ちしきの金曜日 2013年12月6日
 

カブトガニの街でシャコを食べ尽くす

シャコです!
シャコです!
シャコという生き物がいる。エビほど頻繁に食べないし、カニのような憧れる食材でもない。スーパーに行ってもあまり売られておらず、お寿司などで極稀に食べれる程度ではないだろうか。

しかし、岡山県・笠岡市はこのシャコの街である。「市のさかな」として「シャコ」が定められているのだ。シャコを提供するお店も多い。ぜひ食べてみたいと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

実はカブトガニの街

岡山県に笠岡という街がある。瀬戸内海に面した港町で、古くからカブトガニの生息地として知られ、世界で唯一のカブトガニをテーマにした博物館もある。駅前の看板には「カブトガニの街」と大きく書かれている。間違いなく笠岡はカブトガニの街だ。
笠岡はカブトガニの街
笠岡はカブトガニの街
しかし、笠岡は「シャコ」の街でもあるのだ。どこにも「シャコ」の文字はムード歌謡のコーラスの人以上に踊っていないけれど、笠岡は「市のさかな」として「シャコ」を掲げている。笠岡ではカブトガニも生息し、シャコだって元気に生息しているのだ。
シャコです!
シャコです!
シャコとは、見た目がエビに似ている甲殻類である。お寿司のネタとし食べられることが多いが、マグロやサーモンなどと比べるとあまり人気がない気がする。私はあまり食べたことがない。しかし笠岡はシャコが有名なのだ。シャコの街なのだ。シャコを出すお店も存在する。ぜひそれらのお店でシャコを食べてみようと思う。
笠岡駅の接近メロディは「がんばれカブトガニ」。シャコもがんばれ!

シャコ丼の店

さすがシャコの街だけあり「シャコ丼の店」というお店がある。店名でそのお店で何が提供されているのか分かる。実に素晴らしい名前だ。駅前では全く感じることのできなかったシャコの風をこのお店では強風で感じることができる。
シャコ丼の店(岡山県笠岡市笠岡5914-5)
シャコ丼の店(岡山県笠岡市笠岡5914-5)
メニューを見ても「シャコ丼」に「シャコラーメン」、「シャコカレー」とシャコの優勝パレードのようにシャコが並ぶ。「シャコ丼定食」を頼めば、シャコ丼、シャコ天、シャコ酢というセット内容。笠岡はやはりシャコの街だ。
シャコ丼定食
シャコ丼定食
シャコ、シャコ、シャコ、汁ともうほとんどがシャコである。数えたら15匹もシャコがいた。私の今までの人生で食べたシャコの数をこの定食だけで越えている。これを食べれば今までの私のシャコのない人生を少し取り戻せる気がする。
美味しい!
美味しい!
シャコはクセのある食材だと思っていた。しかし食べてみるとそんなことはなく美味しい。エビのようなプリプリ感はなく、見た目こそ似ているが味は似ていないらしい。ただし素朴な味わいで食べていて安心感がある。
シャコラーメンもシャコだらけだった! フライが全部シャコ!
シャコラーメンもシャコだらけだった! フライが全部シャコ!

シャコの何か

笠岡の道の駅に行けば、笠岡で捕れたシャコが牡蠣やタコ、カニと同じ並びで鎮座している。逆にカブトガニは無い。やはり笠岡はシャコなのだ。カブトガニは食べられないし、向こうは博物館まであるが、食ではシャコなのだ。
道の駅笠岡ベイファーム(岡山県笠岡市カブト南町245-5)
道の駅笠岡ベイファーム(岡山県笠岡市カブト南町245-5)
シャコが並ぶ
シャコが並ぶ
練り物コーナーを見ればそこにも「シャコ」がいた。シャコだらけなのだ。周りを見るとほかのお客さんはソフトクリームを食べる人が多かったけれど、シャコなのだ。シャコを食べなければ笠岡でないのだ。
ソフトクリームよりも「シャコ」!
ソフトクリームよりも「シャコ」!
シャコ真丈です!
シャコ真丈です!
シャコ真丈、魚肉のすり身の上にシャコが乗っている。私がシャコに詳しくないからだろうか、素直にシャコパワーを感じてしまう。きっとすり身だけで成立する食べ物だと思うが、そこにシャコ。笠岡だけの一品ではないかもしれないが、シャコ無き人生を送ってきた私には二つの意味で衝撃だった。
シャコ真丈です!
二つ目の衝撃が来ました!
シャコだね、これがシャコなんだね、空が綺麗だ……
シャコだね、これがシャコなんだね、空が綺麗だ……

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓