ひらめきの月曜日 2013年12月23日
 

駅ビルのATMに同情する

キャプション!
駅ビルやショッピングビルのATMって、妙にすみっこにないだろうか。

1階でも最上階でもない、中途半端な階。人通りの少ない奥の方だ。袋小路の突き当たりには関係者通路があり、奥まりすぎててもう壁紙の模様も売り場と違う。そんなところにぽつんと置かれたATM……。以上が、僕が考える理想的なATM像だ。

そんなATMの置かれた不遇な状況を明らかにし、同情し、切なさを噛みしめていきたい。それがこの記事の目的であった。のだが。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

不遇とは

冒頭の枠を「のだが。」で締めて波乱の展開を予感させつつ、それは後々のお楽しみに取っておこう。今はまだ穏やかな気持ちで話を始めたい。

まずは有楽町にやってきたのだ。駅前にある、東京交通会館。
当サイトではもっぱら各県のアンテナショップがたくさんあるビルとして登場するが、パスポートの発行窓口があったりとかして実態はけっこうちゃんと「交通」
当サイトではもっぱら各県のアンテナショップがたくさんあるビルとして登場するが、パスポートの発行窓口があったりとかして実態はけっこうちゃんと「交通」
フロア案内を見ると、ATMは2階
フロア案内を見ると、ATMは2階
このビルは地下で東京メトロに直結、1Fの出入り口はJR有楽町駅のすぐ前。そんなアクセス良好な両フロアをあえて避けての、2階。
右上の角。
右上の角。
トイレの向かいだ。いかにも奥まってそう
トイレの向かいだ。いかにも奥まってそう
周辺の通路が袋小路でなく回廊になっている点は残念だが、それでもトイレ前という立地は悪くない。(不遇=よい、という観点に立ってのコメントです)
いかに奥にあるかを体験してもらうため、道中の写真を順を追って掲載していきます。エレベーターを降りて、メインストリートにあたる広い通路を奥に
いかに奥にあるかを体験してもらうため、道中の写真を順を追って掲載していきます。エレベーターを降りて、メインストリートにあたる広い通路を奥に
突き当たりはパスポートの申請窓口だ。ここを右手方向に抜けて
突き当たりはパスポートの申請窓口だ。ここを右手方向に抜けて
窓口を抜けてから振り返ると、そこにATMコーナーの看板
窓口を抜けてから振り返ると、そこにATMコーナーの看板
ポツンと登場
ポツンと登場
うん、いいね!

このATM、ポイントはなんといっても、空きテナントに設置されている点だ。壁がまっ白で内装もまっさらなあたり、「仮置き」感が強くでている。また、広い空間で壁面に寄せられているため、通路から絶妙に距離があるところもいい。距離があることにより遠近法でATMが小さく見えてしまい、まさに「ポツンと」と表現するにふさわしいたたずまいになっているのだ。
隣は収入印紙の販売窓口
隣は収入印紙の販売窓口
逆に今ひとつなのは、周囲のテナントからあんまり浮いていない点。隣に収入印紙の販売窓口、向かいに外貨の両替所と、お金関連のテナントが並んでおり、並びとしては自然に溶け込んでいる。仲間はずれ感がもうちょっとほしいところだ。

そんな不満点もあって、ここはそんなに熱心に写真を撮らずに立ち去った。次があるからいいや、と思って。

が、本当は、次なんてなかったのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓