フェティッシュの火曜日 2013年11月26日
 

物置からひいおじいちゃんにまつわる資料が大量に出てきた

ひいおじいちゃんの、特にお葬式のときの資料が物置の中の茶箱からわさわさ出てきた
ひいおじいちゃんの、特にお葬式のときの資料が物置の中の茶箱からわさわさ出てきた
祖母宅にずっと前から何が入っているのか分からない物置がある。

10年くらい前に物置自体は取り替えたようだが、中身は入れ替えただけで30年近く広げていないらしい。

近く事情から住居に合わせて物置も取り壊すことになり、いよいよ中身の確認をしたところひいおじいちゃんにまつわる資料が大量に出てきた。

売ったら10万円になった。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。

前の記事:「古い「暮しの手帖」のくらべ記事を調べてみた」
人気記事:「古い「暮しの手帖」のくらべ記事を調べてみた」

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

わりとよくあることらしい今回の騒動

今回は取り壊すことになった祖母宅の物置をあけたところ

→古いガラクタばかりが出てきたと思ったら
→昭和7年に亡くなった曽祖父のもろもろの資料が下の方に入っており
→なにやら迫力があるので
→軍事資料専門の古書店の方に見てもらったら
→そこそこ貴重なものであることが判明し
→子孫保管分を除き10万円で引き取っていただいた

というのがその顛末である。

自分ちのことについてこのように書かせていただき恐縮ですが、古書店の方によるとよくある話だそうなので参考にも読んでいただければ幸いです。
これが問題の物置。住居の取り壊し前の大掃除で出たゴミなどに囲まれていた
これが問題の物置。住居の取り壊し前の大掃除で出たゴミなどに囲まれていた

取り壊しになる前に開かずの物置を開けよう

冒頭にも書いた通り物置は10年ほど前に新しくしたものの、中身自体は30年ほど前から全く手がついていない。

父がいよいよ内部を片づけるというので、興味から立ち会うことにしたのだった。

すでにある程度は父が片づけており、大胆に賞味期限をすぎた食品などが出てきていたらしい(ちなみに先日書いた「暮しの手帖」の古い号の数十冊も実はこの物置から出てきたものだそうだ)。
賞味期限が盛大に切れたジュース
賞味期限が盛大に切れたジュース
コンビーフも缶からして古い
コンビーフも缶からして古い
口に入れられる状況ではなさそうだということで、父がすべて中身を出して分別し終えていた。中身は「どろっどろだった」とのこと。オー。

そのほか、古い灰皿や鍋、箱の粉洗剤(アタック的な)などができていていたそうだ。

私が生まれた34年前のカレンダーも

そんなわけで、ガラクタばっかりだから期待はしないでよという父からバトンタッチする形で物置に詰め込まれたものを上からどんどん出していくことに。

最初に出土したのは大皿、小皿、急須と言った陶器類。

ほほう、などとひげをなぜながら一同で古い品々を楽しみつつ片づけていく。
かわいいけれど中が黒く変色(?)してしまっていた耐熱容器
かわいいけれど中が黒く変色(?)してしまっていた耐熱容器
なんか派手な壺
なんか派手な壺
「万葉頒布会」と箱にある陶器類もごっそり出てきた。月々いろいろな陶器が届いていたらしい
「万葉頒布会」と箱にある陶器類もごっそり出てきた。月々いろいろな陶器が届いていたらしい
こちらはクスリなどを量る秤らしい。しらべると「瓢箪秤」というものだった
こちらはクスリなどを量る秤。しらべると「瓢箪秤」というものだった
かと思えば私が生まれた1979年のカレンダーが出てきて泣く。祖母の字だ(生きてます)
かと思えば私が生まれた1979年のカレンダーが出てきて泣く。祖母の字だ(生きてます)
「一同」というのは、古い物好きのライター西村さんと地主さんが来てくれているからです(奥は父)
「一同」というのは、古い物好きのライター西村さんと地主さんが来てくれているからです(奥は父)

徐々に本気で古い物が出てき始める

34年前のカレンダーはさておきおおむねはガラクタである。

西村さん、地主さんには興味のあるだろう古地図や古いガイドブックを持って帰ってもらえるかもと思っていたのに申し訳ない……と焦るころ、徐々に本気で古い物が出てき始めた。
これは……祖母(左)!
これは……祖母(左)!
物置のはじに何にも入れられずに数枚の額縁が立ててあり、そのうちの1枚がなんと現在93歳の祖母の少女時代の写真であった。

祖母は大正9年生(1920年)まれ。その少女時代ということは1930年代の写真か。
こんな写真が残っているとは思いもしなかったとのこと(物置の奥の方は亡くなった祖父が管理していて祖母は内容をほとんど知らなかったそう)
こんな写真が残っているとは思いもしなかったとのこと(物置の奥の方は亡くなった祖父が管理していて祖母は内容をほとんど知らなかったそう)
しかも祖母、「この隣の子、幼馴染なんだけど女優になったのよ。SKD(松竹歌劇団)に入ってたの。朝霧鏡子さん」というじゃないか。

女優さんの知り合いがいたなんて知らなかった。西村さんがさっと検索すると1999年に亡くなる直前まで映画にも出演していたようだ。遺作は井筒和幸監督の「のど自慢」。おお、その映画知ってる。

「本名は水谷小夜子さんって書いてあります」と西村さんがいうと、「そうそう、さよちゃんって呼んでたわ」と祖母も懐かしそうだった。

この写真が出て、一同の間に少し物置の内蔵物への希望の空気が流れ始めた。
この下にも何か写真があるみたい!
この下にも何か写真があるみたい!
って、開けたらナポレオン(額縁にもともと入ってたやつですな)
って、開けたらナポレオン(額縁にもともと入ってたやつですな)
おじのボーイスカウトの賞状もあった。デザインがかっこい
おじのボーイスカウトの賞状もあった。デザインがかっこいい
続いての木箱をばこっと開けると浦島太郎の玉手箱風の箱が
続いての木箱をばこっと開けると浦島太郎の玉手箱風の箱が

ご先祖登場

この箱の中身、あけてみるとどうもいわゆる「お形見」のようだ。
もんぺの型、赤ちゃんの靴下、めがね、肩章やら
もんぺの型、赤ちゃんの靴下、めがね、肩章やら
祖母に聞くと誰のものかわからないという。品物からして一人の遺品ではなく、いろいろなご先祖の詰め合わせのようだ。豆菓子風に言うとご先祖アソートだ。

どうも亡くなった祖父が受けついでそのまましまってあったものらしい。
家計簿!
家計簿!
一冊入っていた手帳は見ると家計簿のようだった。昭和8年の10月からはじまっている。

めくれば日々きちんとつけるというよりも思い出したときにきまぐれにぽつりぽつりという感じで昭和25年までつけられていた。

激動の時代につけられたものだと思うのだが、罫線を無視して自由に書いたり大きくページを飛ばして最後のページにみっちり書き込むなど自由な書き方である。

この適当さ……子孫は私で間違いない!
めがねはつるが長かった
めがねはつるが長かった
使っていた本人にかなり似ているのではという写真が撮れた
使っていた本人にかなり似ているのではという写真が撮れた
これまで出てきた食器や道具は確かに古いとはいえ、あまりその古さに実感がわかなかった。

だがこうして直筆の文字や身につけていたものが出てくるとさすがにその古さが身にしみる。古さがリアルだ。

私も過去と繋がっているのだという実感がじりじりする。何か、たぐりよせる紐のようなもので繋がっている感じがあった。

そうか、これが血か。

茶箱から大量に曽祖父が

いまや誰か分からなくなってしまったご先祖に対してしみじみしつつ、ここからが私にとってはさらに怒涛であった。

物置の一番下の大きな茶箱。この中身が全部曽祖父に関する資料だったのだ。
この大きな箱に
この大きな箱に
どっさりと
どっさりと

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓