品のような美しさ。
能登半島あたりの工芸品のような美しさ。
トラネコのぬいぐるみとよく似合う。
トラネコのぬいぐるみとよく似合う。
傘がそっくり返った状態のタマゴタケ。ヒダが黄色いのがタマゴタケの特徴。
傘がそっくり返った状態のタマゴタケ。ヒダが黄色いのがタマゴタケの特徴。
もはやエロチックでさえある、愁いを帯びたタマゴタケの傘。
もはやエロチックでさえある、愁いを帯びたタマゴタケの傘。

タマゴタケの仲間にはたいてい毒がある

タマゴタケはその特徴的な外見から、ちゃんと知ってさえいれば間違えることは少ないキノコだとは思うが、タマゴタケが属するテングタケの仲間は、だいたい強い毒がある。

その毒にこそ強い旨味があるという話もあるが、それを試すときっと死ぬ。
白くてトゲトゲしているのは確実に毒キノコ。タマシロオニタケかな?
白くてトゲトゲしているのは確実に毒キノコ。タマシロオニタケかな?
コタマゴテングタケっぽいが、図鑑と見比べても素人には判定できないのがキノコの世界。
コタマゴテングタケっぽいが、図鑑と見比べても素人には判定できないのがキノコの世界。
タマゴタケは無毒とされているが、タマゴタケが大好きで、タマゴタケだけを何十本も一気に食べたら、視界がキラキラしてきたというキノコマニアの話を聞いたこともあるので、もしかしたらなにか怪しいマジカルな成分を、多少は持っているのかもしれない。
タマゴタケはとても崩れやすいので、どんなに美しくて美味しくても、なかなか流通は難しいようだ。
タマゴタケはとても崩れやすいので、どんなに美しくて美味しくても、なかなか流通は難しいようだ。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓