フェティッシュの火曜日 2013年12月17日
 

老舗の青汁を飲む

銀座に老舗の青汁を飲みに行きました。
銀座に老舗の青汁を飲みに行きました。
ここ10日ばかり、わりときつめの風邪をひいていた。
熱が39℃から37℃をいったりきたりで、しかもなかなか治らない。
仕方ないので熱があるなりに仕事をしたり忘年会に出たりと日常生活を送っていたのだが、もういい加減治ってくれないと穏やかに年も越せない。
仕方ないので、健康に良さそうなモノを、なんだか効きそうなところで飲んでくることにした。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

嘘偽りなく青汁の話だけの記事

日曜の夕方にテレビをつけると「漁師を営む老夫婦のところに息子が帰ってきて、俺が漁師を継ぐよオヤジ、みたいなことを言い出す感動ドキュメンタリー」をやっていたのでぼんやりと見ていたら、いつの間にか「そこで父親が健康のために飲み始めたのがこの青汁!」みたいなCMにすり替わっていてビックリ、というのは良くある話だ。
今回はそういう手順めいた話は無しで、もういきなり青汁を飲みに行く。なんせ熱で本当にだるいのだ。
JR中野駅北口から徒歩3分、居酒屋に囲まれた激シブの青汁屋。
JR中野駅北口から徒歩3分、居酒屋に囲まれた激シブの青汁屋。
ということで、自宅から行きやすい青汁専門店を食べログで調べてやってきた。中野にある『青汁スタンド 中野店』だ。
青汁専門店の情報も食べログに載ってる、というのがもしかしたら今回一番の役立ち情報かもしれない。

僕はまだ一度も青汁というのを飲んだことがない。
八名信夫がCMで「まずい、もう一杯!」と言ってる、というのが自分の持っている青汁情報のおよそ8割ぐらい。あとはバラエティの罰ゲームで飲まされてるとか、だいたいそんな感じ。

とにかくまずいのは間違いないだろう。
まずくても健康に良いなら、今はあえて飲もう。
ただ、どうせなら駅ナカのジューススタンドとかそういうコジャレたところよりも、ちゃんとした専門店で本格派の青汁を飲んだほうが効くんじゃないか、という判断だ。
とにかく効きそうな店構え。
とにかく効きそうな店構え。
入れ替わりの激しい中野で20年以上青汁スタンドをやっているとのことで、これは間違いなく本格青汁だろう。
飲み屋街の中という立地も渋いし、なにより店の入口から「本格派!青汁!健康!」というオーラがビンビン出てる。これで効かなかったら嘘である。
謎のゆるキャラ的なもの(たぶん青汁の材料ケール)も「健康と美容に」と言ってるし。
謎のゆるキャラ的なもの(たぶん青汁の材料ケール)も「健康と美容に」と言ってるし。

人生初青汁を飲む

外見からも想像はできていたが、中に入るととにかく狭い。小さい厨房とカウンターのみ。青汁を作る/青汁を飲む以外の機能を廃した、機能的青汁空間である。
パートさんが青汁を出してくれます。
パートさんが青汁を出してくれます。
レジのところにメニューが貼ってあるので、注文するときに迷うことはない。
なんかいろいろ健康的なものがあるな。
なんかいろいろ健康的なものがあるな。
先ほど「青汁を作る/飲む以外の機能を廃した」とか言ってしまったが、メニューを見ると青汁も生ジュース以外に冷凍やドライ、さらにリンゴジュースやローヤルゼリーまで売っている。
風邪っぴきの体調にはローヤルゼリーなんかも効きそうな気はするが、ここは最初の目的通り生の青汁をいただくことにする。

グラスにどばっと注がれる生搾り青汁。
グラスにどばっと注がれる生搾り青汁。
泡立つ青汁。初心者にはいささかハードルの高いビジュアル。
泡立つ青汁。初心者にはいささかハードルの高いビジュアル。
どれぐらい飲めばよいものなのかも見当が付かなかったが、100cc、200cc、300ccという料金体系になっていたので、青汁の並盛りに該当する200ccをいただいた。

飲む前にこちらが青汁ビギナーであることを伝えると、「オレンジジュースで割ると飲みやすいから、オレンジジュース入れる?」と言ってくれた。
泡立った青汁の見た目に腰が引けていたので、本当なら即「割ります」と言うところだ。
しかし記事にする以上はプレーンの青汁がどういう味なのかも書かねばならない。辛い。
正直キツイ。でも健康には効きそう。効け。
正直キツイ。でも健康には効きそう。効け。
とりあえず正直な感想として、芝生とか雑草的な感じの青臭さがキツイ。あと、微妙に発酵したっぽい、浅漬けに似た風味もある。
飲んでいると奥の方で野菜の甘みっぽいのも感じるが、だからといってそれが旨いわけではない。マズい。

自分が小学生なら何の躊躇もなく吐き出していたと思う。大人なので、半泣きになりながらも我慢して飲み込む。
そういう意味では、大人の味と言えなくもない。
あと、この青臭さや発酵したっぽい風味は、確かに健康に良さそうな気もする。

「あー、やっぱりキツイですねー。いま風邪ひいてるんですけど、これで効いてくれますかねー」
と、飲みながら後口の不味さを誤魔化すためにパートさんに声をかけると、
「じゃ、別料金になるけどカボス入れるといいですよ。ビタミンCいっぱいよー」との返事。
ありがとうございます。いただきます。
オレンジジュース割はサービスだが、カボス割はオプション料金。
オレンジジュース割はサービスだが、カボス割はオプション料金。
ありがとう、酸っぱさ。
ありがとう、酸っぱさ。
おおー、青臭さに酸味が入ったおかげで、かなり飲みやすくなった。
とにかく口の中の青臭さが緩和されるのと、野菜の甘みが良い感じにまとまった気がする。
青汁が苦手な人と初心者は、酸味オプションがお勧めだ。

青汁の元を見せてもらう

飲み終わった後で考えるのも何だが、で、青汁ってなんなんだ。
これが青汁の材料、ケール。でかい。
これが青汁の材料、ケール。でかい。
青汁というのは、だいたいアブラナ科の「ケール」という葉っぱを刻んで絞った液体とのこと。
キャベツの原種に近い植物でビタミンなど栄養価が豊富だが、とにかく炒めようが煮ようがどう料理しても美味しくないらしい。
おまけに硬くてスジも多いので、細かくカッターで粉砕してから絞る、という方法以外でケールの栄養を摂取するのは難しいとのこと。

なるほど、元から青汁にする以外にはどうしようもない、ナチュラルボーン青汁植物だったのか、ケール。

店内に貼られたケールの説明。
店内に貼られたケールの説明。
店内のケールに関する能書きには、「葉にアイロンをかけてしんなりさせて患部に貼ると、痛風や筋肉痛に効く」とも書いてあった。
湿布になるというのもすごいが、葉にアイロンをかけるぐらいやらないとしんなりしないって、どんだけ頑丈な葉っぱなんだ、ケール。
青汁スタンド 中野店
東京都中野区中野5-61-12
TEL:03-3228-8682
営業時間:10時〜20時
定休日:火曜日

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓