フェティッシュの火曜日 2013年12月3日
 

画材イベントが豆知識いっぱいだった

絵具、ボリューミー。
絵具、ボリューミー。
Twitterを眺めていたら、画材メーカーのホルベイン社がイベントを行うというツイートが流れてきた。
イベント詳細に「モデルクロッキー会」「水彩体験」などアーティスティックな内容が並ぶ中、なぜか「マーカー、絵の具、筆など画材のつかみ取り各種」という妙に砕けたものが混じっている。
クロッキー会に参加するような絵心はないが、筆や絵の具のつかみ取りは面白そうだ。
それぐらいの気持ちで行ってみたイベントが、想像以上に豆知識の宝庫で面白かったのだ。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

画材イベントは豆知識に溢れている

画材イベント。
画材イベント。
今回お邪魔してきたのは、日本の画材メーカーであるホルベイン画材とホルベイン工業による共催イベント『エンジョイペインティング フェア 2013 in TOKYO』である。

という冒頭の情報がいきなり豆知識だ。
まず「Holbein」というなんかカッコいい社名はルネッサンス期のドイツ人画家ハンス・ホルベインに由来しているということだが、会社自体は1900年創業の大阪の老舗画材メーカーである。
で、創業時の絵具製造部門が「ホルベイン工業」として絵具に特化、舶来の洋画材を扱っていた卸部門が「ホルベイン画材」となり、現在では絵具以外の画材を生産している。

絵具とそれ以外の画材は、同じ名前だけどそれぞれ別会社だった、という二段構えの豆知識である。
【豆知識】ホルベイン工業は絵具、ホルベイン画材はそれ以外の画材。どちらも創業100年を超える日本のメーカー。
…という豆知識を、入ってすぐのパネルで知る。
…という豆知識を、入ってすぐのパネルで知る。

場所は浅草橋の東京文具共和会館。名前の通り文房具関係の発表会やイベントで使われる建物なので文房具関係のライターをしている僕にとっては、わりと何度も来ている馴染みの会場である。
ただ、文房具と画材というのは似ているようで全く別の世界なのだ。同じイベント会場なのに、なんか会場の空気感が違う。落ち着いているというか、妙なしっとり感がある。アウェイだ。
文房具マニアとして感じるアウェイ感。
文房具マニアとして感じるアウェイ感。
静かにクロッキーする一角。
静かにクロッキーする一角。

見たことない道具がある

とりあえずクロッキーをされている皆さんの邪魔をしないように移動して、画材コーナーを見て回ることにする。
ちなみにこの画材コーナーは絵具ではないので、ホルベイン画材さんの分野だ。
今後、何かの機会にホルベインのマークを見かけたら、絵具かそれ以外で当たりをつけて「ああ、これは画材の方のホルベインさんだね」とか言ってみると、なんかアート業界を知っている風に見えるかもしれない。
奇っ怪な調理道具的なあれこれ。
奇っ怪な調理道具的なあれこれ。
それにしても、あちこち見回しても、絵を描かない人間には何に使うのか想像も付かないような道具ばかりである。フライ返しなのか、お好み焼きのコテなのか判別がつかない。
]こんな感じで使うらしい。
こんな感じで使うらしい。
【豆知識】絵具を凸凹に盛ったりする道具は調理道具そっくり。
最初に少ししっかりとした豆知識的なものを披露してみたが、いきなりこれである。
これ以降もだいたいこんな感じなので、あまり気負わずに読み進めて欲しい。

それにしても、「こうして使う」という作例の写真が茶色やオレンジ色ばかりなので、どうしても肉やお好み焼きを焼いているように見えて困る。
アート界に電化の波。
アート界に電化の波。
【豆知識】絵を描く時にカンバスを置くイーゼル(台)は電動のものもある。
カンバスが大きくなると、端の方を描く時に背伸びしたり腰をかがめたりと大変らしい。電動でイーゼルが動かせるとそういう苦労もなくラクラク、ということだそうだ。
画用紙以上に大きな絵など描いたことがないので実感はないが、なるほど美術館にあるような大きな絵はこれがあると描きやすいんだろう。
パレットには左きき用もある。
パレットには左きき用もある。
パレットの秘密。(専門家のみ)の記述が誇らしげ。
パレットの秘密。(専門家のみ)の記述が誇らしげ。
【豆知識】パレットの形は四角いオプロング型、楕円形のオーバル型、雲形のフランゼン型がある。

【豆知識】パレットは厚みが均一ではない。体に近い方を厚く、遠い方を薄くなっている。さらに指を置く部分には重りを入れて重量バランスをとっているので、長時間使っても疲れにくい。
絵具を置く板、という認識していなかったが、やはりプロ用のパレットは重量バランスを取るなど繊細な工夫がしてあるものだ。かっこいい。
パレットの形については、いずれ誰かにドヤ顔で言う機会を楽しみに、記憶の深いところに沈めておきたい。たぶん二度と思い出せないような気もする。
コミック用品も取り扱っている。
コミック用品も取り扱っている。
ちなみにホルベイン画材では、MAXONという別ブランドでコミックパターン(スクリーントーン)も作っている。
背景トーン。「新種!」
背景トーン。「新種!」
この柄は売れるのか、勝手に心配になる。
この柄は売れるのか、勝手に心配になる。
【豆知識】MAXONのコミックパターンを使えば歌舞伎町の入口が誰でも描ける。除霊もできる。
自由にトーン貼りができるお試しスペースも。
自由にトーン貼りができるお試しスペースも。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓