ロマンの木曜日 2013年12月26日
 

フルーツパーラーのパフェ入門

!
フルーツパーラーのパフェについて語る人に会った。
「桃はできますかって聞くと『それはまだ』なんて断られたりするんです」
そんな寿司屋の大将と話すような会話があるのだという。

でも考えてみたらその時いちばんおいしい果物の盛り合わせがフルーツパフェだ。おまかせで頼むお造りみたいなものである。

スイートな世界だと思っていたが、そんなに凛としたものだったのか。そう思うと俄然興味が湧いてきた。そのフルーツパフェという世界を味わってみたい。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

千疋屋は3つある

知人というのは先日の記事「伝説のチラシ エヌ山くんとティティ川くん」にも登場してもらったコピーライターの林裕さんである。
インタビュー後、ごはんを食べに行く道すがらパフェについての話を聞いていた。
林裕さんと林雄司。ダブル林によるダブルピース。
林裕さんと林雄司。ダブル林によるダブルピース。
林裕さん情報によると
・千疋屋は3つある(千疋屋総本店、銀座千疋屋、京橋千疋屋)
・千疋屋によって使っているいちごが違う
・フルーツを邪魔しない生クリーム
・ひとつひとつのフルーツがおいしい
・「千疋屋のパフェは間違いがない」

ということだった。パフェとはフランス語のパルフェ、英語のパーフェクトが語源である。完全という名のデザートなのだ。甘いものはあまり好きではなかった僕だが、フルーツパーラーのパフェとやらを体験してみようではないか。

銀座千疋屋

完全の深淵を見極めるために銀座千疋屋でパフェを頼んでみた。
フルーツパフェ
フルーツパフェ
苺のパフェ
苺のパフェ
銀座千疋屋の1階はフルーツ売り場になっていて、そこで6,000円のとちおとめを2箱買って「自宅用です」と言ってる人を見たと林裕さんが言っていた。
自宅で12,000円の果物を食べる人。その人はメディチ家かハプスブルク家ではないだろうか。

緊張気味に食べるふたり
緊張気味に食べるふたり
苺のパフェは1,680円。フルーツパフェは1,365円である。まあ、高い。
林裕さんは
「下で売ってる苺の値段を見ればこれは安いですよ。美味しいところを盛り合わせてくれてゴミも出ない」
と言っていた。確かにそうだ。そうだ、そう考えれば安い。ルーズナブル。

そう言い訳を話す我々にやっぱり贅沢した負い目がなかったと言ったら嘘になる。そんな遠回しないいかたやめよう。負い目バリバリである。負い目オブザイヤーぐらいあった(しかもこの日は月曜日)。

そんな負い目を感じつつもおいしい。果物がひとつひとつおいしい。これはいまいちだなというものがない。ひなあられのなかの黒くて堅い豆みたいなのがない。林裕さんが言う間違いがないとはこういうことか。
もうすぐ食べ終わってしまう
もうすぐ食べ終わってしまう
安いパフェだと下のほうにコーンフレークが入っていたりするがここのは下までうまかった。それどころか新たにフルーツが登場したのだ。どろどろに溶けたうまいアイスのなかに溺れる苺がうまい。超うまい。

「山下達郎のJOYってライブアルバムがあるんですよ。最後の最後にライドオンタイムを演奏したりするんです。それみたいですね」

林裕さんはパフェが最後になって一層盛り上がるようすを山下達郎のライブに例えていた。この苺はライドオンタイムだ。

ライドオンタイムの余韻とともにパフェ終了。なるほど、これはおもしろい。美味しいというより、面白かった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓