コラボ企画 2013年11月19日
 

天からプロデューサー巻き

空飛ぶカーディガン(CM上の演出です)
空飛ぶカーディガン(CM上の演出です)
いま、プロデューサー巻きがキてるらしい。
1980年代後期のバブル時代に、テレビ局のプロデューサーが好んでしていた「カーディガンを肩から羽織って両袖を巻いた」格好で、プロデューサーの象徴にして記号の、あれだ。
あれが一回りして2013年にリバイバルしているという。
しかし、30年後の今の格好がバブル時代と同じでは意味がないだろう。
21世紀らしく、かっこよくプロデューサーになりたい。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:「ソフト安全靴を作る」
人気記事:「フクロウカフェがかなり来てる」

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

プロデューサーといえば、巻き

いきなり内部の話をするのもよろしくはないのだろうが、今回は、ニフティがこのほど開始した『うまいもんプロデューサー』というサービスとのコラボ記事である。
地方の食品メーカーが作った旨いものを、ユーザーの方がプロデューサーとなってヒットさせる、というものだ。

で、プロデューサーといえば、巻きだろう、と。
肩にカーディガンを巻けばプロデューサーだろう、と。
せっかくなので、みんなで格好良くプロデューサーになろう、と。

他に類を見ないほどザックリとしたスタートで、恐縮だ。

ちなみに打ち合わせの時、僕が「プロデューサー巻きって、いま本当に流行ってるんですか?」と漏らすと、編集林・古賀の両氏から少し食い気味に「いや、マガジンハウスの人がしてたから、ぜったい流行ってる」と返ってきた。
ファッション誌など多く出してる、銀座の出版社である。それはまあ流行ってるっぽいな。

いきなり暗礁に乗り上げかけるプロデューサーたち

理由は後述するが、今回の撮影はお台場の東京カルチャーカルチャーを借りて行うことになっていた。
待ち合わせの時間にカルカルに着くと、古賀さんが慌て気味にあちこち電話をかけている。
どうやら古賀さん、借りてきたカルカルの鍵を忘れてきたらしい。
本気で慌てる古賀さんと、それを見守るニフティうまいもんプロデューサー担当荒井さん。
本気で慌てる古賀さんと、それを見守るニフティうまいもんプロデューサー担当荒井さん。
一時は「カルカルは諦めて、外で撮影か?(昨日木枯らし一号が吹いたし、超寒いけど)」という流れになっていたのだが、幸いにも店内事務所にカルカルスタッフのワタルさんがいるのが判明し、事なきを得た。
ワタルさんありがとう。お礼は後ほど。
ワタルさんありがとう。お礼は後ほど。

21世紀のプロデューサー巻きとは何か

無事にカルカルに入れたところで、今回めざす21世紀の格好良いプロデューサー巻きについて確認しておこうと思う。
肩にカーディガンを羽織って…という形式は変えようがない。変えたらもうプロデューサーじゃないからだ。となれば、羽織るプロセスを格好良くするのがポイントになりそうだ。
本当は袖を首の前で結ぶのが正式なプロデューサー巻き。不慣れですいません。
本当は袖を首の前で結ぶのが正式なプロデューサー巻き。不慣れですいません。
例えば、空中からふわりと舞い落ちてきたカーディガンが肩に「ふぁさっ」と落ちてきて羽織れたら、それは格好良くないか?
みんなでかんがえた、かっこよいプロデューサー像
みんなでかんがえた、かっこよいプロデューサー像
イメージとしては、『ヤッターマン』の変身シーンで、空中に放り投げた衣装がスローモーションで落ちてきて自動的に着られる、みたいな感じ。あの変身してる雰囲気が今回目指すところだ。
テキパキ準備を進める古賀さんと、その長い棒みたいなのは何に使うんだろうと不安げな荒井さん。
テキパキ準備を進める古賀さんと、その長い棒みたいなのは何に使うんだろうと不安げな荒井さん。

空からカーディガンが降ってくる

なんとなく方向性が固まったら、実際にやってみるのが手っ取り早い。端的に言えば見切り発車である。しかもかなり急行のやつで、さらに乗ったらもう終点まで降りる駅の無いやつだ。

最終電車を乗り越して終着駅のタクシー乗り場でぼんやり立ち尽くした、という経験がある人は、なんとなく理解してくれるだろう。あの時のあなたが、僕たちだ。

ともあれ、カーディガンを降らすには高い場所が必要だ。
今回の撮影場所にカルカルを選んだのは、カルカルにデカい脚立があったから。
天井まで届く、3mぐらいのやつだ。
脚立ツリー。乗ると超こわい。1段ずつがでかい。3段ほど登っただけで足が震えた。
脚立ツリー。乗ると超こわい。1段ずつがでかい。3段ほど登っただけで足が震えた。
この脚立の上からカーディガンを落として、下にいる人の肩にかけてプロデューサーに仕立て上げようという寸法だ。
天からカーディガン担当、林さん。僭越ながらプロデューサーはきだてが担当。
天からカーディガン担当、林さん。僭越ながらプロデューサーはきだてが担当。
プロデューサーはこんな感じで作られる。
プロデューサーはこんな感じで作られる。

まずはNG集

結果から言っておくと、この時点ではまったく成功しなかった。
第一投目のGIFアニメを見ていただきたい。
洗濯したカーディガンを雑に干してる、みたいな。
洗濯したカーディガンを雑に干してる、みたいな。
とにかく狙ったところにカーディガンが落ちない。ひらひらと安定しないのだ。
この状態では下にいる人間がプロデューサーになるなんて、夢のまた夢である。
これ以降20投ほど、だいたいこんな感じだった。
はやく乾け。
はやく乾け。
床に落ちたカーディガンは、河原の濡れた段ボールぐらい悲しい。
床に落ちたカーディガンは、河原の濡れた段ボールぐらい悲しい。
自分から受けに行っても駄目。
自分から受けに行っても駄目。
古賀さんも挑戦。
古賀さんも挑戦。
ひどい有様だ。
ひどい有様だ。
ひとつ気付いたことは、成功事例を紹介する前にNGシーンをまとめて並べると、そこそこちゃんとしたドキュメンタリーっぽくなるんじゃないか、ということだ。

特に古賀さんの失敗シーンは、脚立に登った酒乱の亭主にカーディガンをぶつけられている、みたいな写真になっていて涙を誘う。
実際は上司と部下で自社サービスのプロモーションをやっている図なのだが、そんな要素は何ひとつ感じられない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓