はっけんの水曜日 2013年12月11日
 

外骨格ロボット「スケルトニクス」で昭和のギャグはどこまで再現できるか?

コマネチ!
コマネチ!
先日「Maker Faire Tokyo2013」でレポートした「外骨格ロボット」にすっかり心を奪われてしまった。

だって、歩くたびに「ガシャン、ガシャン」って音するんですよ。めちゃめちゃカッコいいじゃないですか。

そんなカッコいいロボットに、ぜひとも「欽ちゃん走り」やアホの坂田の「よいとせのこらせ」みたいな、昭和のギャグを再現して欲しいと思ったので、取材にかこつけてお願いしてみた。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「自宅の庭にガス田がある生活」
人気記事:「料理のレシピを鉄道路線図っぽく表現してみる」

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

そのロボットは東大にあった

外骨格ロボットの制作をしているチームスケルトニクスに取材のお願いをしたところ、取材場所として指定されたのは東京大学駒場キャンパスであった。
東京大学の文字にビビるわたくし
東京大学の文字にビビるわたくし
待ち合わせ場所の研究室を訪ねると、すでに外骨格ロボのメンテナンスが始まっていた。
整備中の外骨格ロボ
整備中の外骨格ロボ
セッティングして装着するまでに時間がかかるのだ
セッティングして装着するまでに時間がかかるのだ
「昭和のギャグを再現して欲しい」というマヌケなお願いであるにもかかわらず、黙々と準備作業をしてくださるチームスケルトニクスのみなさんに申し訳ない気持ちで胸がいっぱいになってしまう。
しかし、特に手伝えるようなこともないので、ぼーっと突っ立って見ているほかない。

ロボットの会社を立ち上げた

昭和のギャグを再現してもらう前に、まずは外骨格ロボについて詳しく話を聞いてみたい。いったいどんな動機でこんなロボットをつくろうと思ったのか?
右から阿嘉(あか)さん、白久(しろく)さん、中野さん(以下敬称略)
右から阿嘉(あか)さん、白久(しろく)さん、中野さん(以下敬称略)
──そもそも三人はどういうつながりなんでしょう?
中野「もともと、2008年の高専ロボコンで優勝したメンバーなんです」

高専ロボコンとは、全国の工業専門学校の生徒たちが、ある一定のルールに則り、決められた動きをこなすロボット制作し、その動きの正確さや早さを競うという大会のことだ。

大会の様子がNHKで放送されるのでご覧になった方も多いと思う。

彼らは2008年のロボコン沖縄高専のチームとして出場し、みごと優勝をとげたチームだったのだ。

──外骨格ロボットをつくろうと言い出したのはどなたですか?
阿嘉「ぼく……ですね、やっぱり『自分が乗ってみたいから』ってのが一番の動機ですよね」

──いつからですか?
阿嘉「2010年からですね、今ここにあるやつが試作機なんですよ」

──これが最初に作ったやつなんですか。
中野「3台作ったんですが、そのうち2台は沖縄に置いてあります、最近までは個別に受注してたんですが、規模が大きくなってきたので、株式会社を設立したんです」

──規模が大きくなってきたってのは、お金の金額とか?
中野「それもなんですが、やはり責任というのも個人で負うにはちょっと負担になってきたので……」

会社設立は今年の10月だそうで、まだできてから2ヶ月しかたってない。

なんて呼んだらいいのか?

呼び方が今ひとつはっきりしない
呼び方が今ひとつはっきりしない
──ところで質問というか確認なんですが、これ、ぼくは勝手に外骨格ロボットって言っちゃってますけど、正しくはなんて呼んだらいいんですか? 動作拡大スーツ? ロボットスーツみたいな呼称はあるんですか?

阿嘉「ロボットスーツもパワードスーツもたしか商標抑えられてるんです」

──え、そうなんですか!

中野「おそらく、勝手にそう呼ぶ程度ならば問題はないと思いますけど……」

──商品名なんかではダメでしょうね

白久「これの名前に関しては、ロボットって言葉じたい定義が曖昧なんで「外骨格ロボット」でいいと思いますよ」

名前の呼び方一つにも権利が絡み合っている、資本主義のままならなさである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓