フェティッシュの火曜日 2013年11月26日
 

物置からひいおじいちゃんにまつわる資料が大量に出てきた

ほとんどが亡くなったときの記録

ここで「曽祖父」というのは私の父方の祖父の父にあたる人である。昭和7年に戦死している。

古賀伝太郎といってなにやら戦時中に有名になった人らしく、いつかの親戚のあつまりで「伝太郎さん、ウィキペディアに出てたわ〜」「へえ〜そりゃあそりゃあ〜、でウィキペディアってなに?」といった具合で名前があがっていたのは小耳にはさんでいた。

そのまま「へえ、ウィキペディアに〜」くらいの知識しかなかったのだが、身近な祖母宅の裏の物置にまさか大量の資料があるとは。
こちらが曽祖父、古賀伝太郎です。私もきちっと写真を見たのは初めてのこと。こ、こんにちは…。ひ孫の及子は元気です
こちらが曽祖父、古賀伝太郎です。私もきちっと写真を見たのは初めてのこと。こ、こんにちは…。ひ孫の及子は元気です
職業軍人で満州事変のころ劇的な戦死をとげたらしく、ずいぶん手厚く悔やまれたようだ。

祖母によると亡くなった現地と、出身地の佐賀、東京の3ヶ所で葬儀が行われたそうでそりゃあ記録資料も大量になるというものだ。
葬儀の様子が記録された写真アルバム
葬儀の様子が記録された写真アルバム
記録は手書きの巻物にも。絵がかわいい
記録は手書きの巻物にも。絵がかわいい
「記念巻物」という木箱には…
「記念巻物」という木箱には…
巻物になった弔電が大量に保管されていた
巻物になった弔電が大量に保管されていた
こんな感じでびっちり張り込まれている。この作業はマメだった祖父がやったのではと祖母(伝太郎さんが亡くなった当時、祖父は14歳だ。若くしてものすごいマメさ)
こんな感じでびっちり張り込まれている。この作業はマメだった祖父がやったのではと祖母(伝太郎さんが亡くなった当時、祖父は14歳だ。若くしてものすごいマメさ)
奥さん(私にとっての曾祖母)の古賀房子宛のお悔やみの手紙や写真も大量にあった
奥さん(私にとっての曾祖母)の古賀房子宛のお悔やみの手紙や写真も大量にあった
戦死したときの様子が載ったことで贈呈されたらしい雑誌
戦死したときの様子が載ったことで贈呈されたらしい雑誌
亡くなったときのことや葬儀の様子などを伝える新聞記事のスクラップも巻物になってこれまたたくさん(おそらく祖父製)
亡くなったときのことや葬儀の様子などを伝える新聞記事のスクラップも巻物になってこれまたたくさん(おそらく祖父製)
戦死をテーマにした長唄に
戦死をテーマにした長唄に
絵葉書
絵葉書
いよいよかというところでは銅像やら記念碑も立ったらしい。なんだなんだ
いよいよかというところでは銅像やら記念碑も立ったらしい。なんだなんだ
このころは「軍神」とも呼ばれていたそうでひいおじいちゃん、なんだかどえらいことになっていた。

そんなつもりないのに急に「ファミリーヒストリー」がはじまってしまった。

保管できるひとー!

新聞に載ったりなんだりというのは時代が時代だったから、ということなのだとは思うが何にせよ家族にとっては先祖にまつわる品々だ。

ぜひとっておきたいのだが資料が茶箱1杯分、そのほかに亡くなる以前のものも追加でぼろぼろと出てきている。

狭小住宅に住みこれからもその予定の私や父にもちょっと保管できる量ではない。
任命書(かたくていいい紙)も明治から昭和にかけて箱に入ってずいぶんあった
任命書(かたくていいい紙)も明治から昭和にかけて箱に入ってずいぶんあった
褒章の記、このサイン明治天皇の直筆じゃろうか
褒章の記、このサイン明治天皇の直筆じゃろうか
軍服(外套)まであってもうどないしたら
軍服(外套)まであってもうどないしたら
と思ってとりあえず着たらぴったりでびっくりした
と思ってとりあえず着たらぴったりでびっくりした
祖母によるとすでに叔父に保管してもらっている物もあるそうで、あとは可能なところを父や私やきょうだいで保管するのがよさそうだ。

写真などこれは、というものをより分けた。

それで残ったものについてだが、さすがに捨てることはできない。ちょうど西村さんが古地図を探すので行きつけの古書店が軍事資料も扱っているということだったので教えてもらった。

連絡を取ってみると、ものによっては引き取ってくれるという。

「ファミリーヒストリー」かと思いきや、さあここからは「開運! なんでも鑑定団」がはじまりますよ。

節操もなくNHKからテレビ東京へチャンネルを変えて先へ進みます。
鑑定団の団員(そいういう呼び方しないか)として神保町の秦川堂書店より永森さんご登場です
鑑定団の団員(そいういう呼び方しないか)として神保町の秦川堂書店より永森さんご登場です

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓