フェティッシュの火曜日 2013年11月19日
 

博物館の人にどこがおもしろいのかきいてみる

アンモナイト博物館でアンモナイトどこがおもしろいんですか?ときいてみる
アンモナイト博物館でアンモナイトどこがおもしろいんですか?ときいてみる
伊豆にはいろいろな博物館がある。たとえばアンモナイト博物館。

アンモナイト、おもしろいのだろうか。もちろんそれはおもしろいにちがいないだろうけど……地味じゃないか。それだけで博物館にしていいのだろうか。

どこがおもしろいんですかアンモナイト? 失礼を承知で博物館の人にきいた。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます

前の記事:「まだ建つのか!今度はヒノキのスカイツリーが建った」
人気記事:「リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

伊豆高原らしいしゃれた家といった趣だが、よく見れば置き石がアンモナイトだったりする
伊豆高原らしいしゃれた家といった趣だが、よく見れば置き石がアンモナイトだったりする

伊豆高原にアンモナイト

これこれこうでと説明すると、どうぞどうぞこちらへと吉池館長の奥さんの悦子さんが案内してくれた。

名刺をみると伊東温泉おもてな師マイスターと書いてある。よくわからないが、さすがだ。
来るのはほとんどファミリーらしい。一家でアンモナイトか。渋い。
来るのはほとんどファミリーらしい。一家でアンモナイトか。渋い。
うわ〜、大体巻いてる〜
うわ〜、大体巻いてる〜
いい場所に恐竜の頭がある。アンモナイト、やっぱり地味なのかな……
いい場所に恐竜の頭がある。アンモナイト、やっぱり地味なのかな……

家族でアンモナイトを見に来る

「ほんとは近くでアンモナイトが採れると一番いいんですけどね」

たまたま家があったことと、他に個人の美術館などが多いこともあってこの伊豆でアンモナイト博物館をやっているらしい。

客層はファミリーがほとんどで、マニアの人は一割くらい。「こんなにアンモナイト見るのははじめてだわ、といわれる方がほとんどなんですね」だそうだ。

そうか、もしかしたらこういう博物館の人って「どこがおもしろいの?」の相手ばかりしているのかもしれない。
これがアンモナイト。しかし体は想像でしかないらしい。
これがアンモナイト。しかし体は想像でしかないらしい。

アンモナイトとは?

「アンモナイトって名前は有名ですが、ぐるぐるうずまきくらいの知識で止まってる方が多いですよね。あとは高校の地学の教科書で見たかな、くらいの」

ここから悦子さんによる「アンモナイトとは?」案内をしてもらった。ふだんもこれをするのだろう。以下はわかったことの箇条書き。

・アンモナイトは4億年前に出てきて6500万年前くらいにいなくなった。恐竜とほぼ同じ。人類との接点はない。
・アンモナイトは大繁栄して1万から2万種くらいある
・化石に残るのは硬いところだけなので、アンモナイトの殻が残る
・アンモナイトの体がどうなってるかはだれも知らない
・アンモナイトはイカとかタコの仲間、今だとオウムガイが近い
・なぜかというとイカと同じくちばしが出てきてるから
・アンモナイトは必ずしも渦巻きではない

化石に残るものって硬いところだけとかそのレベルから驚いてはいたけど、こういう話はたしかにおもしろい。しかしまだ概論。好きになるかはまだ早い。
アンモナイトは大体恐竜と同じくらいにいなくなった。大繁栄して1万から2万くらいの種類がある。
アンモナイトは大体恐竜と同じくらいにいなくなった。大繁栄して1万から2万くらいの種類がある。

1.種類の多さ

この入門の話で一つ、趣味としてアンモナイトのおもしろさが出てきた。それが種類の多さ。1〜2万種(※)もあればマニアが飽きることもないだろう。

しかもアイデンティティと思われていたうずまきでさえもなくなるとのこと。変化の多さとダイナミックさ。広く深い世界がこのぐるぐるにやっぱりあった。

※自動車とかよりも多いんじゃないの!?とおもったが、自動車はガリバーのサイトに載ってるだけで7万7千種あった。自動車対アンモナイトは自動車の勝ち。
これもアンモナイト。自由な形をもった細長いものを(……うんこみたい)と思ってしまう我々の脳の愚かさよ!
これもアンモナイト。自由な形をした細長いものを(……うんこみたい)と思ってしまう我々の脳の愚かさよ!
洗濯機から汚れた水をどんどん排出してくれそうなアンモナイトたち
洗濯機から汚れた水をどんどん排出してくれそうなアンモナイトたち

2.形のおもしろさ

そしてアンモナイト最大の強み。それはそもそもおもしろい形をしてるということ。

「造形として好きになる方はすごく多いです。デザイナーの方ですとか画家の方ですとか。

うずまきは安定感があって好まれる形だと思うんですね。時代文化とわず世界共通で。永遠につづくとか成長のシンボルとかいわれていますね」

デザイナーにアンモナイトファンが多いというのも"あるある"ならぬ"ありそう"度が高い。「へんな髪型した数学の先生はサイドカー乗ってそう」級の"ありそう"度だ。
アンモナイト断面図。体が入ってるのは入り口のとこだけで、あとは空気の部屋なんだそうだ。ぐるぐるは浮き輪だったのか。
アンモナイト断面図。体が入ってるのは入り口のとこだけで、あとは空気の部屋なんだそうだ。ぐるぐるは浮き輪だったのか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓