ひらめきの月曜日 2013年12月30日
 

Tumblrランキングで振り返る、今年のデイリーポータルZ名珍場面集

!
年の瀬にこんにちは。編集部・石川です。みなさま、当サイトの隠れたキラーコンテンツ「よりぬきデイリーポータルZ」(以下、よりぬき)をご存知でしょうか。

毎日3本の長編記事の更新、さらに各種投稿コーナーにブログにUSTREAMにリンクに……と、毎日更新でありながら膨大な更新量を誇る当サイト。「そんなに見きれないよ〜」という方のために、この「よりぬき」は各ページから選りすぐりのおもしろ写真・おもしろフレーズだけを抜き出した、スクラップブックのコーナーなのです。

煮詰めたよりぬきを更に濃縮

その中身はデイリーポータルZのエッセンスをさらに煮詰めたような濃厚さ。Tumblrというサービスを使って運営しています。

今日はそんな2013年の「よりぬき」から、reblog数が多い(ざっくり言うと「TwitterでRT数が多い」みたいな感じです)写真・フレーズを、ランキングでご紹介します。エッセンスを煮詰めた濃厚な液体を、さらに煮詰めてキューブ状に固めました。濃厚すぎて胸焼けするかもしれませんが、どうかご賞味ください。
第20位
!
第20位は、連載・GIFアニメ研究会から。いつものライター陣にくわえ外部の方にもたくさんの作品を作ってもらった連載でした。こちらはテクノ手芸部のよしだともふみさんの作品。刺繍のアニメかな、と思ってたらいきなりカメラがパンして現実世界に戻ってくるのがダイナミック。
引用元ページでは最後の爆発シーンは紙吹雪を空気圧で吹き飛ばして撮影、というメイキング動画も紹介されています。
第19位
トイレの個室が空かなくなったらビルの同じフロアにIT系の企業が入ってきている。
続いては編集部ブログに掲載した、コラボ記事のおしらせより。記事本編はコラボ相手のItmediaに掲載されているのですが、その裏話として掲載されたボツネタが秀逸だったため19位に輝きました。

テーマ「職場あるある」に寄せられたボツネタで、ライター伊藤さんによるもの。
その後も伊藤さんは記事「エクストリーム雑務」で職場での特撮撮影に挑むなど、切れの良い職場ハックを繰り広げています。

余談ですが弊社ニフティもIT企業のためいつもトイレが満室です。
第18位
!
地名を入れると勝手に校歌を作ってくれるジェネレータ、その使用例の画像が18位。これ、この画像自体はコンテンツじゃなくて、ただの説明用画像なんですよ。なのにランクインしているあたり、このジェネレータの完成度の高さを物語っています。ちなみにこのページは第17回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品にも選ばれています。納得の18位。
第17位
!
読者投稿のコーナー、こねったーからの1枚。こういう時事ネタが出てくると、この記事も一気に年末総集編らしくなりますね!
(検索経由でやってきた未来の方向けの説明:2013年には、バイト先店内の冷蔵庫に入った写真をTwitterにアップして大問題になった人がいたのです)
かわいい絵と裏腹に、超強引なこじつけ販促。このギャップが多くの人の心を掴みました。
第16位
!
ライター大山さんのライフワークである共食いキャラ探しの成果から、「もしかしたら今までの中で一番かわいそうかも!」というこの写真。まさか手に持っている三味線の材料を知らないわけではあるまい猫の、この軽快なステップと柔和な笑顔。多くのTumblrユーザーの涙を誘っての16位です。
第15位
!
新横浜の立坑の写真。立坑というのは、トンネルを作るとき、トンネルを掘る機械(シールドマシン)を入れるために最初に掘られる縦穴のこと。現在工事中の横浜環状北線で2010年に撮影したものです(そのときの記事)。

それがなんで2013年に話題を集めたかというと、出典の記事の中で大山さんが、「過去に行った似ている場所」として再掲載したため。2013年の記事本編にはさらにみっしりした梁と柱の群れも載っているので、気になった人は出典の記事もあわせてどうぞ。
第14位
!
きました!再びGIFアニメ研究会より、わたくし石川の作品がランクイン。デジタルガジェットの力であの人気女優が(勝手に)喋る!

余談ですが、製作にあたってこの女優さんの名前を何度か人に聞いたのですが最後まで覚えられず、当時の更新通知Tweetなどを見てもずっと「あの人気女優」で通しています。どうせまた忘れるのでもう教えてくれなくてもいいです。
第13位
!
さらにGIFアニメ研究会の快進撃が続きます。こちらはクリハラさん。こちらは今までの作品とちょっとウケ方が違って、海外からの支持を受けての13位です。日本語テキストサイトであるデイリーが、言葉の壁を越えた瞬間だ。

ちなみにGIFアニメ研究会の発端となったコンテスト企画「国際GIFアニメアワード」は2014年も開催予定です。皆様の応募をお待ちすると共に、新たな名作GIFも続々登場すると思いますのでお楽しみに。(宣伝)
第12位
「さわやか3組」という番組があった。
NHK教育テレビで放送されていた教育ドラマで、小学生の中学年をターゲットにしたドラマだった。道徳心を養うことが目的で、学校の内外で起こる何気ないことを主人公達が乗り越えて行き、そこから何かしらの教訓を得るという内容だったと思う。

それはたとえば、「人のものを盗んではいけません」とか「正直でいましょう」とかそんな単純なものだ。小学生の中学年がターゲットだから決して難しい内容ではなく、学校の授業内でしばしば見ることもあった。

僕が唯一覚えているお話がある。
「さわやか3組」は小学生の頃に見ていたので、どんなお話があったかは全く覚えていない。でも、たった一つだけ覚えている話があるのだ。

そのお話はこうだ。
タバコ屋の自販機の1台に、おつりの取り忘れがあることを男子2人が見つける。その金額は50円。その50円をその2人はネコババしてアイスを買ってしまう。しかし、2人の内の1人が『本当にいいのかな?』と後ろめたさを感じる。そんなお話だった。

そこまでは別にいい。
い かにも小学生の道徳心を養う感じがするストーリーだ。でも、このお話には続きがあって、「本当にいいのか?」と疑問を感じた男子が、タバコ屋からちょっと 離れたベンチに座りタバコ屋を見ている。すると、そこにスーツを着たサラリーマンが走って来て、自販機のおつりの出るところに手を突っ込んで「あれ、ない な」的なことを言うのだ。さらに、タバコ屋のおばあちゃんに「50円取り忘れて、届いてないですか、駅から戻ってきたんですよ」的なことを必死に言うの だ。

小学生の僕は呆気にとられた。
大人がわざわざ50円を取りに来るのか、と。50円はもちろん大切だ。自分で50円を稼ぐのは 大変なことだ。しかし、わざわざ取りに来るのか、大人が、と当時の僕は何度も思った。あんな大人になっちゃダメだとすら感じだ。器が小さすぎる。小学生な がらにそう思ったのだ。そのお話の本来の狙いではないところで、僕は大切な何かを感じ、そういう大人にならないでいようと心に誓ったわけだ。

しかし、そういう大人になってしまった。
家のテーブルに置いてあった50円が無くなって、大掃除のように部屋中をひっくり返して50円を探した。いつか出てくるさ、ではなく必死に探したのだ、つい最近。さわやか3組のような大人になってしまった。

な、長い!出典はライター地主さんのエッセイ連載ですが、面白かったのでついつい全文引用してしまいました。

実はこの記事は2010年公開なのですが、たまたま読み返して投入してみたところ、予想外のスマッシュヒット。リバイバルで12位にランクインしました。時が経っても物悲しさが色あせない、いいエピソードです。
第11位
クラス替えの掲示をみて心が躍った。今年は先輩と同じクラスだ。
こんどは天久さん主宰の投稿コーナー「書き出し小説大賞」より、鳳仙花さんの作品。短文中心の(さっきのは例外!)「よりぬき」の中で、もとより短文勝負のこのコーナーはひときわ高い攻撃力を誇ります。

今回のランキングには漏れましたが26位にも第10回より、大伴さんの「席をつめたがカップルは座ろうとせず、私はただ横の老婆にすり寄っただけの人間になってしまった。」がランクインしています。

さあ、そろそろおなかいっぱいになってきました?
胃薬片手に、次ページではベスト10の発表です!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓