ひらめきの月曜日 2013年12月9日
 

七面鳥で作る水ターキー、ケンターキー、シーチメン他

七面鳥の手羽先、手羽ターキー

七面鳥料理の旅はまだまだ続く。続いてはその特大サイズの手羽先を揚げて、名古屋風に食べてみようと思う。

七面鳥の手羽先、手羽ターキーである。

これは部位をそのまま調理するため、一般的なニワトリの手羽先に対する、サイズの違いが分かりやすくておもしろい。
これが七面鳥の手羽先。でかい。
これが七面鳥の手羽先。でかい。
塩と胡椒で軽く下味を付け、油でジュワジュワとじっくりと揚げて、あの名古屋風の甘辛いタレを絡める(世界の山ちゃんでしか食べたことないけど)。
小振りな鶏モモくらいのサイズ。
小振りな鶏モモくらいのサイズ。
比較対象を用意しなかったのでわかりにくいが、この手羽先はとても大きい。

普段食べている手羽先に対する、「肉の量が少ない!」という不満がこれにはまったくない。夢の世界の食べ物だ。
味はもちろんうまい。厚みのある皮がたまらん。
味はもちろんうまい。厚みのある皮がたまらん。
名古屋の人もびっくりするであろう、肉たっぷりの巨大手羽先。これは見ただけでテンションが上がる。

七面鳥のから揚げ、ケンターキー

せっかく揚げ物の用意をしたので、今度はから揚げでガッツリと攻めてみたいと思う。

七面鳥のから揚げだけに、ケンターキー。

どうだろう、これこそ日本のクリスマスに最高なのではないだろうか。
クックパッドで適当に検索したレシピを参考に、モモ肉と手羽元をタマゴと牛乳などに浸し、香辛料をたくさん混ぜた厚めの衣をまとわせる。
クックパッドで適当に検索したレシピを参考に、モモ肉と手羽元をタマゴと牛乳などに浸し、香辛料をたくさん混ぜた厚めの衣をまとわせる。
手羽元をそのまま揚げようとしたら、鍋からはみ出そうになり断念。どれだけでかいんだ。
手羽元をそのまま揚げようとしたら、鍋からはみ出そうになり断念。どれだけでかいんだ。
ケンタッキーのフライドチキンをイメージして作った七面鳥のから揚げだが、肉のしっかりとした濃い味と、スパイシーな厚い衣がベストマッチ。

2013年のクリスマスは、このケンターキーが流行る気がする。
大きめに切ったので、二度揚げにしてみた。
大きめに切ったので、二度揚げにしてみた。
噛むと溢れだす肉汁。
噛むと溢れだす肉汁。
たくさん揚げたので友人宅へデリバリー。
たくさん揚げたので友人宅へデリバリー。
子供はでかいから揚げがよく似合う。
子供はでかいから揚げがよく似合う。
すみません、まだ七面鳥のスープが大量にあるので、この話はもう少し続きます。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ