ロマンの木曜日 2013年12月12日
 

財布もケータイも持たずに、知らないところに行く

ものすごく不安な気持ちになります!
ものすごく不安な気持ちになります!
全然知らないところに行っても、財布とケータイがあればなんとかなる。

スマートフォンなら、インターネットにつながるし、GPS機能が付いた地図も使える。

お金を持っていれば、そうして調べた後に様々なサービスや商品を購入することが可能だ。

それじゃあ逆に、その二つを持たないで出かけたらどうなるんだろう。そういうところで一人の人間としての、真の価値が発揮される気がする。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。

前の記事:「「鉛筆一万本超えちゃいまし展」に行ってきた」
人気記事:「仕事の反省文を女子中学生っぽくデコる」

> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

要は手ぶらということ

本当は何も持って行きたくないんだが、一応撮影用にカメラと三脚とメモとペンだけ持ってゆく。

目指すのは足立区の「舎人公園」。一度行ってみたかった。それにお金がなくてもそれなりに楽しめそう。

ところで、お金を持たないので、電車に乗れない。原付スクーターで行くことにする。舎人公園までは、車で20分くらいだという。
財布持たないと免許証忘れそうになるね
財布持たないと免許証忘れそうになるね
出発地と目的地。そんなに遠くないのがよくわかる
出発地と目的地。そんなに遠くないのがよくわかる
いつもならスマートフォンでグーグルマップを確認しながら行くところだが、今回はそれもない。出発前に地図をよく読み、完全に理解した。JR川口駅まで行って、そこから東に向かえばいい。

金がないとにかく心配

バイクで走りだした途端に心配になってきた。早い。

何かのビジネス本で「大事な交渉ごとの時は財布にお金をパンパンにしておけ」というのを読んだことがある。そうすると、気持ちに余裕ができて、うまくいくんだそうだ。

こんなことでうまくいくかよ、と読んだその時は思った。けれどもその逆のことをしてみるとよくわかる。
途中でバイクの燃料が切れたらどうしようもなくなるんじゃないか
途中でバイクの燃料が切れたらどうしようもなくなるんじゃないか
準備がないときって出だしが一番不安である
準備がないときって出だしが一番不安である
途中で腹ペコになっても何にも買えない。だから出発前にたらふく昼飯を食べた。
珍来のチャーシューメン
珍来のチャーシューメン
もうあんな風に自分の金で好きな物買って食べることが、しばらくできないんだ…。まだお腹いっぱいなのに、つらさだけ先取りしてしまう。
洋服買取の店が目についた
洋服買取の店が目についた
本気でお金が必要になったら、古着屋に今着ている物を買い取ってもらうのもいいかもしれない。

正直、お金が必要になる状況があまり想像できない。でも、自分がお金がなくて泣きそうになっているところは簡単に想像できてしまう。自分で自分に被害妄想みたいなことばかり湧いてきてすごい。
!

一方通行にやられる

よく知らなかったが、川口駅の東の方は、一方通行道路が多い。
狙った方向に行けない
狙った方向に行けない
そして「この道をまっすぐ行けば着くだろう」という道が車両進入禁止になっていて
そして「この道をまっすぐ行けば着くだろう」という道が車両進入禁止になっていて
道なりに行ってみたらこれがどう見ても目的地の舎人公園とは全然別の方向に行かざるをえないような道に出てしまい
道なりに行ってみたらこれがどう見ても目的地の舎人公園とは全然別の方向に行かざるをえないような道に出てしまい
目的地と90度くらい違う場所、赤羽についてしまった
目的地と90度くらい違う場所、赤羽についてしまった
いまここ
いまここ
信じられない。赤羽についてしまった。

川口の人が舎人公園に行こうとして赤羽に来てしまう、というのをわかりやすくいうと、東京の人が仙台に行こうとして金沢に行ってしまう、というくらい違う。

スマートフォンがあればグーグルマップを見るところなんだけれども、ない。持ってない。

まさかこの企画、いつまでたっても目的地にたどり着けない、ということにならないだろうな?

(注:なります)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓