ひらめきの月曜日 2013年12月9日
 

2013年ヒット記事ベスト30発表! 〜コーラって何味か、フクロウカフェ、校歌の自動生成〜

約1000本を超える記事のうち、もっとも注目を集めた記事は?!
約1000本を超える記事のうち、もっとも注目を集めた記事は?!
気づけば12月。2013年を総括するヒット商品のベストが早々に発表されたかと思ったら紅白の出場メンバーも決まり、流行語大賞も表彰されてしまった。なにかにつけて出遅れがちな当サイトもそろそろ年間ベストを決める頃合いである。

2013年、デイリーポータルZに掲載した1080本を超える記事から注目を集め読まれた記事のベスト30を発表します!

なお、ベスト30一覧は3ページ目の最後に載せてありますのざっと見ちゃいたいという方はそちらもどうぞ。

コーラ! フクロウ! 校歌!

ランキングはページビュー、Facebookのいいね! 数、Tweet 数を偏差値化して集計して作成した。シェアされたりリツイートされたりしながら注目されて読まれて広まった記事たちである。

まずはベスト5、カモン!

ベスト1
「コーラってそもそも何味なの?」メーカーに聞いた
(大北栄人)


”バニラとシナモンにサイダーをまぜてやればマイコーラ、白いコーラができちゃうんですよね
コーラの実態が、概ねバニラとシナモン風味のサイダーと明らかに。後半はコーラ上陸時の飲料水屋さんによる反対闘争なども詳細に語られガラナが北海道に現存する理由も判明しています。(古賀)
コーラの実態が、概ねバニラとシナモン風味のサイダーと明らかに。後半はコーラ上陸時の飲料水屋さんによる反対闘争なども詳細に語られガラナが北海道に現存する理由も判明しています。(古賀)

なにからなにまで木村さんのおかげ

コーラって何味なの? という疑問からはじまった取材がコーラの自作、意外な味の正体と展開しつつ同時に取材を通して炭酸飲料の歴史まであばいてしまった記事がさすがのトップに。

執筆したライターの大北さんにひとこといただきました。

「去年ダボちゃんの記事が出てもうないだろうと思ってたらおもしろいおっちゃんに当たるという幸運が! これ話がおもしろかったことに尽きるんですが、読み返すと当時の資料をわざわざ用意してくれてたんですね。何から何まで木村さんのおかげです。来年は『おしべとめしべの秘密』って記事を毎週書くのでまた大ヒットすると思います。」

ここで「おしべとめしべの秘密」に突っ込んでいると今日中にベスト30まで発表できませんので、このままどんどんいきましょう。続いてベスト2はこちら。

ベスト2
フクロウカフェがかなり来てる
(きだてたく)


”そこまで気さくで良いのか、猛禽。
フクロウに触れるカフェを3軒紹介。ときどき耳にしていたけどそんなに増えていたとは知らなかった! 1ページに2回ぐらい声が出るほどかわいい写真が載ってます。ではどうぞ。(林)
フクロウに触れるカフェを3軒紹介。ときどき耳にしていたけどそんなに増えていたとは知らなかった! 1ページに2回ぐらい声が出るほどかわいい写真が載ってます。ではどうぞ。(林)

おれがブーム作った

こちらの記事は1万ツイートを軽く超えた記事でもありました。

ライターのきだてさん、一言お願いします。

「フクロウカフェ、元々はいつ行ってもフクロウ触り放題の空いてるお店だったんですが、あの記事以来テレビや雑誌でも紹介されてブレイクしてしまい、平日昼でも行列しないと入れなくなってしまいました。
正直なところ「おれがブーム作った」と悦に入るところも無いではないんですが、それにしてももう気軽にフクロウ触りに行けないのが辛いです。」

平日昼でも行列! フクロウの訴求力にうなったところで続いてベスト3は。

ベスト3
近所の情報から校歌を自動生成する
(三土たつお)


”友と通いし (株)ヨドバシカメラ 新宿西口本店
ああ我らの 新宿小学校
地名を入れると、自動的に校歌を作ってくれます。新宿なら「遥かに仰ぐ 京王プラザホテル」、梅田なら「友と通いし HEP FIVE」。どんな田舎でも、なんなら海外でも対応してます。(石川)
地名を入れると、自動的に校歌を作ってくれます。新宿なら「遥かに仰ぐ 京王プラザホテル」、梅田なら「友と通いし HEP FIVE」。どんな田舎でも、なんなら海外でも対応してます。(石川)

ぼくを生んでくれた両親に感謝

こちらの記事はなんと先日「文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品」に選出されたことも発表されました。

三土さんから一言です。

「実は校歌の音楽もそれなりに工夫して作ったんですが、記事の感想でその点に触れてくれているものは1つもなくて若干しょぼんとしてました。でも3位と聞いて元気になりました!ぼくを生んでくれた両親と、アイデアを生んでくれた小堀さんに感謝したいと思います」

元気だしてくれてよかった! ここから先はぽんぽんぽんと発表していきますよ。

ベスト4
一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法
(地主恵亮)


”恋人は必要ないのだ。あえて言えば恋人とは右手だ。右手が恋人となり、左手でスマホのシャッターを押すのだ。
一人なのに彼女がいるみたいに見せる写真家地主さんの新作。これまでのノウハウをおしみなくつぎ込んでいます。そういえば地主さん、たまに会うとマニキュアを塗ってることあるな。(安藤)
一人なのに彼女がいるみたいに見せる写真家地主さんの新作。これまでのノウハウをおしみなくつぎ込んでいます。そういえば地主さん、たまに会うとマニキュアを塗ってることあるな。(安藤)
ベスト5
島全体が廃墟へと向かってる島
(T・斎藤)


”人口8,000人が住んでいたところから7,000人以上がいなくなるとどうなるか?
かつて8000人住んでいた島が今は231人。廃墟化しつつある島に渡りました。人のいない団地群はまるでSFのセットみたいです。一軒だけある食堂をのぞきにくる猫たちがかわいい。(安藤)
かつて8000人住んでいた島が今は231人。廃墟化しつつある島に渡りました。人のいない団地群はまるでSFのセットみたいです。一軒だけある食堂をのぞきにくる猫たちがかわいい。(安藤)
ベスト6
料理のレシピを鉄道路線図っぽく表現してみる
(西村まさゆき)


”肉、馬鈴薯、人参、玉葱の各駅は、肉じゃが、カレー、シチューのどの列車も停まる駅だ。
「肉、馬鈴薯、人参の各駅は、肉じゃが、カレー、シチューのどの列車も停まる駅だ」と、何が何やらながらに読むと納得せざるを得ない記事。ボケ続けますので突っ込みながら読んでください。(古賀)
「肉、馬鈴薯、人参の各駅は、肉じゃが、カレー、シチューのどの列車も停まる駅だ」と、何が何やらながらに読むと納得せざるを得ない記事。ボケ続けますので突っ込みながら読んでください。(古賀)
ベスト7
鳥取から一番近いスタバは東京って本当か
(安藤昌教)


”鳥取は島根にスタバができたことで、日本で唯一スタバのない県として有名になってしまったのだ。
スタバのない県、鳥取県から時間的に一番近いスタバを探しました。隣の島根県よりも飛行機で羽田に行った方が早いという驚きの結末に。だいたい3時間半くらいで最寄のスタバに着きます。(安藤)
スタバのない県、鳥取県から時間的に一番近いスタバを探しました。隣の島根県よりも飛行機で羽田に行った方が早いという驚きの結末に。だいたい3時間半くらいで最寄のスタバに着きます。(安藤)
ベスト8
キーボードで食事写真を台無しにしたい
(松本圭司)


”どうだ、まるで家かオフィスの様だろう。
映りこんだキーボードの威力は絶大。素敵なホテルランチの写真も、一気に家でネットしながら一人で食べてる風になります。派生技としてテレビのリモコンという手も。(石川)
映りこんだキーボードの威力は絶大。素敵なホテルランチの写真も、一気に家でネットしながら一人で食べてる風になります。派生技としてテレビのリモコンという手も。(石川)
ベスト9
不動産のチラシでマンションが光る
(三土たつお)


”神の祝福をこうまで感じさせる絵が見られるのは、現代では宗教画かマンションのチラシくらいであろう。
言われてみれば光ってるマンションたち。天まで届かんばかりに光ったり、逆に天から光が降り注いだりとその光ぶりはどんどんエスカレートしています。しまいには何かキラキラを放出し始めるマンションも(石川)
言われてみれば光ってるマンションたち。天まで届かんばかりに光ったり、逆に天から光が降り注いだりとその光ぶりはどんどんエスカレートしています。しまいには何かキラキラを放出し始めるマンションも(石川)
ベスト10
ダンボールで渋谷駅の地下地図を作る
(林 雄司)


”渋谷川だ、ここ。流れてる。おもわず倒置法になってしまうほど興奮した。
地下5階まである渋谷駅。2つの地下鉄がL字型に交差する複雑な駅を立体模型にしました。ダンボールで。立体にしたら地下1階に隠されている渋谷川が見えてきました!(林)
地下5階まである渋谷駅。2つの地下鉄がL字型に交差する複雑な駅を立体模型にしました。ダンボールで。立体にしたら地下1階に隠されている渋谷川が見えてきました!(林)

うなる「その発想はなかった」

取材ものが多かったベスト1〜5から、ベスト6〜10はアイディアをかたちにして大ヒットした記事も食い込んできました。

ベスト11から先はどうなるのか、今みてみましたところキーワードはおっさん、焼肉、おじいさん、そしてイカ、といったところでした。では、どうぞ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓