はっけんの水曜日 2013年11月13日
 

外骨格ロボや立体地下鉄路線図に鼻息を荒くした「Maker Faire Tokyo 2013」

ロボットっぽい「外骨格スーツ」

最後にいちばん衝撃的だったチームスケルトニクスさんの外骨格スーツを紹介したい。
ロボット……ではない、でもカッコイイ!
ロボット……ではない、でもカッコイイ!
見た目は完全にロボットである。例えが微妙に古くて申し訳ないのだけど、しかし、動力は人力のみ、身体の動作が2倍になる「動作拡大スーツ」だ。
後ずさりしてるように見えますが、実際にはしてないです
後ずさりしてるように見えますが、実際にはしてないです
もう、単純にデカイものが動くというそれだけで見ていて面白いし、歩くたびに「ガシャリ、ガシャリ」となる音にもしびれる。

これはぜひ着てみたい! ……けれど、残念ながらスーツは、搭乗者のサイズに合わせて制作するため、気軽に乗ることはできない。
このスーツでコマネチをやってほしい
このスーツでコマネチをやってほしい
実演終了後は子供たち(特に男子)に囲まれる
実演終了後は子供たち(特に男子)に囲まれる
人力を補助するような動力はついていないため、例えば災害救助や介護といった用途には使えないけれど、見た目のインパクトからかエンタテインメント業界からの問い合わせが多いのだそうだ。

衝撃の連続だった

今回紹介したものは、出店者のほんのごく一部でしかない。ここで紹介した何倍もの出展者が様々な作品を展示していた。
とてもじゃないけれど、2日ぐらいでは全て回るのはちょっとムリなぐらいボリュームと熱量があった。
そしてその熱にあたったのか、しょうゆかけすぎ機は2日目に壊れた。
展示品が次々と壊れていくさまは、七人の侍が次々と斃れていくような壮絶さがあった
展示品が次々と壊れていくさまは、七人の侍が次々と斃れていくような壮絶さがあった

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ