コラボ企画 2013年11月25日
 

身近にある20周年を思う

代官山とフェラーリとおれ(※本文とは特に関係ありません)
代官山とフェラーリとおれ(※本文とは特に関係ありません)
どんなことであれ、長く何かを継続するというのは尊い。それが10年、20年ともなればなおさらだ。ふだんはあまり気に留めることもないが、じつは身近な場所にも人知れず長い年月を重ねてきたものは溢れているのだ。

そこで、今年20周年を迎えたモノ、コト、人にフォーカスしつつ、20年前、つまり1993年という時代の風景がどんなだったか、今一度思い出してみたい。

1980年生まれ埼玉育ち。東京の「やじろべえ」という会社で編集者、ライターをしています。ニューヨーク出身という冗談みたいな経歴の持ち主ですが、英語は全く話せません。

前の記事:「日本最高の漬物を決めるグランプリ」
人気記事:「パレスチナおふくろの味が東京に」

> 個人サイト Twitter (@noriyukienami)

あのチョコレートが20周年

なぜ突然そんなことを言い出したかというと、当サイトでも何度かお世話になっている森永製菓の人気チョコレート「ダース」が今年20周年を迎えたからだ。これはめでたい。
おじさんでも照れずに食べられるチョコレートだと思う
おじさんでも照れずに食べられるチョコレートだと思う
20年。改めて言葉にすると、やはり何とも重い響きがある。当時、おしめの赤ちゃんも成人となり、働き盛りのお父さんは定年を迎える。どんなに優しかった女房だって、20年も経てばつれなくなる。

日数にして7300日、時間にして17万5200時間。それだけの歳月、いつまでも変わらずそこに有り続ける。それが、どれだけ貴重なことか。
おめでとう!
おめでとう!
さて、では今から20年前、1993年とはどんな時代だったのか? ざっと当時の出来ごとを振り返ってみよう。時代はバブルがはじけた2年後。日本社会が、その後長く続く暗闇の入口に足を踏み入れた頃である。7月の衆議院議員総選挙では自民党の議席が過半数を割り、38年ぶりの政権交代も起こった。まさに、激動の年といえるかもしれない。

スポーツ界でも印象的な出来事が多い。曙が外国人力士初の横綱になり、若貴兄弟とのライバル対決で角界を盛り上げた。また、Jリーグが開幕したのもこの年で、10月にはドーハの悲劇も起こっている。

あの時、日本がワールドカップ常連国になるなんてポジティブな未来はとても描けなかったし、若貴がこんなことになるなんて想像もできなかったし、曙がちゃんこ屋ではなくステーキハウスの大将になるとも思わなかった。20年…ああ、20年。
ちなみに、アフター5に代官山に繰り出すのが当時のトレンディ
ちなみに、アフター5に代官山にくりだすのが当時のトレンディ

トレンディが正義だった当時

1993年当時を振り返るにあたり、当時のトレンディファッションに身を包み、これまた当時のトレンディスポットである代官山のカフェーにくりだしてみた。肩パットがしっかり入ったダブルのスーツは当時の最先端ファッション。男性用トイレのピクトマークみたいな逆三角形がモテの象徴だったのだ。当時のJリーガーは、たぶんみんなこんな格好をしていた。あと、当時絶大なる人気を誇っていた男性2人組デュオの片方もこんな格好していた気がする。こんな太ってなかったけど。

その時、おれの横を真っ赤なフェラーリが駆け抜けた。まさにYAH YAH YAHな気分だ
その時、おれの横を真っ赤なフェラーリが駆け抜けた。まさにYAH YAH YAHな気分だ

20年間使い続けているドライヤー

上の写真は、たまたまトレンディな車が横を通り過ぎた瞬間をおさえたものだが、まるで愛車みたいに見えるのは僕がトレンディだからだろう。



本題に移ろう。20年についてである。まず取り上げるのは「20年間愛用しているアイテム」だ。いくら物持ちがよくても、20年間同じものを使い続ける人はそうはいまい。
と思ったら、すごい近くにいた。当サイトライターの安藤さんが持っているこのドライヤー、20年間愛用している品だという
と思ったら、すごい近くにいた。当サイトライターの安藤さんが持っているこのドライヤー、20年間愛用している品だという
これはそうとうな思い入れがあるに違いない。話を聞いてみた。

──いつ買ったものですか?

「ちょうど20年前、ひとり暮らしを始めるタイミングで。自分で買ったんじゃなくて、たぶん母親がダンボールで送ってくれた生活用品一式の中に入っていたものだと思います」

──お母さんの愛情が詰まった思い出の品ですね。そうとう思い入れが強いでしょう。

「いや、ぜんぜん 。確かにボロいけどまだ使えるから使っているだけで、それほど大した思い入れはないっす」

お金がなかった時、これのHOTを暖房代わりにしたとか、いったん質屋に入れたけどお金を溜めて買い戻したとか、そういうエピソードを聞きたいのに安藤さんの答えは意外にもそっけない。「単に捨て時がなかったんですよ」と安藤さんは言うのだが、ドライヤーの状態を客観的に見ると、捨て時は何度も訪れているように思えてならない。
【捨て時その1】送風口の先端が紛失した時
【捨て時その1】送風口の先端を紛失した時
【捨て時その2】コードのビニールがめくれ、電線が剥き出しになった時
【捨て時その2】コードのビニールがめくれ、中の線が剥き出しになった時
【捨て時その3】切り替えのスイッチがいかれ、「LOW」しか使えなくなった時
【捨て時その3】切り替えのスイッチがいかれ、「LOW」しか使えなくなった時
──でもこれ、けっこう色んなところ壊れてますよね。「弱風」しか出ないし、送風口の先端なかったらちゃんと乾かないでしょ。

「いや、ぼくそもそもドライヤーあまり使わないんですよ。嫁もパーマだし。子どももこれを使ってるけど、べつに不満はないですよ」

──そこまで使い続けるからには、そうはいってもやはり愛着が強い…

「いや、ぜんぜんないっす(食い気味で)」

パーマだからドライヤーを使わないという理論はよく分からなかったが、とにかくそんなに大層な思い入れはないようだ。20年モノならではのエピソードはとくに引き出せなかったが、安藤さんの物持ちの良さっぷりはとてもよく分かった。ちなみに、「じゃあいつ捨てるんですか?」と聞いたら「風が出なくなったら」と言っていた。ぎゃふん。
ちなみにシールはちゃんと剥がさないのが安藤流
ちなみにシールはちゃんと剥がさないのが安藤流
ただ、安藤さんは我が子に「モノは大切に使うように」と教育しているそうで、その象徴がこのドライヤーなのかもしれない。父親がここまで筋金入りだと、そりゃあ物持ちの良い大人に育つだろう。
トレンディーな味だぜ(※本文とは関係ありません)
トレンディーな味だぜ(※本文とは関係ありません)

あなたの周りにある20年物を教えてください!

身近にある20年以上使っている物、20年前に買った物、20年続いている活動などあれば「20年物見たいわ」に投稿してください。お待ちしています!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓