ロマンの木曜日 2013年12月19日
 

外国人観光客についていってみる

ジョンとヨーコはどこへ向かうのだろうか
ジョンとヨーコはどこへ向かうのだろうか
外国人観光客についていったら一体どうなるのだろう?

きっとメジャーな観光地を周る事になるだろうけど、ふだん見落としているような新たな発見ができるんじゃないか。

東京の旅を目いっぱい楽しむ彼らについていき、私も楽しく有意義な一日を過ごしたい。

そう思い1日をかけてやってみた所、「外国人観光客にはついていかない方がいい」という結果になりましたので報告します。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」
> 個人サイト twitter

やはり浅草から

期待を胸に、東京観光で一番人気であろう浅草にやってきた。案の定、外国人がいっぱい。

その中で隅田川の近くで楽しそうに撮影していた集団がいたのでついていってみることにした。
ポージングが素敵で楽しそう
ポージングが素敵で楽しそう
すぐ近くでひっきりなしに観光船がでているので、もしかしたらそれに乗ってお台場まで行ったりしないかな、などとつい自分に都合のよいプランを思い描いてしまう。
向かった先は「名代 富士そば」
向かった先は「名代 富士そば」
しかし彼らが向かったのは、チェーン展開をしている立ち食いソバ屋だった。
日本に来たらやっぱりソバなのだ。そして分かりやすいサンプルに惹かれたか
日本に来たらやっぱりソバなのだ。そして分かりやすいサンプルに惹かれたか

ついて行かない方がいい理由
その1:外国人観光客にはチェーン店とか関係ない

おそらく「日本と言えばソバでしょ」という話し合いをした所で、分かりやすい食品サンプルが並ぶお店を見つけ入ったのだろう。
私も入って肉ソバをいただいた。予想を裏切らない味。でも正直、浅草の特別感がほしかったな
私も入って肉ソバをいただいた。予想を裏切らない味。でも正直、浅草の特別感がほしかったな
ソバは大好きだ。昼時でお腹がすいていたし、半熟卵が嬉しい。だけど、浅草にしかないソバ屋さんだったらもっと嬉しかった。だって「富士そば」は日本に100店舗以上ありいつだって食べられるのだ。

しかし旅行者にしてみればそんな事はどうだっていいのだろう。私だって韓国に行ったら焼肉、タイに行ったらトムヤンクンが食べられればどこの店でもとりあえず満足する。旅行者の気持ち忘れてた。

ついて行かない方がいい理由
その2:心配になる

観光客が道を知らないのはあたりまえ。迷いながら進む
観光客が道を知らないのはあたりまえ。迷いながら進む
今度は地下鉄で移動する年配の外国人たちについていくことに。

しかしこれがまた、たよりない。地図や路線図を見つけては立ち止まって確認。そりゃそうだ、東京の地下鉄は便利だが複雑に入り組んでいる。
たっぷり時間をかけ大手町駅についた
たっぷり時間をかけ大手町駅についた
彼らは銀座線と丸の内線を使い大手町で降り、最終的には皇居へと向かった。

改札を出るときや地上にあがってからも地図を確認したり聞いたりしていた。「初めてのお使い」を見守る親の様な気持ちになった。心配になるのだ。

こうなったらもう声をかけて一緒に行きたかったが、旅行者にしてみたらそうやって迷うのも旅の醍醐味だったりする。邪魔してはいけない。(英語分からないし)

ついて行かない方がいい理由
その3:いきなりチューする

ゆっくり歩いて観光する彼らと離れ、皇居の人気スポットである二重橋にやってきた。ここもたくさん外国人がいる。
ジョンとヨーコについていこう
ジョンとヨーコについていこう
ジョンレノンとオノヨーコのような雰囲気をしたバックパッカーがいた。カップルで海外旅行なんて深い絆がうまれそうで羨ましい。何枚も撮影しながら、ゆっくり景色を楽しむ二人。
いきなりチューしたぞー!
いきなりチューしたぞー!
早くどこか移動しないかな、とソワソワして待っていると彼らは向き合い突然チューをした。え、なんで?!思わず目をそらす。

洋画では決まって主人公とヒロインのキスシーンがあり、小さい頃から「そこでキス必要か?」と憤っていたがその気持ちをライブで感じた。
脱力
脱力
これが外国人についていくということなのか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓