ひらめきの月曜日 2013年12月9日
 

七面鳥で作る水ターキー、ケンターキー、シーチメン他

七面鳥の炊き込みご飯、ターキー込みご飯

寸胴鍋いっぱいに作ったターキーのガラスープの使い道だが、麺類ばかりが炭水化物ではない。

このスープでご飯を炊いて、七面鳥の炊き込みご飯、ターキー込みご飯と洒落込もう。
具はガラからほぐした七面鳥の身と細切りのショウガ。サトイモではない。
具はガラからほぐした七面鳥の身と細切りのショウガ。サトイモではない。
炊飯器のスイッチを入れてしばらく待てば、ターキーが込みのご飯、ターキー込みご飯の出来上がりだ。
ターキーたてー。
ターキーたてー。
麺のスープにしておいしいかったが、ご飯を炊いてもやっぱりうまかった。きっとこれは全世界の炭水化物に愛されるであろうスープだ。正月だったら雑煮にしたい。

たっぷりと入れたショウガが良いアクセントになっていて、おかずがなくてもモリモリと食べられる。
ここに黒胡椒を振ると完璧。玄米じゃないよ。
ここに黒胡椒を振ると完璧。玄米じゃないよ。
しかし七面鳥の脂のせいか、モッチリとした佐渡島産のコシヒカリを使っているのに、ご飯がパラっとしている。

これはこれでおいしいのだが、おにぎりは握れないピラフ的な炊き上がりなので、和食とは合わないかもしれない。

なんだかカレーでも掛けたくなる炊き込みご飯である。

七面鳥のキーマカレー、ターキーマカレー

炊飯ジャーの中にカレーに合いそうなご飯があるのなら、今すぐにカレーを作らざるを得まい。

ガラスープの骨についた肉を工船気分で全部ほぐしてみたら、丼一杯の量になった。

ダシガラといってしまえばその通りなのだが、骨の周りの肉こそがおいしい箇所である。これを使って素敵なカレーを作ろうではないか。
どれだけ雑にさばいたんだという量の肉がとれた。
どれだけ雑にさばいたんだという量の肉がとれた。
この肉で作るカレーは七面鳥のキーマカレー、ターキーマカレーだ。

挽肉じゃないのにキーマカレーを名乗ってもいいのかと不安になったが、キーマとはヒンズー語で細切れ肉、または挽肉という意味らしいので(ハウス食品のサイト調べ)、全然問題ない。全然問題ない。安心してシャレオツなカレーを作ってみよう。

ニンニクとショウガとタマネギのみじん切りを炒め、トマトの水煮を加えたら、そこに七面鳥のキーマを大量投入。
ずいぶんと肉率が高いカレーだ。
ずいぶんと肉率が高いカレーだ。
その身をさらにほぐしながら軽く煮詰め、市販のカレールーと目についたスパイス類を適当に入れたら出来上がり。

ターキー込みご飯にターキーマカレーを掛けて、そこになんとなくタマゴの黄身を乗せてみた。

残念ながら七面鳥ではなくニワトリのタマゴだが、タマゴの黄身は略せばターキー。よってトリプルターキー!
勢いだけで作ったが、それっぽいものができた気がする。
勢いだけで作ったが、それっぽいものができた気がする。
七面鳥という固い絆で結ばれたご飯とカレーが、渾然一体となって口の中に攻め込んでくる。まさに相性抜群。そこにタマゴの黄身でまろやかさが加わるのである。最強の布陣だ。

この完成された味に、あえてウスターソースをジャブジャブかけると、さらにうまかったりする。
砂肝もいい意味でのクセがあってうまかった。
砂肝もいい意味でのクセがあってうまかった。
ハツとレバーもナイス珍味。ダジャレは特に思い浮かばなかったが
ハツとレバーもナイス珍味。ダジャレは特に思い浮かばなかったが
これだけいろいろと料理しても、まだ少し七面鳥の肉が残ってたりするんだな。

七面鳥、おいしかったです

丸焼き以外の七面鳥を今回初めて食べたのだが、どれもおいしく、そして料理するのが楽しかった。部位ごとの火の通し方や適した調理方法がなんとなくわかったような気もするので、次はもっとおいしくできるかもしれない。

今度はダジャレという呪縛から己を解き放ち、もっと自由に七面鳥を楽しみたいと思う。とりあえず焼き鳥にして各部位を食べ比べたい。ターキーだけに焚火で。
ケンターキーと一緒にシーチメンを持ち込んだ友人宅で、これが合うんじゃないとバケットを差し出されて、ポンと膝を叩いた。
ケンターキーと一緒にシーチメンを持ち込んだ友人宅で、これが合うんじゃないとバケットを差し出されて、ポンと膝を叩いた。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ