ちしきの金曜日 2013年12月13日
 

リニアが来る!そのとき橋本は

橋本界隈を歩き回りました
橋本界隈を歩き回りました
今年9月中旬、JR東海が建設するリニア中央新幹線の詳細が発表された。それによると、東京側の始発は品川駅に決まり、その次の駅は神奈川県相模原市の橋本駅に設置するという。

橋本と言えば、横浜線、相模線、京王相模原線が通っているターミナル駅の割に、八王子や町田に挟まれてやや印象が薄い。センターの子が歌う背後でややピントがぼけながら踊っている何人かの中の一人である。そんな橋本に、あのリニアがやってくる。名古屋まで40分。異例のセンター大抜擢である。

そんなとき、地元はどのくらい盛り上がっているのか、見に行ってきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

橋本に初上陸

僕にとって橋本はよく車で通るけど(ダムに行くときに)、駅で降りたことはない、という距離感。リニアが通るということで、今回初めて駅前にやってきた。
駅前の歩道橋から
駅前の歩道橋から
まずは、地下にリニアの駅ができるという駅の南側に行ってみた。

駅前の歩道橋から眺めた限り、それほど大きくないマンションや商業ビルが立ち並ぶ、郊外にある乗り換え駅としては標準的な街並みに見える。きっと、八王子や町田や、わざわざ新宿まで出なくても、この駅のまわりだけで何ひとつ不自由なく暮らせるだろうと思う。

駅前に県立高校があって、調べてきた資料によるとこの高校を移転させて、その跡地の地下にリニアの駅を造るらしい。
リニアのお陰で移転が決定してしまった高校
リニアのお陰で移転が決定してしまった高校
卓球部おめでとう!
卓球部おめでとう!
とは言え、JR東海が造るのはホームと出入り口だけらしいので、高校このままで地下鉄の出入り口みたいなのができるだけじゃん、と思ったのだけど、やっぱり資材や掘り出した土砂などの置き場が要るのだろう。

とりあえず、この場所ではまだなにひとつリニアの工事は行われていなかったし(来年度に着工を目指す、というスケジュールらしい)、計画通りに開通したとしても14年後の2027年だ。ひとまず冷静になろう。

浮かれてる人はいないか

だけど、何と言ってもリニアである。あの子供のころから「未来の乗り物」と言われ続けて来たリニアがついに実用化の段階まで到達して、路線と駅の位置と開業予定が公式に決まったのだ。それがもし地元の駅だったら。

浮かれちゃってる人が一人や二人、いるんじゃないかと思ったのだ。「リニアケーキ」を作っちゃったケーキ屋さんとか「リニア刈り」を思いついちゃった床屋さんとか、いるんじゃないか。

そこで、早くもそんなリニア熱に罹った人を探して、駅を中心にぐるりと橋本の街を歩いてみた。
初めて見た金券の自動販売機
初めて見た金券の自動販売機
いったいどういうシステムなのか分からない
いったいどういうシステムなのか分からない
開通したら「リニアやすい!」とか看板出るだろうか
開通したら「リニアやすい!」とか看板出るだろうか
まず目についたのは、駅の1Fに設置してあった金券の自動販売機。僕は金券屋を利用したことがないので仕組みがよく分からないのだけど、リニアが開通したらここでちょっと安い切符が買えるのだろうか。
こういう長閑な看板にリニアが書き足されたのを見たい
こういう長閑な看板にリニアが書き足されたのを見たい

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓