ロマンの木曜日 2013年11月14日
 

来場者をハトにするイベント

ハトを増やしていました
ハトを増やしていました
今年の2月にハトのマスクを買った。
その興奮は「ハトになりました」で書いたが、そのあともハトマスクを購入して個人的にイベントなどを開催していた。
2月以降のハトマスク活動についてまとめた。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

明らかになる趣味

ハトマスクを買って思ったのは、もっとハトを増やしたいということだ。例えば地下のミスターミニッツで待っているOLがみんなハトだったらおもしろい。なかで靴の修理をしている人もハトだといい。
おもしろいというか僕の隠れた嗜好が明らかになったような気もする。

3月、衝動に任せて8枚追加で買った。

おかげでたまたまストリートビューに写りこむこともできたし、イベントやヒカリエの編集部で会った人に次々ハトマスクをかぶせていた。
編集部に遊びに来るとハトに
編集部に遊びに来るとハトに
ワークショップ参加者もハトに
ワークショップ参加者もハトに
カルチャーカルチャー楽屋にて、左・八谷和彦さん、右・AR三兄弟川田さん
カルチャーカルチャー楽屋にて、左・八谷和彦さん、右・AR三兄弟川田さん
弊社社長
弊社社長
ヒカリエは編集部に見せかけた人類ハト化計画の基地となっていた。

アマゾンで買えるようになってた

ハトマスクはArchieMcpheeというショップで売っている(でも日本からは購入不可)。

と思ったらいつのまにかアメリカのアマゾン(Amazon.com)でも取り扱っていたのでここで買うのが手っ取り早い。日本のアマゾン(Amazon.co.jp)のアカウントは使えないので別途アカウントをとる必要はある。
!
余談だがハトマスクがアメリカのアマゾンで高評価なのがおかしい。レビューも

「私の人生は完璧だ」
「私は、次のハト・ショーまで待つことができません!」
「これまで買ったなかで最高のハトマスク」

とおかしなテンションで埋め尽くされている。

イベントの前に関税が立ちはだかる

さらに調子に乗って、参加者全員がハトになるというイベントを開催することにした。場所は昔からイベントをやっているロフトプラスワン。

来場者全員に配るのでハトマスクが110枚必要である。ハトマスクを卸売りのサイトで大量に購入したら安く買うことができた。そこにもろもろ手数料・送料・経費などを加え、ロフトプラスワンと話し合いの結果イベント入場料は3999円になった(4000円台は高いので1円引いた)。

イベントで配るものなので商用利用になってインボイスという書類を書いて関税も払った。約25,000円、荷物を運んできたヤマト運輸の人に払う。高いのかどうかよく分からない。TPPに加入するとこういう金額も変わってくるのかもしれない。

しかし僕の人生でTPPについて考える日が来るとは思わなかった。しかもハトで。
「輸入(納税)申告書控(内国消費税等課税標準数量等申告内容変更控兼用)」 漢文かと思うような名前の書類
「輸入(納税)申告書控(内国消費税等課税標準数量等申告内容変更控兼用)」 漢文かと思うような名前の書類
廊下に積み上がるハトマスク
廊下に積み上がるハトマスク
たくさん入っているのはこれはこれで気持ちわるい
たくさん入っているのはこれはこれで気持ちわるい
届いたハトマスクは5箱。
なかのハトマスクはビニールでくるまれているにもかかわらずすごいゴム臭だった。110枚のハトマスクのせいで家がしばらくゴム臭かった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ