コラボ企画 2013年12月24日
 

科学的には熱い缶コーヒーは速く転がる?

!
理科の小話で、こんなのがある。
「熱い缶コーヒーと凍った缶コーヒー、坂で転がして速いのはどっち?」
これ、理論的には「答:熱い缶」という明確な答えがあるんだけど、試したことはない。これじゃ理科教員として失格だろう。
というわけで実験した。
さあ、本当に熱い缶コーヒーは速く転がるのか。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所

大体の人は「凍った缶コーヒー」と答える

この問い、イメージと現実の答えが違うので、いい授業のネタになるのだ。
大体の人は「凍った缶の方が速い?」と考える。
!
たしかに中身が液体でたぷーんとした缶より、中身が凍ったシャキーンとした缶の方が、しゅばーーーっと転がっていきそうだ。
答えた理由で一番多いのは、「中身が安定するから」
答えた理由で一番多いのは、「中身が安定するから」
似た問題で「ゆで卵と生卵、速く回転するのはどっち?」というのがある。
これは実際、ゆで卵の方が断然速い。
これはたしかに、生卵の中身が不安定だから
これはたしかに、生卵の中身が不安定だから
そんなわけか、凍った缶の方が速く転がると考えがちだ。実際、物理や数学を専攻した人に聞いても、「えーと、凍った缶ですか?」言われることがよくある。

編集部から「缶、転がしませんか」との誘い

そんな折、編集部の安藤さん(理系)から、お誘いが来た。
「加藤さん、凍った缶を転がす実験やりましょう!」
「加藤さん、凍った缶を転がす実験やりましょう!」
確かに興味がある。
熱い缶の方が速いと知っていても、実際にやったこと無いし、イマイチ納得していないところであった。
だいたい物理なんて、大きさの無い質量5sの点Pとか、謎の仮定ばかり持ち出す教科である。
あと川の流れに向けて、謎の小舟を漕ぎ出す人も多い
あと川の流れに向けて、謎の小舟を漕ぎ出す人も多い
ぜひとも真偽を確かめに実験してみたいところだ。
道具は全部、安藤さんが用意してくれるとのことで、僕は行くだけでいいという。
これは助かる。
そして、なぜかこうなった。
そして、なぜかこうなった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ