ちしきの金曜日 2013年11月15日
 

小さすぎる公園めぐり(渋谷・新宿・池袋方面)

小さすぎるだけじゃなくクセの強い公園が多かった
小さすぎるだけじゃなくクセの強い公園が多かった
3年前、自宅の近所でものすごく小さい公園を見つけた。あまりの小ささに驚き興奮して、いろいろ調べたらほかにもものすごく小さい公園があるらしいことを知り、いくつかの公園をめぐった記事を書いた

その後、いろんな場所でものすごく小さい公園を見つけ、小さすぎる公園見たい欲が燃え上がった。そこでふたたび、小さすぎる公園を探して歩き回った。

今回は東京でも有数の繁華街を抱える渋谷区、新宿区、豊島区である。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


まずはおさらい

とりあえず、まずは自宅の近所で見つけた小さすぎる公園を見ていただきたい。
近づくまではゴミ置き場だと思っていた
近づくまではゴミ置き場だと思っていた
あくまで目測だけど、およそ幅3m、奥行き5mほどの小さな空間。単純計算で15平方メートル、約5坪。畳に換算すると10畳。だけど鉄棒とすべり台が鎮座し、立派な公園である。

マンションの敷地内にあるので、おそらくこのマンションの施設の一部なのだと思う。ということは、このマンションで子供時代を過ごした人の中には、幼少期の記憶に残る公園がここだという人もいるのだろう。

本当に思い出は人それぞれである(勝手な想像だけど)。
入口から撮影した公園の全景
入口から撮影した公園の全景
こんなスペースでも子供が4、5人集まったら野球とかできてしまうのだろうか
こんなスペースでも子供が4、5人集まったら野球とかできてしまうのだろうか
改めて見ても、いやー小さい。小さすぎる。しかし、3年前の記事を見返しても、大きさ、遊具の種類や配置など、どれをとってもこの公園がもっともバランスのとれた小さすぎる公園と言えると思う。果たして、この公園を超える小さすぎる公園はあるのか。

と言うわけで、今回は渋谷区から調査を開始。まずは区の南端にある恵比寿駅に降り立った。

渋谷区/恵比寿南まちかど公園

恵比寿駅から徒歩5分くらい、坂を登った先のオフィスビルの角に、恵比寿南まちかど公園がある。...いや、正確にはあるはずだった。
恵比寿駅西口で降りて
恵比寿駅西口で降りて
坂を登っていくと
坂を登っていくと
オフィスビルの脇に目指す公園が
オフィスビルの脇に目指す公園が
...あるはずだった...?
...あるはずだった...?
小さすぎてベンチも何もない公園があったと思われる場所は、なんと駐輪場になっていた。駐輪場の名前が公園名なので、この場所で間違いないと思う。

やっぱり小さすぎる公園では誰も得しない、ということなのだろうか。いきなり企画を全否定の様相である。
たぶんここだったのだけど
たぶんここだったのだけど

大きな地図で見る
ストリートビューではまだ公園なのだ
それにしても、ストリートビューでは「駐車禁止」の貼り紙がこれでもかと並んでいるのに、その後に駐輪場になってしまう変わり身の早さというか柔軟さには驚く。ストリートビューでも公園の中にバイクが止まっているのが見えるし、管理側と利用者側の思惑が一致したのかもしれない。

それか、この駐輪場会社の営業がものすごいやり手なのか。

渋谷区/恵比寿四丁目児童遊園地

続いては、いったん駅に戻り線路の反対側に出て少し歩いた場所にある、恵比寿四丁目児童遊園地。ここもデータで見る限り何もない小さな公園のようだった。
駅前から続く大きな道から少し入った場所に
駅前から続く大きな道から少し入った場所に
目指す公園があった
目指す公園があった
いままでの小さい公園にはなかったアイテムが!
いままでの小さい公園にはなかったアイテムが!
奥の方に見えるベンチ以外、遊具と呼べるようなものは何もないただの小さな広場。だけどここには自動販売機があった。つまり子供が遊ぶ公園というより、近くで働く会社員がオフィスを抜け出して一息つく場所とみるのが正しいだろう。

実際、渋谷区内の小さな広場型公園はこういった雰囲気の場所が多かった。ちなみにこの日は、近くの工事現場の警備員さんが休憩していた。
ここは事前に駐輪場化を阻止!
ここは事前に駐輪場化を阻止!
しかし利用の決まりは木に埋もれていた
しかし利用の決まりは木に埋もれていた

渋谷区/広尾一丁目児童遊園地

今度は北上して明治通りへ。瀟洒な大通り沿いを歩いていると、金網に囲まれた小さな公園が現れた。ここが広尾一丁目児童遊園地らしい。
広尾という地名だけでやや押され気味
広尾という地名だけでやや押され気味
なぜこんなにフェンスが厳重なのか
なぜこんなにフェンスが厳重なのか
それほど小さくないか
それほど小さくないか
実際に見てみると、ここはそれほど小さくなかった。いや、走り回って遊べるほど大きくはないけど、小さすぎる公園界、この半分くらいの大きさの公園もザラにある。

しかし、奥の方が気になった。先が見えなくなっているのだ。
下に向かってる?
下に向かってる?
なんとすべり台があった!
なんとすべり台があった!
公園の奥は数メートル低くなっていて、下に向かってすべり台が伸びていた。都心にこんなダイナミックな公園があったとは。その先には渋谷川が流れている。つまりこの段差は渋谷川が削った崖線なのかも知れない。
看板が立つということは実際に起きたということだろう
看板が立つということは実際に起きたということだろう
柵の向こうは渋谷川が流れている
柵の向こうは渋谷川が流れている
用を足すときは、その、なんだ、こう、フェンスの隙間に入れるのだろうか
用を足すときは、その、なんだ、こう、フェンスの隙間に入れるのだろうか

渋谷区/渋谷四丁目まちかど庭園

次の公園もさらに北上、六本木通りを目指す。

上空を首都高速が通っている大通り沿いに、何やら小さなステージのような場所があった。ここが、渋谷四丁目まちかど庭園らしい。
東京でも有数のオシャレエリアである
東京でも有数のオシャレエリアである
ステージのような装飾と段がついている、だけの公園
ステージのような装飾と段がついている、だけの公園
大きくカーブした階段で歩道から少し高くなっている公園は、ほぼ円形の敷地を半分囲むように背の高い木が並んでいて、正面から見るとシンメトリーになるように柱や柵が配置されている。まるで歌謡ショーの舞台装置のようである。いったいどういう意図なんだろう。
ここで路上ライブとかやったらどうだろう
ここで路上ライブとかやったらどうだろう
こういうの以外、公園名など書かれた看板はなかった
こういうの以外、公園名など書かれた看板はなかった
しかし、洗練された都会の街並みの中に、こういう方向性の違う施設が突然現れるのは面白い。区が造った公共施設が、どうして街並みから浮いてしまうのだろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓