ちしきの金曜日 2013年12月6日
 

やっぱり改札口に生け花がある

駅の改札口に、しばしばなぜか生け花BOXがあることにみなさんお気づきだろうか
駅の改札口に、しばしばなぜか生け花BOXがあることにみなさんお気づきだろうか
よく「身近に不思議なことがひそんでいる」などというが、ぼくにとってのそれは駅の改札口にある生け花BOXだ。

というか、みなさん気づいておられるだろうか、あの存在に。

2004年に書いた「改札口の生け花を鑑賞する」から9年。あらためてこの可愛らしくも不思議な物体を愛でてみよう。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

あるよねえ、改札口に生け花

こういうやつ。駅にしれっと立ってる。なんなんだろう。
こういうやつ。駅にしれっと立ってる。なんなんだろう。
「駅の改札口によく生け花あるよね」と言ったときに「あー、あるねえ」っていう人もいるが、「そんなのあるっけ?」とまったくその存在に気づいていない人もいる。本記事をお読みのみなさんはどうだろうか。あるよねえ、生け花。なぜか駅に。
生け花の雰囲気に合わせてか、たいていBOXは木目調だ(JR三ノ宮駅)
生け花の雰囲気に合わせてか、たいていBOXは木目調だ(JR三ノ宮駅)
生け花BOX自体も不思議だが、あれに気づかない人がけっこういる、というのも不思議だ。そんなに珍しいものではないはずなんだが。ぼくの感覚では10駅に1駅、およそ10%ぐらいの割合で「生け花BOX設置駅」がある。
こっちは阪神の三宮駅の生け花BOX。木目調ではない、モダンなデザインにぐっとくる。
こっちは阪神の三宮駅の生け花BOX。木目調ではない、モダンなデザインにぐっとくる。
しかも東京や大阪だけではなく、全国にある。ぼく自身で確かめたものでは、最南端では鹿児島県、北は八戸だ。
八戸の生け花BOX。純白の装い。小ぶりでかわいい。
八戸の生け花BOX。純白の装い。小ぶりでかわいい。
これも八戸。大きな駅では、このように1つの駅に複数生け花BOXが置かれているケースがある。そしてかなり意欲的なBOXデザイン。それに負けじと中身もなんかすごい。生け花に詳しくないからよく分からないけど。
これも八戸。大きな駅では、このように1つの駅に複数生け花BOXが置かれているケースがある。そしてかなり意欲的なBOXデザイン。それに負けじと中身もなんかすごい。生け花に詳しくないからよく分からないけど。

鉄道に関係なく、広告でもない

鉄道趣味の世界は広大で奥が深い。趣味人口もかなりのものなので「そんな分野もあるのか!」って驚くあらゆるカテゴリに細分化しているが、改札口の生け花を専門としている人というのはきいたことがない。まあ、確かに駅にはあるけどほとんど鉄道と関係ないもんね。
こちらは広島駅。セオリー通りの木目調BOX。やや幅のある堂々たる佇まいはさすが。
こちらは広島駅。セオリー通りの木目調BOX。やや幅のある堂々たる佇まいはさすが。
そしてこちらも同じ広島駅。前出上のものは改札外で、これは中。なぜそんなに設置するのか。切符を買う前・買った後、どちらの上京でも楽しめるようにとの配慮か。
そしてこちらも同じ広島駅。前出上のものは改札外で、これは中。なぜそんなに設置するのか。切符を買う前・買った後、どちらの上京でも楽しめるようにとの配慮か。
「改札+生け花」で検索しても、生け花を趣味にしている方以外の情報はほとんどヒットしない。例外はぼくが以前書いた「改札口の生け花を鑑賞する」という記事だ。そう、このテーマはぼくがずっと追い続けているものなのだ。

(ちなみにこの記事、2004年に書いたもので、ぼくのデイリーポータルZデビュー作だ。そろそろ10年経とうとしている。ぼくがいかに成長なく同じ事をずっとやってるかがよく分かる)
富士駅。前出JR三ノ宮駅のものに要所要所が似ているが、プロポーションがだいぶ異なる。かなりでっぷりとしたBOX。
富士駅。前出JR三ノ宮駅のものに要所要所が似ているが、プロポーションがだいぶ異なる。かなりでっぷりとしたBOX。
かように多くの人々の意識からすっぽり抜け落ちているこの改札生け花だが、ぼくは気になってしょうがない。たぶんぼくだけじゃないはず!と思って世に問うたのが2004年だったのだが、反響は皆無。

そろそろ時代が追いついたか?と思い再度撮りためたコレクションを放出する次第だ。うすうす時代とかそういうものじゃないんじゃないかという気もしているが、どうかお付き合いいただきたい。

駅にあるもので、鉄道サービスに関係ないものといえば、そのほとんどは広告だ。そんななか生け花ってほんとうに不思議な存在だ。いや、もしかしたら生け花会の広告という位置づけなのかもしれないが、代理店通して云々っていう他の広告とは、違う成立過程だと思う。

そういう奇妙な存在であるにもかかわらずスルーされる。もしかしたら唐突すぎて普通の人にとっては「ないこと」になっているのかもしれないとも思う。心理トリックのようだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓