フェティッシュの火曜日 2013年11月19日
 

あっちこっちにある東照宮

日光以外にも、意外とあっちこっちにあるもんだ
日光以外にも、意外とあっちこっちにあるもんだ
先月、「世界最長の並木道『日光杉並木』を踏破したかった」という記事を書かせて頂いた。日光東照宮への参詣道沿いに植えられた杉並木を、頑張って歩き通そうという記事である。

そして、今回もまた東照宮についての記事だ。ただし、今度は日光東照宮ではなく、日光以外の場所にある東照宮に焦点を当てたいと思う。

ご存じだろうか、江戸幕府初代将軍徳川家康を祀る神社「東照宮」は、日光のみならず日本各地に存在する事を。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「夜景を見に、真夜中の羽田空港へ」
人気記事:「命がけの紅葉狩り〜黒部峡谷下ノ廊下を歩いた」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

東照宮の大ボス「日光東照宮」

というワケで、今回は日光以外にある東照宮をご紹介……するのだが、その前に、まずは日光東照宮をおさらいしておこう。

日光東照宮は全国に散在する東照宮の総本社、すなわち東照宮の親玉という位置付けである。広大な境内に建ち並ぶ社殿群は、江戸幕府三代将軍徳川家光によって寛永13年(1636年)に建てられたものだ。

おじいちゃん大好きっ子であった家光は、それはもう、凄まじく立派な社殿を建立した。現在はほとんどの社殿が国宝や重要文化財に指定されており、日光は東日本随一の文化財密集地帯となっている。
はい、出ました。泣く子も黙る日光東照宮
はい、出ました。泣く子も黙る日光東照宮
その境内は、いつも多くの参拝客で賑わっている(人が映ってない写真を撮るのはなかなか大変)
その境内は、いつも多くの参拝客で賑わっている(人が映ってない写真を撮るのはなかなか大変)
日光東照宮のシンボル、陽明門
日光東照宮のシンボル、陽明門
黒と白で彩られている、おびただしいまでの彫刻に圧倒される
黒と白で彩られている、おびただしいまでの彫刻に圧倒される
社殿を囲む塀までも、「よくもまぁここまで」と思うくらいに豪華
社殿を囲む塀までも、「よくもまぁここまで」と思うくらいに豪華
伝説の大工「左甚五郎」の眠り猫も、もちろんあるよ
伝説の大工「左甚五郎」の眠り猫も、もちろんあるよ
社殿の裏手には宝塔があり、これが家康の墓である
社殿の裏手には宝塔があり、これが家康の墓である
日光東照宮は社殿もまた豪華なのだが、私が訪れた時は修理の真っ最中であり、全体が布に覆われて外観を見る事はできなかった。

代わりと言ってはなんだが、同じく日光山内に存在する「大猷院(たいゆういん)」本殿の写真を載せておこう。

大猷院は徳川家光の霊廟であり、その社殿は金と黒を基調とした、これまた眩いまでに豪華な建築である。
ででーんと建つ大猷院の本殿
ででーんと建つ大猷院の本殿
うーん、こうして改めて見ても、やはり日光東照宮の豪華さは無類である。

右を向いても、左を向いても、鮮やかな色彩の彫刻がこれ以上無いくらいにてんこ盛り。それらを眺めていると、なんとなく胸焼けがしてきそうな気さえする。

……とまぁ、さすがと言うべき日光東照宮。日本全国に散らばる他の東照宮は、さてはて、どんな感じなのだろう。

元祖東照宮「久能山東照宮」

晩年の徳川家康は、現在の静岡県静岡市に位置する駿府城に住んでいた。

元和2年(1616年)に死去する間際、家康は「自分の遺体は久能山に納め、一周忌が過ぎたら日光に小さな堂を建てて祀るように」と遺言を残したという。その遺言通り、家康が最初に埋葬されたのが、静岡市の駿河湾沿いにそびえる久能山だ。

翌年の元和3年(1617年)には久能山東照宮が建てられ、その歴史は日光東照宮よりも古く、久能山は東照宮の発祥の地、いわば東照宮の元祖なのである。
久能山東照宮は久能山の上にあるので、辿り着くまでが大変だ
久能山東照宮は久能山の上にあるので、辿り着くまでが大変だ
結構急な九十九折りの石段を、えっちらほっちら上って行く
結構急な九十九折りの石段を、えっちらほっちら上って行く
頂上からの眺めが素晴らしかった
頂上からの眺めが素晴らしかった
さらに進んでいき、門の奥に見えたのが久能山東照宮の社殿
さらに進んでいき、門の奥に見えたのが久能山東照宮の社殿
これまたカラフルな社殿である
これまたカラフルな社殿である
黒、赤、金のコントラストが凄まじい
黒、赤、金のコントラストが凄まじい
2006年に塗り替えられたばかりなので、彩色も鮮やかだ
2006年に塗り替えられたばかりなので、彩色も鮮やかだ
社殿の裏、家康の遺体が一時的に埋葬された場所には、日光東照宮と同じように宝塔がたたずんでいる
社殿の裏、家康の遺体が一時的に埋葬された場所には、日光東照宮と同じように宝塔がたたずんでいる
いやはや、久能山東照宮もまた日光東照宮に負けず劣らず極めて豪華な社殿である。張り直されたばかりの金箔は光沢を失っておらず、カラフルな色使いも相まって、その派手さは日光以上かもしれない。

なお、東照宮の社殿はどこも「権現造り」という様式で建てられているのだが、久能山東照宮は一番最初に建立された権現造りである。日本建築史上においても重要な事から、2010年には国宝に指定された。

……とまぁ、日光と久能山は、それぞれ期待通りの立派さである。もっとも、片や総本社、片や元祖というワケで、当然といえば当然なのかもしれない。では次は、もう少し身近な東照宮を見てみる事にしよう。

東京都内に存在する、二つの東照宮である。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓